生フェラ拒否!どんな風俗客なら許されますか?特徴を教えて!

風俗嬢から生フェラを拒否された経験がある男性は多いと思います。
「嬢の機嫌が悪かったのかな」「店自体、禁止しているのかな」と、思いを馳せたこともあるでしょう。

生フェラしてもらえるかどうかは風俗嬢の気分で決まるわけではありません
男性の努力次第で生フェラしてもらえる可能性はかなり上がります。
ここでは生フェラしてもらえる男性とはどのような人なのか、から生フェラにおける性病のリスクまで詳しくご紹介しましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

嬢が生フェラを拒否する理由

生フェラ拒否!どんな風俗客なら許されますか?特徴を教えて!風俗嬢に「生フェラしてほしい」とお願いして断られた経験のある男性は多いはずです。
また、男性からの生フェラをお願いされても断ってきた風俗嬢もたくさんいるでしょう。
風俗嬢がお客様のフェラを断るのには、もちろん理由があります。
デリヘルの中では生フェラ可能な風俗嬢がいるかどうかをスタッフに聞けるお店もあります。

しかし、ソープの場合、お店のスタッフに「生フェラ可能な女の子はいますか」ときいても「お答えできません」といわれてしまうことが大半でしょう。
そもそも、ソープはお風呂屋さんにいったらそこにいる女の子とたまたま恋愛関係になったという設定であるからです。
風営法があるために、その設定を守らなければならないため、お店のスタッフはプレイに関する具体的な質問には答えてくれない場合が多いのです
ソープでは選んだ女の子が必ず生フェラをしてくれるかわからないため、生フェラのサービスをしてくれる風俗嬢にあたるまで通わなければならないのです。

「じゃあ、いつも通っているデリヘルのお気に入りの風俗嬢は、このまま通い続けても絶対に生フェラしてくれないの」「ソープに何度も通うお金なんて無い」とお思いの方もいるでしょう。
また、生フェラをする際に風俗嬢が注意すべき点についてもご説明しましょう。

生フェラしてもらえる男性の特徴

生フェラ自体を禁止している風俗店もありますが、ほとんどの風俗店は働く女の子に生フェラかゴム有りのフェラか、フェラ自体お断りか任せています

お店が風俗嬢に生フェラするかどうか任せているのなら「生フェラしてくれないのは女の子の気分次第」とお思いの男性もいると思いますが、決してそうではありません。
生フェラしてもいいかな、と風俗嬢が思えるように男性も心掛けなければ、生フェラを普段している風俗嬢にすらしてもらえません
まず、男性が生フェラをしてもらいたいのであれば、必ず気を付けなければいけない点があります。
それは「清潔感」と「性病」についてです。

風俗嬢に限らず女の子、いや人は清潔感のある人を好みますし、清潔感があるだけで信頼できる人にもなれます。
性病についてですが、性病なんて持っていると絶対に生フェラはしてくれません
それどころか、ゴム有りのフェラもしてもらえず、プレイ無しで強制帰還させられることもあります。
では、風俗嬢に好まれる清潔感とは何か、気を付けるべき性病とは何か、具体的にご説明します。

風俗嬢が思う「清潔感」とは?

拒否風俗嬢が生フェラをしても良いと思える「清潔感」についてご説明していきます。
風俗嬢に会う前にシャワーを浴びてくることは必須条件になります
いい匂いを香水で醸し出すよりも、シャンプーやボディーソープの香りの方が、清潔感がだせます。

風俗嬢に会う前にシャワーを浴びる際、気を付けるべき点があります。
それは風俗嬢が生フェラするかどうか決断する際、1番の判断材料になるペニスの洗い方についてです。
ペニスを洗う際は、隅々まで綺麗に洗いましょう
デリヘルやソープに行って、女の子がペニスを洗ってくれると思います。

このときにペニスが汚い風俗嬢もと生フェラしようという気がおきません。
ペニスは身体の中でも事前に最も綺麗な状態にしておくべきです。
次に髭や眉毛も整えていくほうが、より清潔感のある男性であることがアピールできます。
風俗嬢は普段から美容に気を付けているので眉毛や髭が整っていないことを気にする方もいます

次に、服装ですが高級ブランドで身を固めただけでは清潔感はでません。
コスパの良い洋服であっても高級ブランドの服であっても、綺麗にアイロンがかけられていいてシミやシワが無い状態にしましょう。
風俗嬢が求める清潔感とは、見た目に最低限こだわっていることと生フェラを行う際に口内に入れないといけないペニスの清潔感なのです

男性側が気を付けるべき性病について

男性が性病になっていると風俗嬢は100%生フェラをしてくれません
男性自身が気づいてない場合でも、風俗嬢は性病に詳しいのでペニスの状態をみただけで性病に感染しているかわかることもあります。
性病になってしまうと風俗嬢はお店から完治するまで働くことをとめられてしまいます。
風俗嬢にとって性病にかかってしまうことは給与が入らず生活できないリスクを持っているのです

風俗嬢に迷惑をかけたくなければ、風俗店に行く前に少しでも違和感た症状がある場合必ず病院で検査して治してからにしましょう。
また、男性側も風俗店に行き生フェラをしてもらう場合、性病にかかるリスクがあることは必ず頭に入れて置きましょう
風俗嬢に生フェラをしてもらう場合、粘膜と粘膜が合わさることになるので風俗嬢が性病を患っている場合、高確率で性病に感染します。
生フェラをしてもらう際、性病に感染するリスクを低く抑えるためにも、風俗店が定期的に性病の検査を風俗嬢たちに義務化しているかどうか確認しておきましょう

お店によったら料金をお客様が払ってくれるなら、オプションとして性病の検査を嬢に行わせることができる場合もありあます。
こういったオプションを完備しているお店の場合、お気に入りの風俗嬢だけでも、性病の検査をしてもらうといいかもしれません
高級店は性病に関しての検査に力を入れているお店も多いですが、激安店の場合、検査を義務化していない場合も少なくないので、性病を患っている嬢が働いている危険性があります。
激安店は、性病の検査や治療を風俗嬢に自費で行わせることがあるので、性病にかかっていてもそのまま働き続ける嬢が多いのです

シャワーヘッド粘膜と粘膜の接触でかかるHIVは一生治ることのない性病のひとつですし、たった1回のプレイや生フェラでも高確率でうつるクラミジアは嬢自身、自覚症状なく持っている場合があります。
同時に風俗嬢自身も生フェラを行う際に気を付けなければならないのが性病になります。
お客様のペニスをみてもわからない性病は多くあります
生フェラをおこない、一生ものの病気を患ってします危険性も考えながらプレイのサービス内容を考えましょう。

性病にかかってから後悔することがないように、生フェラをしてもらう側も生フェラをする側も、性病についてのリスクをしっかり把握しておきましょう。

まとめ

生フェラしてもらえる男性がどういった方であるのかについてご説明してきました。
生フェラが可能かどうかは風俗嬢の気分ではなく、男性側の努力で決まることも数多くあることをお伝えできたと思います

生フェラを普段している嬢でもペニスの状態がかなり汚い場合、生フェラのサービスをする気が起きません。
風俗嬢にとって、男性が「清潔感」を心掛けており、「性病」にかかっていないことが、生フェラの必須条件になります。
生フェラはゴム有りのフェラよりも快感を得ることができますが、粘膜と粘膜が交わるため、性病のリスクがあることも頭の中にとどめておかなければなりません
これは、男性側だけではなく、生フェラをおこなう風俗嬢も同じことです。

生フェラをおこなう際、性病のリスクがあることをしっかり理解しておきましょう。
生フェラをおこなってもらえるかどうかは「清潔感がある」ことと「性病にかかっていない」ことが必須ですが、最後は男性が風俗嬢にどういった接し方をするかで決まります。
風俗嬢は傲慢で命令口調の男性よりも、優しく誠実な男性から生フェラを頼まれたほうがサービスをしてあげたいと思うものです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする