デリヘルの待機場所は基本集団待機が多い?トラブル多そう…

風俗店では風俗嬢がお客さんに指名されるまで待つ場所があり、待機場所と呼びます。
待機場所には、在籍しているすべての風俗嬢が1か所に待機する集団待機と、在籍風俗嬢ひとりずつの場所が与えられて待機する個室待機があります。
集団待機・個室待機には、それぞれメリット・デメリットがあります。
複数の女性が集まれば、何かと面倒なことが発生するので集団待機から個室待機に移行している風俗店が多くあります。

店舗型サービスの風俗店では、店舗のなかに待機室がありこの2種類が基本になりますが、デリヘル店は派遣型サービスで店舗を持たずに、営業用ホームページを確認して電話で指名することになります。
待機室は集団・個室待機の他に、自宅待機でOKのデリヘル店もあります。
デリヘル店の待機室の現状について見ていきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルのシステム

風営法ではデリヘルは店舗を持たない、24時間営業が可能な風俗店になります。
他の店舗型サービスの風俗店では、深夜24時までの営業で、朝は日の出になっています。
長時間営業で、お客さんが好きな時にデリヘル嬢を予約して自宅かホテルに呼ぶことができるようになっているのです。
箱ヘルスは、デリヘルと同じサービス内容になりますが、店舗内でサービスになります。

ホテヘルもデリヘルとサービス内容は同じですが、受付店舗がありそこでお客さんから指名を受けてホテルに移動してサービスするようになります。
箱ヘルスは店舗内・ホテヘルは受付店舗内・デリヘルは、待機場所は別に借りられています。
それぞれ、集団・個室待機があり、デリヘルのみが自宅待機があります。

集団待機場所

テレビ集団待機場所は、大きいフロアに大型テレビ・共有冷蔵庫・自販機があり、フロアに椅子とテープルが並んで設置されている場所になります。
間仕切りはなく集団で共有する待機室になっています。

個室待機場所

完全個室もありますが、ネットカフェタイプが多く簡易間仕切りなどで、仕切られて、専用のテーブル・リクライニングチェア・パソコンなどがあります。

共有スペースには自販機が設置されている環境になります。
簡易間仕切りで多少の音は聞こえますが、プラバシーは守られる環境になります。

自宅待機場所

自宅待機場所は、自宅で待つことになります。

自宅に何かの設備がたされることも、ひかれることもありません。

待機場所とお客さん指定場所の流れ

お客さんはデリヘル店の営業用ホームページの在籍女性を確認して、電話で予約を入れるようになります。
お客さんがホームページ上で見た在籍キャストが空き状態であっても、次のお客さんに指名されている場合もあるので、受付スタッフはデリへリ嬢に電話確認して、お客さんに折り返しOKかどうかの連絡をいれるようになります。

専用ドライバーはデリヘル嬢が待機しているところまで迎えに行って、お客さんの指定場所に送るようになります。
サービス開始から終了まで、専用ドライバーは近場で待機しています。
デリヘル嬢は、サービス終了になれば専用ドライバーに連絡して送迎をしてもらいます。
送迎は、待機場所になる場合もあれば、そのまま次の指名のお客さん指定場所に移動することもあります。

デリヘル店のメリットは24時間営業で、お客さん指定の場所までデリヘル嬢の送迎があるのですが、他の店舗型サービスに比べ移動には時間がかかるようになるのです。
店舗型ではお客さんがくれば即サービス開始ですが、デリヘルはサービス開始・終了の送迎時間が余分にかかるようになります。

デリヘル店の待機場所はどんな感じ?

集団待機のメリットとデメリット

Ok, No未経験者にとってはありがたい環境になります。
同僚のデリヘル嬢がたくさんいることで、わからないことが相談できる環境になるのです。
最初は不安なことがたくさんあると思いますが、経験者に聞くことが一番です。
デリヘル店のスタッフ・店員・店長に聞きづらいことでも同僚であれば相談しやすいですね。

困った時には、適切な回答を得ることもできるのです。
ただ、いいことばかりではありません。
女性が集団で多く集まれば派閥ができて対立関係になることもあります。
また、プライベート空間はありません。

それぞれが好き勝手なことをすることもあります。
派閥のなかに入ると、同僚の友達関係は成立することはなく上下関係でのつきあいになります。
仕事終了後に強制的なつきあいが発生することにもなります。
仮眠している・ニオイのキツイ食事をとっている・音楽を聴いている・着替えている・脱毛処理している・踊っている・メイクしているなど、ニオイもスゴイですが、騒々しい環境になります。

人間関係は煩わしいのでストレスはかなりかかる環境かもむしれませんね。

個室待機のメリットとデメリット

個室待機の一番いいところは、ブライベート空間があり個人のことは守られる環境になるのです。
待機室にいるときは他の会話・音楽・ニオイを気にすることなく、自分の時間を有効に使えるようになるのです。

だれにも鑑賞されることはありません。
設備も共有ではないので気兼ねすることはありません。
個室待機は、未経験者にとっては情報交換する同僚がいないので不安な部分はあります。
だれかに相談したいことがあったとしても、スタッフに相談するか一人で解決するしかないのです。

自宅待機のメリットとデメリット

自宅待機の一番いいところは、あなたは自宅から移動する時間はないのです。
デリヘル店からの連絡を慣れた環境で待つだけになるのです。
お客さんからの連絡が入るまで、日常生活でするべきことができるので、時間的効率は一番高くなります。

よくない点としては、あなたの自宅の近くに専用ドライバーの送迎があることになります。
ご近所さんが何しているのか?
不審に思うかもしれません。
これは自宅から少し離れた場所にすれば多少は緩和されるかもしれません。

自宅待機を取り入れているデリヘル店は、高級店が多く一般店・激安店では少ないと思います。

待機場所はどれがいいのか

疑問どれがいいのか、一長一短になります。
デリヘル嬢が仕事で稼ぐ視点で考えた場合は、集合待機のお店がいいかもしれません。

理由は出勤調整されないことになります。
個室待機であればだれがいつ出勤しているか同僚はわかりません。
個室待機では、デリヘル嬢に気兼ねなくシフト調整ができるシステムになるのです。
デリヘル嬢として長く勤めていても指名客をとることができない嬢を出勤させるより、指名客をどんどんとれる嬢を出勤させたほうがデリヘル店の稼ぎはいいことになるのです。

集団待機でそれをするとデリヘル嬢同士で諍いが起こる可能性があるので、デリヘル店スタッフは気を遣ってできるだけトラブルが起こらないシフト調整をするようになるのです。
未経験者の女性は、最初は集団待機のデリヘル店で働いて、お客さんの接客について十分理解して指名がとれるノウハウを習得してから、個室待機店にうつるのがいいでしょう。
稼ぎに自信がない方は集団待機で、自信がある方は個室待機でもいいでしょう。
集客力がないデリヘル店に勤める際は、待機室もきちんと検討材料にいれることになります。

集客力があるデリヘル店では、待機室に関係なくデリヘル嬢をフルで回転させることをスタッフは考えているはずです。

まとめ

デリヘル店の待機室は一長一短があります。
それよりも集客力をチェックして入店することのほうが重要になります。

集客力があるデリヘル店の待機室選びは、あなたの好みになります。
ご参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする