デリヘルで働いているうちに性病にかかったらもう働けない?

これからデリヘルで働こうと考えている女性、もしくは現在デリヘルで働いている女性にとって、もしも性病になったら…という不安があると思います。
性病は「性感染症」といって、セックス以外にもキスやフェラチオなどによって感染します。
中には自覚症状がないものや、自分では分からない症状のものがあります。

ソフトなお店でも風俗で働いている以上、性病は避けては通れないリスクがあるのです。
でも性病に関する正しい知識と予防法を知っていれば、そのリスクを限りなくゼロに近づけることはできます。
性病が怖くてデリヘルで働くことを躊躇っている女性は、しっかりと自分の体を守る対策を行って不安を無くしましょう。
性病のリスクは「運」ではなく、対策によってその確率を下げることができますからね。

もし仮に性病にかかってしまった場合は、完治するまで出勤停止になるのが普通です。
デリヘルで訪れるお客さん全員に移してしまうことになるので、すぐにお店に報告しましょう。
お店が無理に出勤させるようであれば、女の子の体のことをまったく考えていない悪質店です。
そして在籍しているほかの女の子も性病にかかっている可能性が高く、お客さんを介してまた自分にも返ってくるかもしれないのです。

衛生管理が徹底されていないお店はすぐに辞めた方が良いでしょう。
デリヘルなどの無店舗型の場合、定期的な性病検査を義務づけていないところもあります。
早期発見できれば出勤停止期間が短くて済みますし、感染拡大を防げることに繋がります。
何よりも体が資本のお仕事ですから、体を壊してはこの先何にもなりません。

必要以上に怖がることはありませんが、少しでも体に異変を感じたら性病を疑った方が良いでしょう。
今回は性病にかからないための予防法や、もしも性病にかかってしまった場合、男性・女性にどのような症状が出るのかなどを解説したいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

最も感染しやすい「クラミジア」と「淋病」

風俗で働いていると、「クラミジア」と「淋病」に感染している女性がたくさん居ます。
特にクラミジアは、女性が感染する性病の中で一番感染者が多いと言われています。

これらの感染経路はセックスはもちろんのこと、ディープキス・フェラチオなどの性行為によるものです。
感染者の粘膜が、自分の粘膜に接触することで起こる「粘膜感染」が原因とされています。
いずれの性病も無症状である場合が多く、気付かないうちに感染しているのが怖いところです。
男性は「尿道」に感染するため、排尿時に軽い痛みがあったり、尿道から膿が出ることがあります。

女性は「子宮頸管」に感染するため、おりものが異常に多くなったり、不正出血を起こすことがあります。
子宮女性の過半数は無症状であることが特徴なので、見過ごしてしまう人がほとんどです。
感染に気づかず放っておくと、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。
感染するのは性器にとどまらず、フェラチオをした場合には「咽頭クラミジア」や「咽頭淋病」などのように喉にも感染します。

咽頭に感染した時においても、軽い喉の腫れや痛みしか症状が出ないため気づかないことが多いと言われています。
性病は「早期発見&治療」がもっとも大事です。
定期的に性病検査を行うことで、見過ごしてしまいがちなクラミジアや淋病など、あらゆる性病に気づくことができます。
早期であれば、痛みやそこから発展する病気にならず完治させることが可能です。

お客さんに性病検査をすることはできないので、デリヘル嬢はいつも性病に感染するリスクを背負っています。
このことは誰にでも当てはまるリスクですので、他人事だと思わずに定期的な検査へ行くことをおすすめします。

性病に感染しているお客さんを見分ける方法とは?

虫眼鏡デリヘルで働くと、さまざまなお客さんを接客する機会が増えます。
不特定多数の男性を相手にするので、当然性病になるリスクも高くなります。

デリヘル勤務で性病にならないためには、性病に感染しているお客さんを見抜くのも仕事のひとつです。
それはプレイ前に、必ずお客さんの下半身を確認することです。
プレイに入ってしまうと部屋が暗くて見えなかったり、集中して確認することはできません。
一緒にシャワーを浴びるときに、お客さんの体を洗いながらしっかりチェックすることが大切です。

下半身を洗うときには、ペニスにイボがないか?
膿が出ていないか?
ただれたり出血していないか?
などに注意して洗いましょう。

またボディソープにグリンス(消毒液)を混ぜて洗うときに、染みて痛がらないか?というのもポイントです。
このとき万が一、性器に異常があった場合は必ずコンドームを着用してもらうか、サービスの中止が求められます。
ちょっと言いづらいかもしれませんが、自分の身を守るためにここで無理をする必要はありません。

クラミジアや淋病は強い感染力を持つので、病原菌を持っている性器と自分の粘膜が触れた瞬間に移ってしまいますので十分注意しましょう。
お客さんはプレイ前にシャワーを浴びるのがルールとなっていますが、中にはこれを拒む人がいます。
プレイ時間の短縮をしたいために「さっき入ったから大丈夫」などと言って嫌がります。
ですが実は性病を患っているペニスを見られたくない場合もあるかもしれません。

デリヘルのシャワーを浴びるという大前提のルールを守ろうとしないお客さんの性器は、しっかりチェックしておくと良いでしょう。

性病0を目指して「自己管理」

デリヘルで働いていても、限りなく性病を0にするために自己管理が大切です。
デリヘル嬢が一日で接客する人数はだいたい5名と言われていますので、プレイ前後にできることを覚えておくと良いでしょう。

性器

ボディソープで性器を洗いすぎると、善玉菌が減り性病に感染するリスクが高まります。

粘膜を良好に保つための善玉菌を洗い流してしまうことになるので、プレイ後はお湯で流す方が良いです。
仕事が終わり家に帰ったら、膣内洗浄をしましょう。
トイレにもビデがありますが衛生的ではないので、薬局にある使い捨てのビデがおすすめです。

咽頭クラミジア・咽頭淋病にならないために、プレイ後はしっかり消毒液でうがいをしましょう。

コップ 水接客後は菌を保有しているときなので、すぐに洗い流すことが大切です。
次のお客さんを接客するまでに、トローチや喉スプレーを服用すると効果は絶大です。
以上が自分で最低限できる予防法となります。
もちろんそれ以外にも「本番行為は絶対にしないこと」や「体調が良くないときには出勤しないこと」など、明らかに性病に感染するリスクがある行為は避けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
自覚症状がない性病もたくさんあるので、定期的な検査はもちろん、性病に対して日頃から意識を高めておくことが大切です。
性を扱う業界ですので、自分の身は自分で守らなければ安定して仕事を続けていくことは難しくなります。

進行すればするほど、他の性病にかかりやすくなり治療にも長い時間がかかります。
もし性病に感染してしまっていても早めに医療機関を受診すれば、薬で治るものがほとんどです。
泌尿器科、性病科、婦人科など、どこの医療機関でも診てもらえます。
早期治療をすることで、少なくとも命を落とすことはないでしょう。

デリヘルで働く女性は、ぜひ自己管理をして性病感染0を目指してほしいです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする