託児所と提携しているデリヘルで働くメリットを教えてください

ここ最近のニュースではそれほど取り上げられることが無くなりましたが、いまでも待機児童問題は解決していない状態です。
子供の出生率は減少しているが、待機児童の改善がされないのは、過去、女性は専業主婦が多く小学校まで保育園・幼稚園に通わす親が少なったが、世帯収入が減少するなか女性も社会進出することになりました。
これが原因と言われているのです。
いままでは、受け入れが少なくても、入る児童が少なかったので問題にはならなかったのですが、人口は減少しても入る児童が昔より増えているので受け入れ側が追い付いていない状態ということです。

これに、保育園・幼稚園で働く保育士の収入が少ないことで保育園・幼稚園をつくっても児童をみる保育士が足らないという現象が起きているのです。
だから、毎年のようにお母さんは保活を必死でしているのです。
ネットで、保育園に入らなかったら「保育園入れなかった。おわった」流れるのです。

実際、保育園に預けることができなければ、女性は働けなくなるので死活問題なのです。
その点、風俗業界は風俗店側が主婦・シングルマザーの子供のために、託児所と提携して、働き易い環境を整えているところが増えています。
仕事も子供のことを考慮できる自由出勤にもなっています。
託児所完備のデリヘル店もあります。

実際はどうなのか、見ていきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘル店の提携している託児所はどうなのか

子供女性が働くために、幼い子供を預ける場所にはたくさんのところがあります。
幼稚園・保育園・託児所などがあり、さらに許可・無許可などがあります。

保育園と幼稚園は何が違うのか

保育園と幼稚園にも違いがあり、それは年齢によるものです。
保育園は0歳から小学校入学前まで入ることができます。
幼稚園は3歳になった春から小学校入学まではいることができるのです。

また、時間にも違いがあります。
保育園は午前7時30分から午後5時が基本になっていて、延長保育で午後7時まで見てくれるようになります。
幼稚園は、午前9時から午後2時までになり曜日によって午前中のみのこともあります。
※地域により違いがあります。

違う理由は、管轄しているところが違うことになるのですが、具体的には保育園は子供の保育ができない状態の親が預ける場所になっていて、年収・家族構成などを考慮して入園手続きを行うようになるのです。
専業主婦で夫の年収が高ければ、保育園には入園することはできないのです。
お母さんが自宅で子供を見ることができるでしょう、ということになるのです。
幼稚園は、保育ではなく小学校生活の準備段階という位置づけになっているのです。

シングルマザーは保育園の入園条件には入りやすくなっています。
許可は国が定めた許可基準を通っている施設になります。
無許可はそれ以外すべてになるのです。

託児所って保育園と違うのか?

比較保育園・幼稚園の許可を取っているところと託児所は、全く違う考えになります。
託児所は、企業が社員の子供を保育できる施設をもっている場所のことになります。
託児所の入所は、企業の社員が前提になっているので他の企業に勤めている女性は預けることはできません。
預けることができる年齢が何歳から何歳までかは、託児所ごとで決められているのです。

一般企業で有名なところでは、〇クルト販売の女性がそうですね。
幼い子供を〇クルトの託児所に預けて働けるようになるのです。
最近では企業専用ではなく一般入所もできる託児所もできています。

費用はどれくらいかかるのか

保育園は世帯年収によってかかる費用は変わってきます。
ある水準を超えれば5万とか6万と高い金額になります。
とくに年齢が小さいほど料金は高くなります。
預ける子供が2人以上の場合は、2人以降は安くなります。

公立・市立の幼稚園では、料金は一定金額になっています。
企業が持っている託児所施設については、その企業内での料金システムによります。
民間託児所では、月間契約・一時保育(時間預かり・1日預かり)などがあり、1か月単位・1日単位・時間単位で費用が発生するようになります。
24時間営業している場所もあるので、深夜子供を施設で寝泊まりさせることもできるのです。

この料金は、場所・曜日・時間帯・年齢によって変動するようになります。
相場では、時間1000円~・日5000円~・月70000円~などになっています。
これは参考程度に見てください。
預ける託児所によってかなり差があります。

民間託児所では小学生まで預けることができるところもあります。

託児所メリットは何か

あなたのライフスタイルにあわせて、仕事でどうしても子供を見ることができない場合は、時間単位で預けることができます。

託児所デメリットは何か

No, マーク昨今、無許可とか民間託児所で問題があるニュースが報道されていますが、国の保育園・幼稚園施設と違い、資格をもっている保育士がしているわけではありません。
十分に子供の保育ができるかどうかは疑問が残ります。
幼いこどものオムツ替えが十分でなく、オムツかぶれをしていることがある・食事が十分でない・情緒面での保育はできていないなど、ネット上ではたくさんの指摘があります。
つまり、民間託児所は子供の保育もするのですが、お金を目的にしているところが多くあり、効率を優先しているのです。

そして、何より料金が高いことになります。
商売としているのでしょうがないことになりますが、女性からしたら足元を見られている感じになるのです。

デリヘル店提携の託児所は必ず入れるのか

大手グル―プで提携しているところであれば、託児所と提携しているところはあります。

しかし、求人では子供がいる方も歓迎・託児所完備となっていても、実際は近隣の託児所を紹介するだけで、すべて自分で処理しないといけないこともあります。
だから、デリヘル店側では託児所の状況など知るはずもなく、託児所に空きがないときもあります。
面接で託児所について確認して、あなたは託児所の内容について、場所・施設環境・保育士の数・営業時間・費用について確認をして選ぶことが重要で、子供のことを優先してデリヘル店を選ぶようにしてください。
きちんとしたデリヘル店の託児所提携先だと、面倒な手続きはスタッフがしてくれるのでスムーズに子供を預けることができます。

デリヘル店専用で提携しているところは、料金など優遇してもらえることがあります。
デリヘル店待機場所から近いところの託児所と提携しているので、子供の送り迎えに時間はかからないです。
デリヘル店提携先になるので勤務条件はありますが、子供が病気などで対応が必要な場合は、サポートをきちんしてくれるようになります。
デリヘル店提携先はありがたいサービスになるのですが、最終的には託児所選びはあなたの目で行ってください。

託児所の雰囲気・保育士の資格状況・保育士の対応・場所・預けることができる時間・病気の時の対応・保育に関して・料金など総合的に評価することが大切になります。
絶対はずしてはいけないのは、子供の安全と情緒面になります。

まとめ

デリヘル嬢のシングルマザーであれば、デリヘル店の提携託児所はありがたい施設になるのですが、あなたの目で確認して選ぶことが必要になります。

特に子供の安全面と情緒面については絶対条件として選ぶようにしましょう。
ご参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする