風俗のジャンル別に詳しいプレイ内容を解説!給料の違いも教えます

「風俗で働きたいけど、どれがいいの?」と気になったことがないでしょうか。
風俗にはさまざまなジャンルがあり、自分に合う仕事を選択することが大切です。
給料だけを見て面接にいったり、プレイ内容を知らないで求人に応募するのは危険なのでやめましょう。
あらかじめそのジャンルについて下調べをして、自分にできそうか考える必要があります。
そして自分の望む額を稼げるかも重要です。

求人には「月100万円稼ぐことも可能!」と書いてあっても、実際にはそんなに稼いでいる嬢は一人もいないという店もあるからです。
机上の計算でその金額に届くというだけなので、そのジャンルがどんな女性を求めていてどれくらいお客さんがいるのか調べておきましょう。
長期的にガッツリ稼ぐには、風俗のジャンルの情報を沢山仕入れるのが第一歩です。
良い店を見つけるには自分に合っていて、かつ希望の金額を稼げそうな店を見つけることが大切なんです。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ガッツリ稼げるけどハードな仕事

お風呂風俗で最も稼げるのはソープです。
その中でも高級ソープとよばれる店は、1回の接客で4万以上稼ぐことができます。
その分時間も長く、120分以上のコースで入ることがほとんどです。
肉体的にもハードで、体を洗う前にセックスをしたりしなくてはいけません。
ゴムもつけることはできませんし、中出しもされるので病気になるリスクがあります。
そんなハードな仕事でも、誰でも働けるわけではありません。
それでも稼げるなら・・」と高級ソープの面接を受けても、落ちてしまうことがあります。

男性にとっては8万以上の金額を払うのものなので、それに見合ったルックスの女性でないと働けないのです。
さらにもし、高級ソープに合格しても稼げない場合があります。
最近では風俗に高いお金を使う男性が減ってきているからです。
せっかく1本のバックが高くても、仕事ができなかったら稼ぐことはできません。
なので多少バックが安くても、お客さんが回転する中級ソープや大衆ソープで働く女性が増えています。
また「仕事で本番行為はやりたくないです」という人には、デリヘルやヘルスで働くことが多いです。
確かに本番はしないので気持ちは楽ですが、肉体的にはキツイ仕事です。

フェラや素股で男性を射精させなくてはいけないので、慣れないうちは筋肉痛になると思います。
さらに1本のバックはソープよりも安く、コースも短いので精神的にも消耗するでしょう。
デリヘルやヘルスは店によってかなり変わりますが、1日4万も稼げれば合格点といえます。
やはりハードな仕事ほど給料が高く、そうでない仕事ほど稼げない傾向にあります。
「もっと楽に稼ぎたい」と思うのは当然のことです。
そんなジャンルはないのでしょうか?
そこで紹介したいのがマッサージ系の風俗です。

技術がつけばガッツリ稼げるマッサージ

マッサージデリヘルなどの仕事は恋人と普段やっていることをやればいいので、やろうと思えば誰でもできる仕事です。
特別な講習も必要なく、面接してその日から働けるでしょう。
当然そのような仕事は単価が安いです、そこで専門的な技術が必要な仕事を紹介します。
それは性感エステやマッサージをする風俗です。
そのプレイ内容は実にソフトで、女性は脱がなくても働くことができます。
さらに舐めることも、触られることもしなくて構いません。
基本的には男性の体をマッサージして、最後に手で射精をさせる仕事になります。

「そんなので稼げるの?」と疑問に思うでしょう、たしかにマッサージのバックは安いです。
1回のプレイは60分以内で、一日3万も稼げれば売れっ子と言えます。
そしてプレイ内容がソフトな分、ある程度の容姿が求められます。
ただ、誰でもすぐにできる仕事でないので競争相手は少ないジャンルです。
店によってマッサージのレベルは違いますが、技術を習得するための時間がかかるのですぐに稼ぐことができません。
ですが一度覚えてしまえば、その技術はずっと使えるのです。
さらにもっと稼ぎたくなったら「オプション」を使えばヘルス並みに稼ぐことができます。

オプションとは先ほど「脱がなくていい」といった制限を外すことです。
例えばトップレスになったり、Tバックでマッサージをすることでオプション料金を稼ぐことができます。
時にはヘルス並みのサービスをするコースがあるエステ店もあるくらいです。
さらにヘルスと違う点が「生理でも働ける」ということでしょう。
エステでは全裸になる必要がないので、整理期間中でも働くことができます。
安定的に稼げるジャンルと言えるでしょう、それは長い目で見てもとてもメリットがあります。
マッサージの技術を高めていくにつれ、収入が高まる可能性があるのです。

マニアックなほど稼げる

マッサージの技術を高めていけば、より高い収入が期待できるジャンルで働けるでしょう。
例えば「回春マッサージ」です。
「回春?なにそれ?」と疑問に思うかもしれませんが、簡単に言うと自然に勃起しない人を相手にするマッサージです。
男性は高齢になれば勃起する力が弱まります。
ですが射精したいという性欲はなかなか衰えないので、勃起するツボを刺激してあげるサービスが求められるのです。
それには男性のツボを知り尽くす必要があって、すぐに働けるような簡単な仕事ではありません。
その分給料は良く、金払いのいい紳士が多いのでガッツリ稼ぐことができるでしょう。

指名をとれれば一日4万以上、つまりヘルスで働くよりも稼ぐことが可能です。
技術さえ身に着ければ、ハードなプレイをしなくても稼げるのです。
逆に言えば「技術がないなら稼げないか、ハードなプレイをしなくてはいけない」と言えるでしょう。
それは風俗だけに限らず、どのような仕事でもいえることです。
例えば職人の世界では技術を身に着けるまでは、師匠の奴隷のような存在です。
どんな仕事でも始めたばかりのころは厳しく、覚えて行くにつれ楽になっていくものです。
なので男の快楽のツボを勉強し、体得することができるジャンルならやればやるほど楽に稼げるようになるのです。

よりマニアックに稼ぐ

手錠さらにマニアックなジャンルとしてM性感があります。
MはマゾのM、性感とは「性的感覚」という意味です。
M性感には女性に攻めらえるのが好きな男性がやって来ます。
女性は責められずに済むので楽に思えますが、実は体を酷使する仕事です。
脱がなくていいし触られもしないのですが、ずっと男性を攻め続けるのは素質がない人には精神的にも厳しいでしょう。
言葉や道具を使って男性をいじめなくてはいけません、そのための技術や道具も必要になります。
熟練するまでの期間が必要で、道具などの初期投資もかなりかかってしまいます。

ですがその分給料は良く、1日5万以上の日給が期待できます。
マニアックな分競争相手も少なく、お客さんにとっても相性が大事な性癖なのでリピート率が高いです。
営業している店も少ないので、頑張ればすぐに評判になるでしょう。
Sになるなんて絶対無理」という女性でなければ、実は意外と習得しやすい技術です。
プレイがハードでなくガッツリ稼げて、それほど高い熟練を必要としないという独特なジャンルといえます。

まとめ

風俗ではプレイがハードなジャンルほど稼げると言っていいでしょう。
ただそれには例外があって、技術が必要な仕事ほど給料が良くなります。
その代表として性感エステやマッサージがあり、すぐには稼げないかもしれませんが長期的に見ておいしい仕事と言えます。
やればやるほど技術を高めることができますし、そうなるにつれお客さんも増えていくでしょう。
回春マッサージやM性感に移行するのも良い選択肢です。

誰でもできない仕事だからこそ、そこに価値があるといえます。
どうせ風俗で働くならオンリーワンを、性感のプロフェッショナルを目指しましょう。
よく「お金は後から付いてくる」と言います、風俗でもそれは通用する言葉です。
技術を高めていけば、いつしかお金はたまっていくものなのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする