自信がなければデリヘルの面接行く前に写メ面接してみるのもアリ

風俗で働いてみたいけれども面接に行くのはちょっと勇気がいるし、めんどくさいと言う方は多いと思います。
そんな方にオススメしたいのが写メ面接です。
この記事では、デリヘルで働き始める時の手間が省ける写メ面接について、その仕組みと採用されるためのコツをご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

写メ面接って何?

Faq普通、風俗店で働き始める時にはまずは求人サイトなどで働きたいお店を見つけて、お店に連絡をした後採用面接で無事に受かれば働き始めることができます。

写メ面接と言うのは実際にお店に行かないで自撮りした写メなどを使って採用のための審査をしてもらうシステムです。
写メ面接を受けるために必要なものは自分の写メだけです。
写メ面接を採用しているお店では、メールフォームなどから自分の写メを送ることができますので自撮りをしてから送信しましょう。
写メ面接の時に必要になるのは顔写真と身体全体の写真です。

なお体全体の写真の場合基本的には下着姿など体のラインがしっかりとわかるものを求められます。
お店によって異なりますが基本的に写メ面接を受ける時にはその時点では自分のメールアドレスだけを教えて個人情報などを知らせる必要がないお店が多いようです。
もし不合格になった場合にはわざわざお店に行って面接を受ける手間が省けますし、無事に合格になった場合にはその後にお店に行って最終的な面接を受けることになります。
と言っても風俗の面接で重要なことはやはり見た目と体型ですので、基本的に写メ面接で受かったのにその後お店に行って不採用になることはほぼありえません。

あるとしたら実際にお店に行って店長やスタッフと会話をした時にあまりにも失礼な態度をとったり、異常な行動をした場合だけです。
写メ面接で合格となった場合ほとんど採用されているようなものですが、そこで気を抜いてしまい変なことをすると不採用になってしまう可能性もあるので気をつけましょう。
写メ面接ははデリヘルだけではなくソープやピンサロ、キャバクラなどお水のお店でも採用されています。
また出稼ぎなどで距離が遠くて面接に行くのが大変な場合にも写メ面接は活用されています。

写メ面接のメリットとデメリット

写メ面接は非常に便利なシステムで応募から合否までが非常に早いというメリットがあります。
面接官も基本的には写メを受け取って一目見ればその子を採用するか不採用とするかすぐに決められます。
ですから写メ面接の場合メールを送信して1時間後には結果が出ているということも珍しくありません。
風俗で自分に合ったお店を探すことは非常に手間がかかることですが、その中でも一番時間がかかる面接の時間を短縮できるということです。

また、わざわざ時間を作ってしっかりお化粧をしてまで面接に行ったのに不採用を伝えられると、自分の見た目などに自信がなくなってしまい辛いと言う女性は多いのです。
その点写メ面接であればメール越しの連絡しかとっていないため、不採用を告げられたとしてもそれほど深く傷つくことはありませんし、なんとなく恥ずかしいような気分になる心配もありません。
このように非常にメリットが多い写メ面接ですが、デメリットもあります。
それは実際に面接官や店長と会話をする時間が短くなるため、お店の雰囲気などを把握して自分に合っているかどうかを判断する情報が乏しくなるということです。

風俗の面接と言うのはお店が女性を雇うかどうかを判断する場であるとともに、女性がそのお店の雰囲気を見て自分が働き続けることがどうかを判断するための場でもあるのです。
写メ面接で合格をしていると、お店で働く前に一応は最終面接がありますが、よほどのことがない限りは出勤スケジュールなどを確認する程度です。
ですから写メ面接で採用された場合、可能ならばまずは体験入店をしてみることをお勧めします。
お店は自分に合っているかどうかというのは、しっかりと風俗嬢として働き続けるために非常に重要なことです。

写メ面接に送る写メのポイント

ここでは実際に社内面接に送る時の写メの撮り方や注意点についてご紹介します。

写メ加工は基本NG

最近ではSNOWをはじめ様々な写真加工アプリがありますが、写メ面接に送る時には基本的に加工はNGです。
アプリ面接官は女性を見るプロですので、加工して綺麗に見せる必要はありません。
たとえ写真写りが悪かったとしても、面接官はしっかり化粧をすればどういう風に見えるのか、お店で通る宣伝写真ではどういう修正をすれば良いのかということを考えてくれます。

無理して写メ面接のための写真を盛っても結局はお店に行って本当の顔を見られるわけですから、実際に会ってみて「やっぱり写メと全然違うから不採用です」と言われる方がはるかにショックですし無駄に時間がかかってしまいます。

加工はNGでも最低限の努力はする

上で説明した通り写メ加工は基本的にNGでもですが、それでも写メは撮り方によって映りがかなり変わってきますので採用される可能性が高くなるように最低限の努力はしましょう。
まずお店からの指定がない限りは、お客さんの前に立つつもりの化粧をしておきましょう。
また出来る限り明るい場所で取るようにし、顔に鍵がかかっていたり暗くならないように気をつけましょう。

表情は真顔か少しだけ笑顔を作るのが良いでしょう。
この程度であれば面接官に好印象を与えた上で、素の表情をしっかりと把握することができるので問題ありません。

余計なことをしない

お店の採用ページなどで指定がない限り顔写真でも全身写真でも余計な動きやポーズはしないようにしましょう。
よくありがちなのが顔写真や全身写真においてピースをしてしまう女性やウインクをする女性です。

ピースのウインクも写真を撮る時には一般的ですが、あくまでも写メ面接は仕事をするためのものですので友達と撮っているような気軽な写メではいけません。

全身写真はしっかりと体のラインを写す

女性 下着写メ面接での全身写真は女性の体のラインをお店がしっかりと把握するためのものです。
やはり女性ですからある程度スタイルを良く見せたいと思ってしまい、体を斜めにしたりコンプレックスがある部分をあまり写さないようにするポージングなどをすることも多いのですが、そのような全身写真を送っても不採用になるか再送を依頼されるだけです。
恥ずかしい気持ちはわかりますが、お店の方は女性の正確な体系を把握したいと言う目的であることを覚えておきましょう。

お店の人はあまりにも太っていて指名が全く取れないような女性ではないということを確認したいのです。
体型を偽って採用されたとしても、結局は最終面接で不採用になったり、働き始めてお客さんからの指名が全く取れず稼げないということになるだけですので、全身写真は体のラインがわかるよ正面からしっかりと撮りましょう。

まとめ

デリヘルで働き始める時の手間が省ける写メ面接について、その仕組みと採用されるためのコツをご紹介しました。
写メ面接は面接に行く手間が省けて、しかも合否の結果が出るのが早い非常に便利なシステムですので、写メ面接が可能なお店の場合ぜひ活用してみましょう。

そしてお店に送る写メは、顔を加工したり体型をごまかしたりせず、面接官に正確な見た目が伝わるような写真にしたほうがトラブルや手間が少なくなるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする