トラブルが原因でデリヘルを辞めることになった事ある?

風俗は基本的に「去る者は追わず、来るものは拒まず」の考えで求人を出しています。
その為、季節や日にちに関係なく、在籍が可能であり、辞める時も自由なタイミングで辞めることが出来ます。
そんな、在籍に緩い風俗でも、店側からクビを言い渡すことがあります。

仕事である以上は、店の利益、悪影響を与える存在にはクビを言い渡します。
店の信用無くすことや、他の風俗嬢が犠牲になるようなトラブルでは、特に厳しく判断するでしょう。
ですが、実際にトラブルと言ってもピンと来ないかもしれません。
特に初心者など、風俗業に疎ければなおさらです。

そんな、真面目に働く上で不安になる「クビになる程のトラブルとは何か?」を調べてみましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルで退店させられることって多いの?

拒絶結論から言えば退店(クビ)になることはあります。
ですが、そのほとんどは退店前に警告があるなど、警察沙汰でなければ問答無用にクビになることはありません。

クビの理由を一言でいえば「店の利益にならない」事です。
採用されている以上は女性に期待しているのですが、何らかの理由から「風俗店に悪影響を及ぼす」「在籍していても稼ぐことが出来ない」「外部からトラブルを持ち込む」「犯罪に手を染める」など、他の会社でもクビになる事になると、期待していても退店してもらうしかなくなります。
ただ、店舗によっては「頑張っていても指名が取れない」など、店の利益にならなくても本人の頑張りが認められば在籍を許してくれるところは多くあります。
もしクビの心配がある様なら面接の際に聞いてみましょう。

サービス業だということを自覚し、明るく真面目に接待をして、犯罪行為を行わなければクビになる心配はほとんどありません。
清く正しく美しく仕事をしましょう。

退店が必要なほどのトラブルって?

客からのクレームが多い

客は千差万別で、すべての客を満足させることは不可能に近く、偶にはクレームも来るとは思いますが、ほとんどの場合は店側もわかっている為、問題にはなりません。

ですが、「クレームが明らかに多い」風俗嬢の場合は問題になります。
クレームの内容は「不潔」「態度が悪い」「プレイを拒否された」などがあり、明らかに風俗嬢が原因と思われる場合は注意されます。
そして、注意しても治らない場合は仕方なくクビを言い渡します。
特にデリヘルでは、スタッフが近くにおらず羽目を外してしまいクレームに繋がることが多いです。

ただ、激安店については「安かろう悪かろう」の考えでクレームを入れない客もおり、店側もそれを承知でクレームが多くても気にしないところもあります。
このような例外はありますが、客商売としてクレームは致命的な問題です。
悪い噂が流れれば指名が減ってしまい稼ぐことが出来なくなります。
クレームが多い見た目だけは綺麗な風俗嬢を「地雷風俗嬢」などと呼ばれたりします。

そんな名誉な呼び名をいただかないようにする為、対応をしっかりと行い、クレームが少なくなるように努力しましょう。

勤務態度が悪い

風俗に限らずマナーが悪い人は会社から嫌われます。
「遅刻欠席が目立つ」「客やスタッフへの態度が悪い」「我儘を言う」など、社会人として働くのはどうか?と疑問に持つようなことが続くとクビになります。
特に新人では著明に出やすく、先輩や雇先、客への挨拶など目に見える部分は特に目立ちます。
当然そのような人とは一緒に仕事をしたくないですし、客も楽しくありません。
その結果、「あの店の風俗嬢は態度が悪い」と店舗全体に悪影響が出る為、辞めてもらいます。

ただし例外として、「挨拶が出来ないのは悪意ではなく奥手だから」「態度が悪くてもそれを上回る利益があるから」など、見方によって許される人もいます。
それでも、礼儀は社会人としてもマナーです。
できないのなら頑張り、自身がされて嫌なことはしない様にして、学習しましょう。
別に、尊敬語やへりくだれというわけではありません。

言葉遣いと態度を少し変え、自分本位の考えを捨てる様にしましょう。

裏引きをした

お金 手言ってしまえば金銭トラブルです。
デリヘルではプレイ前に客から料金を貰いますが、料金を多く請求し、その差額を自分の物にするのが「裏引き」です。

読んでわかるように、客を騙し、風俗店の利益を横領している、立派な犯罪です。
犯罪者は当然在籍させるわけにはいきませんし、事実がバレれば風俗店の信用も失うでしょう。
被害と信用を守る為クビにします。
他にも金銭トラブルはあり、「客や同僚の財布から抜き取る」「店の貯金から持ち出す」「客と別口でやり取りをする」など、犯罪・トラブルの種になることをすればクビです。

金に困って風俗で働く女性も多く、少しならと金に魅了されるかもしれませんが、行為は犯罪行為や業界のタブー行為です。
場合によっては逮捕も十分考えられる為、絶対にしてはいけません。

犯罪行為をする

どこでもそうですが、犯罪者を雇うわけにはいきません。

犯罪が露見した時点で店を辞めてもらいます。
「店の備品を盗む」「客や同僚の荷物を盗む」などの窃盗の話は多く、場合によっては逮捕になることがあります。
他にも、違法薬物による問題があります。
昔は違法薬物で金がなくなり風俗に来る人も居たらしいのですが、現在はほとんど見ません。

それよりも、客から勧められることがあります。
客が薬の危険性を知っているかはわかりませんが、「スッキリする」「疲れが飛ぶ」などの理由から勧められます。
違法薬物の使用は危険であり、所有だけでも逮捕されます。
「君子危うきに近寄らず」と言いますが、怪しいことには関わらない様にしましょう。

それと、当然ですが風俗店の中だけではありません。
普段の生活でも犯罪はご法度です。
金銭トラブルでもそうですが、犯罪者を雇うことは信用問題になり、場合によっては店の存続にも繋がります。
その為、クビは当然の処置です。

辞める辞めないに関わらず絶対に犯罪行為はやめましょう。

風紀を乱した

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、会社や団体に属するときはそこの決まりに従わなければなりません。
また、同時に風紀を守らなければなりません。

これは風俗でも同じで、店舗ごとの決まりや店の風紀を乱すような風俗嬢な場合、辞めてもらう必要があります。
デリヘルの待機室の多くは大部屋で複数人待機が多いですが、中には風紀を守る為、個室にしている所もあります。
これは、一緒に待機している時に連絡先の交換や、派閥の形成を防ぐ為に行っているそうです。
派閥が出来ると、気に入らない新人を虐めたりなどの陰気なことが起きやすくなり、店全体が悪くなることがあります。

連絡先の交換禁止は、風俗嬢同士が仲良くなること自体は良いことですが、同時にトラブルも発生しやすくなるからです。
スマートフォン他人の成功は妬ましく、稼げている風俗嬢にはちょっかいを出したくなりますし、固定客の奪い合いなどで喧嘩に発展することもあります。
また、悪い友人ではないですが「悪い風俗嬢」に他の風俗嬢が引っかかる危険があり、「借金の保証人」「ホストへの紹介」「他店への引き抜き」など悪い道へ進めようとします。
特に他店への引き向きはHPの注意書きにもあるように、風俗業のタブー行為です。

これらの「同僚への被害」「同僚の仕事を邪魔」をする困った風俗嬢は、店舗の風紀を乱す迷惑な存在としてクビにさせられます。

性病が発覚した

性病を発症することで、その間仕事が出来なくなります。
その為、仕事を辞めさせるところもあるそうです。

性病の風俗嬢が在籍していることで、「他の風俗嬢も性病にかかっているのではないか?」「店の性病対策が悪いのではないか?」と思われるようになり、安全の為客足が遠のく可能性があります。
それを防ぐ為、悪い風俗店は性病の風俗嬢を切り捨てる事をします。

これらはあくまでも「悪い風俗店」であって、多くの風俗店ではそのようなことはしません。
性病対策はしていますし、性病になった風俗嬢は一時的に出店禁止なだけで治れば復帰できます。
性病は気をつけていても防ぎきれるものではありません。
長く稼ぐためにも性病に理解がある風俗店を探しましょう。

それと、一応弁明ですが、退店させられても性病が治れば再度面接できるところもあります。
風俗嬢の立場はバイトであり、自由が利きます。
稼げない間も別のバイトが出来るなど、自由に行動できるように一旦辞めさせるという考えのところもある為、辞めた店舗に戻ることを考えているなら、辞める時や面接時に聞いてみるといいでしょう。

風俗店にバレた!

例を挙げるなら「経歴詐欺」が当たります。
バレても黙っている所が多いですが、経歴詐称で働くことは犯罪行為です。
特に、年齢詐欺の未成年は問題になっており、デリヘルなどの人とあまり接しない風俗では簡単にできてしまいます。
他にも「本番行為がバレた」「ライバル店との二重在籍がバレた」「バイトの掛け持ちがバレた」など禁止行為が露見したことでルール違反となり、辞めさせられることもあります。

退店しても落ち込まない

クビになった女性の中には「頑張っていたのに無理だった」「私は悪くないのに」など、後悔や未練を持つ人もきっといるでしょう。
ですが、落ち込む必要は決してありません。
今回はダメだったけれど、自分の欠点を知ることが出来たと前向きに考えましょう。
そして、風俗店も理由があり、仕方なくクビにした理由が有るのだから、逆恨みをせずに、再びクビにならない様に改善と注意をしながら、次の店を探しましょう。

どうしても納得いかない場合

強制退店をさせられ、理由を聞いても納得がいかない場合は、不当解雇ということで弁護士に相談という手もあります。
理由が不当な場合は、店舗に復帰できたり、損害賠償を請求することが出来ます。
ただ、この方法はおすすめはできません。

店側も店舗を守る為、仕方なくクビにしている為ほとんどの場合は不当ではなく、裁判などをしても負ける可能性が高いからです。
また、たとえ勝利しても風俗店との関係は悪くなり、居心地が良くないでしょう。
仮に誰から見ても不当でも、そんな店で「もう一度働きたい?」と疑問に思います。

ともかく、弁護士に相談は金も時間も無駄になる可能性が高い為、前の風俗店の事はさっさと忘れて次を探すべきだと思います。
ただし、再びクビにならない様に、指摘された部分は納得がいかなくても改善しましょう。

デリヘルを辞めたいのに!トラブルに巻き込まれ辞められない!

風俗を辞める時はほとんどがクビではなく、自分から辞めます。
その理由も「目標金額が集まった」「結婚する」「進学する」など様々です。

ほとんどの店舗では、辞めると伝えれば円満に退店することが出来ますが、中には引き止められたりなどトラブルになる場合もあります。
他の仕事の様に「もう少し頑張ってみない?」「いなくなると困るから助けると思って」などの説得なら強引に拒絶することは可能ですが、中には「風俗していたのをバラす」「適当にでっち上げた借金を請求される」「辞める為には最低数年働く必要がある」など悪質な引き止めもあります。
そのような悪質な場合は「警察」や「弁護士」に相談するといいでしょう。

警察退職を引き止める法律はなく、引き止めるには情に訴えるしかありません。
その為、無理に引き止めることは恐喝など違法行為であり、訴えればほとんどが勝利することが出来ます。
辞めたいときはきっぱりと辞めてしまい、自分の人生を犠牲にしない様にしましょう。

まとめ

ほとんどの風俗店では、まじめに働いていている風俗嬢をクビにはしません。

ですが、クビにしなければならない女性もいます。
店も採用している以上は期待しており、可能ならばクビになんかしたくないと思っています。
そんな思いがあっても、クビを言い渡すからには何かしらの理由があるということです。
もし、クビを言い渡されてしまっても逆恨みをせずに、理由を考えてみてください。

そして、理由をないがしろにせず、再びクビにならない様に改善を心がけてください。
そうすれば、クビにならないだけではなく、スタッフや客から気に入られ、より一層稼ぐことが出来るでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする