風俗嬢を引退した後はどんな人生を送ってますか?幸せになれる?

風俗嬢として働いていると、どうしても気になってしまうのがこの仕事を辞めた後のことです。
風俗を引退後どんな生活が待っているのでしょうか?

風俗嬢は続けられない

風俗嬢というお仕事は、見た目重視であったり、年齢が売りの部分もあるので稼げる時が短期間しかありません
人妻専門の風俗店では、30代から40代の女性も活躍していますが、風俗嬢のピークは20代までが一般的です。

風俗の仕事は体力的にもハードなので、中には体調を崩してしまって引退してしまう女性もいます

引退を考えるきっかけ

目標達成

お金借金返済や学校に通うためのお金など、何らかの目標のために風俗嬢になったというケースはよく聞かれます。
このような明確な目標がある風俗嬢は、設定していた金額を稼いだらスパっと辞めてしまう傾向が強いようです。

年齢

風俗嬢はやはり若い女の子の方が人気があります。
そのため、年齢を重ねると共に指名されづらくなってしまいます。

若い子が多く在籍しているお店を辞めて、年齢層の高いお店に移籍する女性もいますが、それも長くは続きません
もう若くないし、と自覚して引退を考える方は多いのではないでしょうか。
若い風俗嬢にお客さんが移ってしまって、若い頃のように稼げなくなったのを機に引退を考えるケースもあるようです。

身バレ

風俗嬢をしていることが、家族や友人、知り合いにバレてしまって辞めざるをえなくなってしまうケースです
知り合いがいないところに出稼ぎに行くという手もありますが、人に言えない仕事をしていると精神的にも働きづらくなってしまいます。
いずれにせよ、一生涯風俗嬢として稼いでいこうという女性はいないはずです。
いつかは引退について考えるときがやってきます。

引退の前に

引退を考えるようにはなったけど、引退後の生活が不安だし、すんなり辞められないという方も多いかと思います
風俗嬢を引退する前に、現在の働き方から少し環境を変えて働いてみる、という風俗嬢もいます。
若さという売りがなくなって人気が落ちてしまった場合、人妻専門店で働くというパターンもあります。

年を重ねたベテランだからこそ人気が出る可能性もあります。
人妻専門店では30代の女性も多く活躍しています。
また、デリヘルやホテヘルなどで働いていた場合、本番行為ありのソープに活躍の場を変えるというケースもあります。
ソープは本番行為ありというハードなサービスのため、若くて見た目もいい女性しか活躍できなかったお店で働いていた方が最終的に転職するというケースがたびたび見られます。

引退後のパターン

お金引退した風俗嬢はどのような生活を送っているのでしょうか
何かしらの目標があって風俗嬢になった女性は、目標金額を達成するときっぱりと辞めて普通の生活に戻るケースが多いです。
もともと風俗嬢という仕事を目標のためと割り切ってしていたため、引退後は学生や会社員としての普通の生活に戻りやすいようです

風俗嬢と会社員の二足のわらじで働いていた場合も同様です。
風俗嬢が続けられなくって辞めてしまった場合はどうでしょうか
本当はまだ風俗嬢としてお金を稼ぎたかったけど、致し方なく辞めてしまった場合は引退後にどう生計を立てていくのか考えなければなりません

同じ業種で働き続ける

風俗嬢として表舞台に立たず、裏方に回って働き続けるという女性もいます
風俗店のスタッフや経営者側として、風俗店を支えていくパターンです。
元風俗嬢なので、業界のことも熟知しており、スタッフとして重宝されやすく、働きやすいと言えます。

別の世界へ

もう風俗の世界はこりごり…という女性は心機一転、まったく別の職種に転職するケースが多く見られます。
風俗嬢の引退後の転職先として多いのが、看護や介護といった専門職です
看護や介護などの専門職は、資格が必要なため学校に通う必要がありますが、風俗時代に貯金していたお金で学校に通い資格を取得する元風俗嬢は大勢います。
もちろん、容易に資格が取得できるわけではありません

しかし、資格さえ取ってしまえば職に就きやすく、引退後の職探しに困るということはまずありません
手に職をつけて頑張りたいという方は、このような専門資格を取得するとよいでしょう
究極の接客業と言われる風俗の世界で頑張ってきた女性なので、誰かのために働くという看護や介護の仕事は向いていると言えます。

女性としての幸せをつかむ

引退を考えるきっかけとして、いつまでも風俗嬢として働いていたら結婚できないという焦りを覚えて引退を決意したという女性も多いはずです。
実際、風俗嬢として働いていると結婚はなかなか難しいです
恋人がいてそろそろ結婚を考えているという方も、風俗嬢を続けていたら結婚できない、と思うでしょう。
男性からしてみても、彼女が風俗嬢をしているとなかなか結婚には踏み切れないものです。

引退後は、普通の主婦をして幸せに生活しているという女性も大勢います

元の生活に戻れない

引退してみたはいいが、風俗嬢時代の金銭感覚が抜けず、元の生活が送れないという女性も多くいるのが事実です。
少し働けば高額のお金が稼げていた風俗嬢時代を思うと、普通に会社員として働くのが苦痛で結局退職してしまうという女性も中にはいます

風俗嬢をしていた頃のように大金を使ってしまい、借金を作ってしまうというケースもあります。
結局お金に困ってしまい、出戻りしてしまうことになってしまいます。

引退後に出戻りしないために

選択しせっかく新たなスタートを切ろうと前向きな引退をしたのに、金銭感覚が戻らず風俗の世界に出戻り、なんてことにならないためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

風俗嬢は働いた分のお金をその日のうちに手に入れることができます
しかも普通の仕事では稼げないような大金です。
お金が入ったその日のうちに、買い物をして使ってしまうということがある女性は要注意です。
日頃から貯金をする癖をつけておかなければ、お金は出ていく一方です。

風俗嬢は見た目にも気をつかうお仕事です
服やバッグなど高級な物をたくさん買ってしまったり、整形手術などにお金をつぎ込んでしまう女性も数多くいます
自分で稼いだお金ですから、好きに使っていいのは当然ですが、風俗嬢を辞めて今までのような収入がなくなってしまったらそのようなお金の使い方はできなくなってしまうということをしっかりと理解しておかなければなりません。

まとめ

風俗嬢というお仕事は、短時間で高収入を得ることができます
そのため、借金返済や学資を貯めるため、育児のためなど、様々な目標を持って風俗の仕事をしている女性が大勢います。
そのような女性は、目標金額を貯めることができたらきっぱりと風俗の世界から足を洗うパターンが多いです。
もともと、目標のために働いていたのでしっかりと貯金もしており、元の生活に戻りやすいでしょう

しかし、特に目標もなく風俗嬢をしている女性は、引退後にどのように生活していくかの目途が立たずに辞めてしまうと相当努力しなければなりません
全く別の仕事に就職するのであれば、どんな仕事をしたいのか、金銭感覚がおかしくなってしまっていないか、注意が必要です。
風俗嬢時代の金銭感覚のまま引退してしまうと、結局お金に困って首が回らなくなり、風俗の世界に逆戻りということも考えます
せっかく風俗を引退して新たなスタートを切ろうとしているのですから、そんなことにならないために風俗嬢として働いている今から気を付けておきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする