デリヘルに採用されて講習行うのって当日ですか?予行練習は必要?

接客業で働く場合は、どのような商品・サービスであっても、男女関わらず外見も採用にあたっての基準になっています。
お客さんに一番近いところで商売をするので、印象が良くない人は採用しないことになるのです。
面接の採用基準には、綺麗・可愛いというものも多少はありますが、清潔感がある身だしなみ・笑顔で接客ができるか・常識ある言葉を使って会話ができるか・嫌なことを言われても笑顔で対処ができるかなどにあります。
風俗嬢も接客業としてお客さんに一番近いところでの仕事になり、一般の接客業に似ていますが、やはり外見は採用基準としてはチェックが厳しくなってきます。

風俗店は高級・大衆とお客さんが支払う料金によってランクがあり、このランクによって、採用基準や得られる給料が違うようになります。
高級店では高収入になるので、応募の段階で不採用になることもあります。
デリヘル店で採用される方法と、採用された後の体験入店についてどうなのか見ていきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルの採用

Ok マークデリヘル店に採用されるには、まずあなたが希望するデリヘル店に応募して面接をうけることになります。
面接を受けて合格で採用になり、その後のステップに進むことができるようになります。

デリヘルの客層

デリヘル店は、お客さんが利用するときに支払うサービス料金によってランクが決められていて、高級店・一般店・激安店と分かれています。

他の風俗タイプでは、ソープランドに考えは似ています。
ランクの違いは、高額な料金を支払うことができるお客さんを対象にしているのが高級店で、客層は経営者・士業など年収の高い、社会的地位がある男性になります。
一般店は、一般企業に勤めているビジネスマンでも少しお金を持っている方を対象にして、激安店は、ホワイトカラーでも安月給の方・ブルーカラーの人を対象にしているお店になります。

デリヘルの採用基準

客層にあわせてランク設定して、そのランクにふさわしい女性が採用されるようになります。
採用基準が厳しい順番で、高級店・一般店・激安店の順番になります。
高級店の採用基準は、顔・体型・雰囲気・プレイテクニック・おもてなし力・常識などになっています。
何より高いお金を支払ってでも指名したい女性に見えるかどうか・お客さんから指名されて稼げる可能性があるかどうかになります。

一般店・激安店でも面接のチェック項目は同じ内容になるのですが、その条件レベルが低い設定になっているのです。
高級店は、モデル級の外見・お客さんを総合的におもてなしできる高い接客能力・常識力・テクニック力が必要だと言うことになります。
頭のてっぺんからつま先まで、女性としての魅力をだせるように努力しているかどうかで、ヘアスタイル・メイク・肌・爪・スタイルなど、きちんとコントロールができていない女性は、採用されることはありません。
ランクは客層の違いになりますが、イコールデリヘル嬢のスペックの違いにもなるのです。

高級店は一人のお客さんの稼ぎが高い

お金 人高級店と激安店で比較すると一人当たりの稼ぎは、約3倍の違いがあります。
高級店で一人45000円なら、激安店では15000円になります。
激安店では3倍の人数をこなさないと高級店の稼ぎにはとどかないことになるのです。

外見に自信がある女性は、迷わずデリヘル店は高級店を選ぶ方が効率的でいい稼ぎができることになります。
ただ、高級店だから絶対稼げるわけではありません。
デリヘル店全体で見れば、高級店は10%も店舗数はないので他ランクより競争率は低いのですが、お金持ちさんのお客さんも同じように少ないのです。
高級店で稼ごうと思えば、どれだけ指名客がつくかによって変わってくるのです。

だから、高級店側の集客力がないとどうにもならない部分もあり、あなたの努力だけで指名客をたくさんつくることには限界があります。
つまり、稼ぎは悪いが対象になるお客さんがたくさんいる一般店・激安店と比べて、集客についてはかなり努力が必要になるのです。
高級店で対象のお客さんが1とした場合、一般店・激安店は9になるのです。
デリヘル嬢として働いて稼ぐには、お客さんがいないことには稼ぎ割合が高くでも、お客さんの数がゼロであれば、どれだけ1回あたりの稼ぎが高くても、結果はゼロになるのです。

あなたの外見も重要の採用基準になるのですが、集客というところもポイントになることを忘れないでデリヘル店を選ぶことが大切になります。

デリヘル採用後、すぐに仕事?

採用即仕事ではありません

デリヘル店に採用されれば、あとは働いて稼ぐことになるのですが、面接で合格してもすぐに仕事ができるのではありません。

面接で採用された後に、体験入店してみますか?
とスタッフから確認があります。
あなたが、よければそのまま体験入店の流れに進んでいくようになります。
デリヘル店での経験がある女性は、体験入店に進む場合もありますが、未経験者は講習があります。

※他の風俗タイプでもこれはあるもので、ソープランドではDVD講習や実施練習・SMクラブでは特殊器具の使用方法・マットヘルスではマットプレイのDVD講習と実施練習・エステではプロエステシャンから講習を受けることになります。
それぞれタイプによって期間はかわります。
デリヘル店は、ソープ・SMクラプ・マットヘルス・エステのように期間を長くとって講習はしませんが、プレイ講習というものがあります。
お客さんの受付からサービス終了までの一連の流れをスタッフと練習するようになるのです。

デリヘル店によってプレイ講習の相手が、女性スタッフの場合もあれば男性スタッフの場合もあります。
最近ではDVD講習で説明をうけて終了のデリヘル店もあります。

体験入店

体験入店はお試しで仕事をしてみる制度で、体験してあなたにあえばそのまま続けて本入店(本採用)することになります。

体験入店は、だいたい1~3日程度の設定になっているところが多いです。
体験入店でも、本入店と同じで給料は貰えることになります。
デリヘル店によっては、体験入店で給料保証しているところもあります。

本入店

体験入店で続けることがだきそうであれば、そのまま本入店になります。
あなたは正式デビューになります。
カメラマンプロカメラマンによる写真撮影を行うようになります。
撮影した写真はデリヘル店の営業用ホームページ在籍女性に掲載するようになります。

あなたが顔出しOKであれば、日給保証もつき稼げなかったとしても安定して収入を得られることができます。
顔出しNGであれば、顔がわからないように手で隠す・モザイク・加工修正を行って掲載するようになります。
あとは、営業用ホームページからあなたの写真を見たお客さんが指名してくれるかどうかになります。
店舗型サービスの風俗店であれば、受付店員が新人期間の風俗嬢に優先的にフリー客を回すようになりますが、派遣型サービスのデリヘル店では、ホームページからの予約になるので、あなたは指名を待つしかありません。

指名があれば、お客さんに満足してもらいリピート指名してくれるお客さんにするだけになります。

まとめ

デリヘル店はランクによって採用基準のハードルが違いがあり、高級店は厳しい基準になっています。
デリヘル店で採用された後は、あなたがOKを出せばプレイ講習・体験入店・本入店の流れで進むようになります。

高級店だから稼げるわけではなく、指名客をどれだけかえすかがポイントになります。
ご参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする