デリヘルで働くのは安全?店舗型ではないから不安です

デリヘルで働きたいと考えている方の中には、安全面で不安を感じている方も多いようです。
この記事では、デリヘルで働く時に遭遇する可能性がある危険なことについてご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルで働くのは危険?

デリヘルは店舗でサービスを行うのではなくお客さんが用意したホテルや家などに行ってサービスを行うため、ソープやファッションヘルスなどの店舗型風俗とは安全面で不安になる部分は多いと思います。
お客さんが指定した場所に行ってサービスをするということが、何か問題が発生したときに店舗型の風俗と違ってすぐにスタッフの助けを呼ぶことができないと言うことです。

つまり、お客さんから危険なことをされそうになった時には自分の力で自分を守らなくてはいけません。
シールドとはいえ、デリヘルは日本で最もたくさん営業している風俗店と言われており、今でもたくさんの女性が働いています。
もしデリヘルが非常に危険な職業で毎日のように誰かが犯罪被害にあっているのであれば、もっと話題になっているはずですので、実際はデリヘルで働いている女性の大半が危険な目に遭うことはなく普通に働けているということです。
実際デリヘル出会ったとしても、お客さんがわざわざ風俗嬢に対して危険な行為をする可能性は高くありません。

なぜなら例えデリヘルであっても風俗嬢に暴力を振るったり危険な行為をすれば、お店に伝わりますし、警察に通報されて犯罪として扱われるからです。
そうなればお客さんは警察に逮捕されてしまいますので、普通の生活を送ることはできないし仕事を失うようなことになってしまいます。
わざわざデリヘル嬢を呼んで犯罪を犯そうと考えているようなお客さんは普通は存在しません。
だからデリヘルに対して必要以上に警戒をして危ない職業だと考える必要はありません。

正しい知識と予防法を持っていれば、それほど危険な場面に遭遇する可能性が高いわけではないのです。
もし、どうしてもお客さんと一対一で密室の中に入り接客をすることが危険だと感じるようであればデリヘルではなくファッションヘルスや倉庫などの店舗型の風俗で働くのが良いでしょう。

デリヘルで合う可能性がある危険なこと

上で説明した通りデリヘルの特徴は、周囲にお店の人がいない状況でお客さんと密室の中で一対一いつになるということです。
だからデリヘル嬢が遭遇するトラブルというのは、お客さんによって何か危険な行為をされる場合がほとんどです。

それぞれ危険な目に遭わないための対策もありますので、以下を参考に適切な予防法を取るようにしましょう。

本強

デリヘルで働いていて最も多い危険な場面というのはお客さんから本番を強要されることです。
本番強要と言うとレイプのように一切抵抗ができないような状況に追い込まれて強引に襲われてしまうことを想像しますが、デリヘルの場合そのようなほぼレイプまがいの本番強要と言うのはほとんどありません。
なぜならたとえ風俗嬢であっても、レイプは重大な犯罪ですし風俗嬢がお店に訴えて警察に通報する可能性が高く、そうなれば当然お客さんは逮捕されてしまうからです。

強引に本番をしてくるお客さんはそれほど多くはなく、「本番したいんだけど」などと本番を交渉してくるお客さんが大半です。
ただし店舗型風俗と違って周囲の助けをすぐに呼ぶことができないため、断ってお客さんが怒ったりしたら怖いと感じてしまい、仕方なく本番をすることになってしまうデリヘル嬢もいます。
しかし本番交渉してくるお客さんと言うのは、当然強引に本番をしてしまうと自分にもリスクがあることを承知していますので、デリヘル嬢がしっかりと本番を断ることができればおとなしく諦めることが多いのです。
お客さんからの本番強要を断る時には、お客さんが「交渉すればなんとかなるかも」という気分を持たせてはいけません。

毅然とした対応で絶対に本番をすることはないという意思を示しましょう。
具体的には、本番したいとほのめかすようなことをお客さんが言った瞬間に直ちにサービスを停止し、冷たく「お店の規則で禁止されていますので、お店に連絡しますよ?」と言いましょう。
なんとなく断りづらいからと言って笑いながらやんわりと断ったり、プレイを継続しているとお客さんは簡単には諦めてくれません。

とにかく「絶対に本番をすることはない」という意思を強く見せつけましょう。

暴力

パンチお客さんから暴力を振るわれた場合にはすぐに身の安全を確保しましょう。
残念ながらお客さんの中には風俗嬢を下に見て、暴力を振ってくる人がいるのも事実です。
そのような人は非常に危険ですのでまずは自分の身の安全を確保して、家やホテルの部屋から出るようにしまして、周囲の方に助けを求めましょう。

お客さんの中には暴力であることを意識せずに風俗嬢のことを乱暴に扱う方もいます。
例えばガシガシと手マンをしてきて痛い場合や、胸を乱暴に扱われることもあります。
このようなことをしてくるお客さんはそれを暴力的でいたいものだと認識しておらず、下手したら風俗嬢が気持ちよくなるとすら考えていることがあります。
風俗嬢にとって自分の体は何よりも重要なものですから、そのような行為をされたらすぐに「痛い」と伝えてやめてもらいましょう。

ただし、それほど深刻な暴力ではなく雰囲気を壊したくないと言う風俗嬢の方は、「それよりもゆっくり触られた方が私気持ちいいんだ」などとお客さんを上手に誘導するテクニックを使いましょう。

盗撮や盗聴

お客さんが事前にホテルの部屋や自宅などに盗撮や盗聴をするための器具を仕掛けている場合があります。
このような場合にそれを見抜くことは非常に難しいのですが、例えば盗撮をしているお客さんの場合プレイ中にやたらと器具がある場所を気にする傾向があります。
不自然に体を移動させてプレイをしたり、目線がおかしな場所に向かうことが多い場合には盗撮や盗聴を疑いましょう。

盗撮や盗聴は証拠を見つけることが難しく、根拠が曖昧な状態でお客さんを問い詰めてもシラを切られる可能性があります。
その様な場合にはひとまずプレイを終わらせてお客さんと別れた後にすぐにお店に報告して出禁にしましょう。
もし盗撮や盗聴するための器具を発見することができたら、可能であれば証拠として抑えておきましょう。
それが難しければ器具を見つけた段階でお客さんに「盗撮していますよね?ウチのお店盗撮しているお客さんに対してはとても厳しい対応をするので、すぐにこの場でデータを消してもらえますか」と伝えましょう。
重要なことはお客さんを逆上させることなく、お店の力を使って脅してデータを消させることです。

性病感染

病気デリヘルに限らず風俗で働く場合には性病に感染することも気を付けなければいけません。
性病を予防するためにはお客さんの体を清潔にしてからプレイを始めることが重要です。

また、本番をしてしまうと性器同士が接触するため性病に感染しやすくなります。
デリヘルでは本番強要をされる可能性が高いため、それに負けてしまうと性病に感染する可能性も高くなります。
性病を予防するためには、お客さんからの本番強要をしっかりと断ることも重要です。

まとめ

デリヘルで働く時に遭遇する可能性がある危険なことについてご紹介しました。

デリヘルは店舗型の風俗と違って周囲にお店の人がいない状態でお客さんと一対一でサービスをしなくてはいけないため、助けを求めにくいという点で店舗型風俗店よりも安全面で不安があることは事実です。
過剰に恐れる必要はありませんが、この記事で紹介したような危険な行為とその対策法は仕事を始める前にしっかり覚えておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする