デリヘル嬢の本音。良いお客さん困ったお客さんエピソード

デリヘル嬢をしていると、やはりどんな女の子でも本音というものが内に秘めていると思います。

今回は風俗嬢の本音についてです、良いお客さん、そして困ったお客さんのエピソードをメインにこれから色々と書いて行きたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

本音

風俗嬢に限らずどんな仕事をしていても少なからず色々とあるものです。
つまりどんな人でもうちに秘めた仕事上の本音、と言うのはあるのではないでしょうか。

吹き出し今回のテーマはズバリデリヘル嬢の本音についてです。
良いお客さん、そして困ったお客さんと言う所にフォーカスをあてて本音を探って行きたいと思います。
まず、デリヘル情において良いお客さんというのはどういう人が考えられるでしょうか。
もちろん色々とあるでしょうし、デリヘル嬢一人一人で本音は違ってくると思います。

一般的な良いお客さんというのはやはり自分にお金を使ってくれる人、つまり自分を指名してくれる客ではないでしょうか。
どんな客でも指名してくれない事には話になりませんし自分が稼げません。
ゆえに、自分を指名してくれる客と言うのは良いお客さんだと思います。
ですが、自分を指名してくれる良いお客さんの中にも困った客に分類されてしまう客が存在するのが風俗嬢の更なる本音、と言った所ではないでしょうか。

例えば、自分を指名してくれてオプションなども付けてお金を沢山使ってくれる客が居たとしたら良いお客さんだと思いますが、しかしその客が不潔な客だったらどうでしょうか?
良い客だけど本音は接客したくない困った客、と言う事になりませんか?
このように良い悪いと言うのは極単純な事でもあるのです。
実際に働いている風俗嬢と言うのはもっとシビアな感情と心構えを持っているとは思います。

ですが、端から見た客観的な意見としては現実問題風俗では良い客より困った客の方が多いのではないか、と推測します。
良い客と言うのは接客をしていればわかると思いますが、そうそう来る物ではありません。
出来れば良い客だけに来てほしい所ですがそんな事現実的には不可能なのです。
いつも指名してくれる常連の客や高級店に来るような客ですら、困った客と感じる事さえあると思います。

結局は自分の都合で良い、そして困ったと感じる訳ですから良い困ったなどと言っていては仕事にならないと言い聞かせるしか無い所もあると思います。
話が少し脱線してしまいましたが、つまりは風俗嬢は良いお客さんより困ったお客さんと感じるエピソードの方が圧倒的に多いように感じます。
ですので、困った客をメインに話を展開して行きたいと思います。

困った客のエピソード

ここからは困った客について色々と書いて行きたいのですが、デリヘルで困った客と聞いてまず思い浮かぶ事と言えばみなさんはどのような事があるでしょうか?
やはり風俗嬢じゃなくても女性でしたらすぐに思いつく困った客と言うのは、不潔な客だと思います。
不潔な客と言うのは本当に困ると思います。
汚れ 服臭い、汚い、不衛生、病気を持ってそうなど、これらに1つでも当てはまる客が来たら、困った客がきたぞ、と思う事になるでしょうね。

そして次に思い浮かぶ困った客というのは、気持ち悪いキモ客ではないでしょうか。
気持ち悪いと言うのは、外見的な要因もそうでしょうが、中身が気持ち悪い客も沢山いると思います。
例えば、変な性癖を持っている客、自分では理解不能なプレイを要求してくる客などに対して単純に気持ちが悪い、と思って困ってしまうと思います。
これらの事はあくまで予想がつかないと思います、経験して行って初めて感じる事の1つでしょう。

ゆえに、覚悟が必要になってくるように思います。
世の中には本当に色々な性格の人間が混在しています。
ゆえに、どのような人格の客が風俗に来るかもわからない状況の中風俗嬢としてサービスを提供していかなければいけなくなるのです。
あくまでお金を貰って仕事をしている訳ですから、やりたくない、無理、などとは言えない所もあります。

先ほどのキモ客ではないですが、例えばレディース用のボトムスを客が持参してこれを履いてほしいと言ってきたらどうですか?
仮にそれを履いたとします、そしてズボンの上からあなたのアソコをなめ回したい、と言う性癖の持ち主だったらどうでしょう、あなたは仕事の為、そして客の欲望の為の承諾できるでしょうか。
仮に承諾したとしましょう。
なめ回すプレイが終わった後に、その客がこれは歴代の元カノ達にずっと履かせてきたズボンでその都度なめ回してきたズボンなんだよ、と耳元でつぶやかれたら、もう気持ちが悪すぎてどうにかなりそうですよね?

このように理解出来ないケース、予想もつかない展開、思いもしなかった接客、と言うのは現実として起こりますしいつあなたの身にその客が来るかもわからない世界です。
性癖や変わったプレイの要求など、風俗には色々と存在しています。
いわゆる裏メニューと言いますか、正直お金を積めば承諾する女の子もいるでしょう。
しかし、結局は普通ではない、変わっている、困ってしまう、などと言ったケースがよくあるのが現実なのです。

頭では事前に分かっていたとしても、その状況に自分がいざ断たされたとき、頭が真っ白になったり正しい判断ができなかったり、状況に飲まれたり断れなくなった、などと言う事はよくある話です。
あなたを気に入り指名した客があなたを気に入りすぎて指名してくれるは良いが、勝手に恋愛感情を持ち出してきて俺の彼女だ、俺の女だ、付き合っているだ、なんだかんだととやかく毎度言ってこられたらどうでしょうか。結局良いも悪いも紙一重、みたいな所はあるのかもしれませんし、その人によって感じ方や捉え方も違ってくるとは思いますが、キモ客や不衛生な客を相手に仕事をすると言う事は本当に精神的にもキツいと思います。
金をもらえればいい、と言う判断だけでは無いようにさえ感じてしまう部分もあるのではないでしょうか。
一人の風俗嬢として、接客してよかったと思える客に出会える事はすばらしい体験ですし、風俗嬢としての励みにもモチベーションにも繋がって行くと思います。

しかし、良い事ばかりではないのが仕事ですし現実的に困った客と言うのはかなり存在しています。
ですが線引きやNGを出してしまえば自分の稼ぎにも影響はしてくるでしょう。
お金を払ってもらっている以上はする事をしなければいけないのが、仕事と言う物です。
どんな客に対しても誠実にそして全力で仕事を提供するのがプロだと思いますが、あくまで上手にやり過ごしたり流して行かないと風俗嬢として長く働く事は難しくなってくるかもしれませんね。

これらの困った客を接客することによって、そして蓄積して行く事によって風俗嬢が鬱になってしまう人は本当に沢山います。
女性 ストレス稼ぐ事も大事ですし、指名も沢山取らなければ行けませんが何より自分の身体が一番ですし健康第一だと思います。
自分に出来る事、そして出来ない事、あるいは正しい状況判断がしっかりできる事、など普段から意志を強く持って仕事に取り組んでいただきたいと思います。

まとめ

デリヘル嬢の本音。
良いお客さん困ったお客さんエピソードと言う事について色々と書いてきました。
人にもよりますが、基本的には仕事と言う物は良い事より悪い事、そして困ったと感じる事の方が多いように思います。
しかし特にこの風俗と言う仕事では困ったと感じる度合いが中々にレベルが高いと思います。

普通では考えられない事、考えもしない事を時に要求されたり、仕事上しなければいけないハメになる可能性すらあるのです。
良い、そして困ったなど感じ方はデリヘル嬢によって変わってくると思いますし、デリヘルと言う風俗ジャンルや仕事のスタイルによっても色々とあるとは思います。
何より経験になってくると思いますし、稼ぐ為には、と言う事に最終的にはなってくるのだと思いますが、自分の身をしっかりと自分で守り安全にそして健康に仕事ができる環境を自分で作って行ってほしいと思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする