客入りの良いデリヘルで働きたいけど見極める方法あるの?

確かにデリヘルは風俗の中でも特に稼げる業種ですが、全ての風俗店が客入りの良い稼げるお店とは限りません。
デリヘル店の中には客入りが悪く、出勤しても指名されないことがあります。

たとえ優良店や高級店であっても閑散期ともなると客入りが悪くなり、暇過ぎる毎日を過ごすことになるかもしれません。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

暇過ぎるデリヘル店の特徴

書類いくらバックが高額で、手取りが良いからといって、客入りが悪ければデリヘル嬢は稼げません。
それだけに、デリヘルの求人広告をチェックする際には、手取りやバックだけでなく、客入りについても調べておく必要があります。

デリヘルは確かに稼ぎやすい仕事ですが、一年中儲かる仕事というわけではありません。
夏休みや冬休みのような連休の多い時期は稼げる繁忙期となるため、サービスが悪い不人気なデリヘル嬢であっても、指名がつきっぱなしとなり、手取りも高額になりやすいです。
その一方で閑散期となると指名がつかず、暇過ぎるあまりお茶引き嬢になってしまう恐れすらあります。
デリヘル嬢の給料は歩合制です。

いくら待遇の良いお店であっても、客入りが悪ければ稼げず、収入も少なくなります。
それだけに、デリヘルの求人を探す際には客入りが悪いお店だけは避けた方が良いのですが、客入りの悪い風俗店とはどのようなお店なのでしょう?
客入りが悪い風俗店に共通して言えることがあります。
それは、ホームページの更新度の遅さです。

ホームページをあまり更新しない風俗店というのは決まって客入りが悪く、暇過ぎる毎日を送っているものです。
一方で、毎日指名が入り、休む暇もないほどお客さんがつきっぱなしになるような忙しい風俗店ほど、ホームページはもちろん、写メ日記の更新頻度が高く、日に日に新しい情報が更新されるものです。
忙しい風俗店ほど仕事をサボらず、暇なお店ほど仕事をサボる傾向があるため、客入りの悪い風俗店はホームページの見栄えも悪く、サービスの質が悪いことが多いです。
さらに、面接時のスタッフの対応や、電話での対応の仕方が悪いお店や、まだ入店してもいない女性に写真を撮ることを強要するお店、本番を強要するお店も客入りが悪いお店である可能性が高いです。

そもそも、デリヘルは本番などせずとも稼げる業種です。
本番しないと客が獲れないということは、このお店は稼げていないと言っているようなものです。
他にも、お店に勤務しているデリヘル嬢からの評判が悪い店や、性病に感染した女性が多いお店も客入りが悪く、儲かっていない可能性が高いため、避けた方が賢明です。

客入りの良いデリヘル店の探し方

客入りの良いデリヘル店を見つける方法として、まずオススメなのがネット上の口コミや体験談です。
客入りの良いデリヘル店は、日々多くの男性に利用されています。
それだけに、ネット上にはそのお店の口コミや体験談が多く掲載されているものです。
吹き出し体験談や口コミをチェックすることで、事前にお店の雰囲気からデリヘル嬢のタイプ、サービスの質、店長やスタッフの対応の仕方などについて把握することが出来ます。

たとえ口コミや体験談の数が多いお店であっても、評判の悪いお店は避けた方が良いでしょう。
ネットで口コミや体験談をチェックし、良さそうなお店があったとしても、すぐに本入店はしない方が良いです。
まずは体験入店をして、実際にそのお店の雰囲気を直に体験し、調べてみましょう。
体験入店をする際に、このデリヘル店は普段、どのような方法でお客さんを集めているのか、集客方法を確認しておきましょう。

営業能力の高い風俗店ともなると、時期や季節に関係なく客入りが良いものです。
人気嬢でなくとも出勤すれば指名がつくでしょうし、つきっぱなしとまではいかなくとも、それなりの指名がつくものです。
体験入店中に集団待機所などで、他のデリヘル嬢がどの程度の頻度で指名されているのかも、調べておいた方が良いでしょう。
特にお茶引き嬢や暇過ぎる女性はいないか、しっかり確認しておきましょう。

体験入店をすることで、面接では答えてくれないような、お店の内部事情についても詳しく知ることが出来ます。
いくらお店のスタッフが客入りが良いと言ったところで、実際のところは自分の目で見ないと判断できません。
体験入店をし、実際に働くことが、客入りの有無を判断する最も良いやり方となります。

繁盛しているお店の特徴

デリヘル店に限らず、儲かっているお店というのはどこも活気があるものです。
従業員やスタッフは明るく、お客さんのみならずキャストにも丁寧に対応してくれるものです。
そういった人柄は面接や電話対応の時に出てくるものです。
それだけに、繁盛しているデリヘル店は、キャストはもちろん、店長やスタッフに至るまで、好感の持てる対応をしてくれます。

さらに、広告費に力を入れているだけあって、ホームページの質は高く、更新の頻度も高いです。
客入りが良く、繁盛しているデリヘル店は、在籍しているキャストが多いといった特徴があります。
なにしろ出勤すれば確実に稼げるわけですから、辞めるデリヘル嬢の数は少なく、長く勤めてくれるものです。
稼ぎが良いだけに、平日だろうと出勤するキャストの数が多いという特徴が繁盛しているお店にはあります。

出勤するキャストの数が多く、サービスの質が高く、さらに対応まで良いとなると、お客さんからの評判も高くなります。
それだけに、繁盛しているデリヘル店は会員登録しているお客さんの数も多いといった特徴があります。
会員登録しているお客さんの数が多いと、夏休みのような繁忙期はもちろん、特にイベントがないような閑散期であっても会員登録しているお客さんが来店してくれるため、季節に関係なく客入りが良くなります。

高級店の客入り

繁盛しているお店というと、つい大手や優良店、そして高級なデリヘル店をイメージするかもしれません。
確かに会員数の多い大手となると、繁忙期だろうと閑散期だろうとお客さんを呼ぶことが出来るため、高収入が期待できます。
ただし、同じ優良店でも、高級店が必ずしも客入りが良いとは限りません。
むしろ、高級店に関して言えば、たとえ優良店であっても客入りが悪くなることがあります。

なぜ高級店の客入りが悪いかといえば、それは高級店を利用する客層のほとんどが富裕層だからです。
日本は確かに経済的に恵まれた国ではありますが、だからといって富裕層の数まで多いというわけではありません。
むしろ、富裕層と呼ばれる人たちの数は少数派でしょう。
高級店を利用できる富裕層ともなると、その数は少なく、それだけに新規のお客さんを呼び込むのも一苦労です。

さらに、富裕層のお客さんの中には、時期によっては非常に忙しくなり、お店に通えないこともあります。
それだけに、高級店勤務のデリヘル嬢は、新規のお客さんを獲得するよりも、むしろ一人ひとりのお客さんに丁寧に接し、リピーターになってもらえるような努力をする必要があります。
たとえ客入りが悪くとも、リピーターとなってくれるお客さんが沢山いれば、それだけで収入を安定させることが出来ます。
特に高級店のお客さんともなると、高額の料金だろうと簡単に支払ってくれるため、大衆店のようなランクの低いデリヘル嬢ほど忙しく働く必要はありません。

たとえ客入りが悪かったとしても、少ない接客数で高収入が期待できる、それが高級店の強みとなります。
普通のデリヘル店の場合、客入りが悪いと収入が落ちてしまいますが、高級店に関していえば客入りの悪さはそれほどデメリットにはならないのです。
それだけに少ない労力で大金を稼ぎたいというのであれば、高級店がオススメかもしれません。

閑散期に稼ぐ方法

稼ぐそれほど人気のないデリヘル店であっても、繁忙期ともなると稼げる金額が否応なしに上がるものです。
なにせ繁忙期はどこのデリヘル店も予約でいっぱいになってしまうだけに、人気店を利用できなかったお客さんがワンランク下のデリヘルを利用することもあるからです。
そのため繁忙期になると、デリヘル店の中には働いてくれるデリヘル嬢を求めて好待遇で求人を出すことがあります。
繁忙期の求人ほどバック率が高く、手取りで稼げる給料も高額になるため、デリヘル嬢の仕事をするなら繁忙期が最もオススメです。

反対に、閑散期ともなると営業努力をしたところで客入りが悪いため、稼げる機会が減ります。
求人の数も減りますし、たとえ求人があったとしてもバック率が低く、手取りも安くなりやすいです。
このような背景もあってか、閑散期になると仕事をせず、繁忙期に稼いだお金で旅行に出かけたり、遊ぶ女性も多くいるものなのですが、借金の返済や子育てをしている女性の場合、閑散期であっても稼ぐ必要に迫られます。
風俗の世界における閑散期といえば、ボーナスが出る前の2月と11月にあたります。

この時期の男性はお金もなく、連休の予定もないため、滅多にデリヘルに行きません。
そんな閑散期となる時期でも稼ぐためには、繁忙期にしっかりリピーターを作り、閑散期にも指名してもらえるよう、約束を取り付ける必要があります。
事前に約束をしておくことで、いざ閑散期に突入しても指名され、稼ぐことが出来ます。
これ以外にも、閑散期に入ったら地元を離れ、稼げる地域へ出稼ぎに行くと、時期に関係なく高収入を期待できます。

何の対策も講じずに閑散期に突入すると、お茶引き嬢となり、暇過ぎる毎日を過ごすことになります。
いくら客入りの良いお店でも、閑散期ばかりは客足を増やすことが出来ません。
それだけに、閑散期になる前にリピーターを増やしたり、出稼ぎの準備をするなど、デリヘル嬢はしっかり対策をたてておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする