デリヘルの面接マニュアルを理解すれば絶対合格!

風俗業界の仕事は他の職業と比較して特殊なことや独自のルールというものが存在しています。
このためデリヘルの面接を受けに行く際、一般常識なども度外視して面接に臨む方もいらっしゃいます。
こういった女性は当然のように不採用になります。
ここではデリヘルに合格するためのポイントについて紹介していきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルの面接方法はさまざま

デリヘルは現在主流の風俗ジャンルになります。
無店舗型でありハコモノ風俗のように新規出店するのに不可能な条件を設けられているわけではありませんから、簡単に出店をすることができ、店舗数は非常に増えている状況です。
グラフ 上昇新しいデリヘルは誕生するものの、そこで働いてくれるキャストの女の子の確保が足りていない。

こういった事情から門戸を広くして女の子を常に募集しているというのがデリヘル業界の現状になります。
またコンセプトが明確でなかったり、料金とサービスの満足度が足りていないと判断されるようなデリヘルは1年も持たずにどんどんと廃業に追い込まれている状況です。
このため大手風俗チェーンから個人経営のデリヘルまで風俗求人サイトやホームページなどで募集をしているわけですが、さまざまな面接方法を採用しています。
通常の来店タイプの面接から、喫茶店などでの面接はもちろん。
インターネットからのエントリー、LINEなどのスマホアプリでのエントリーや面接。
無料通話アプリなどでのテレビ電話面接。
出張面接などさまざまな面接方法を採用しています。

女の子にアドバンテージがあるけれど

デリヘルは需要が高いため、買い手市場よりも売り手市場であり、キャストになってもらえる女性側にアドバンテージがあるように思えます。
ただし、だからといってどんな人間でも採用するのかといえば、それは話が別です。
一般的な仕事やアルバイトの面接ではあり得ないほど優遇されていますが、採用基準については他の業界とさほど変わらない条件が用意されていますから、それをクリア出来なければ、風俗の面接には落とされてしまうことになります。
まず覚えておいて欲しいのは、「超高級」や「高級」と看板がつくデリヘルでは、容姿や人間性を求められるのはもちろん、プラスαの条件として「読モ」「AV女優」「CA」「タレント」「アイドル」といったスペックも求められることになるため、なかなか採用されることは難しいです。

そこから大衆店や格安店の場合には、ある程度に条件面のハードルは低くなりますが、それでも面接に行けば即採用なんて保証はどこにもありません。
こういったデリヘルのランクによる採用条件の違いとどのランクのデリヘルでも「共通して不採用にされてしまう条件」があるということを覚えておきましょう。

不採用にされないために押さえておきたい条件

リスト風俗店とはいえ、最低限の人間性や社会常識のようなものを見に付けていない女性であると判断された場合には、不採用にされてしまうケースが多いです。

ここでは面接マニュアルの中に記されているNG条件を紹介しますので参考にしてみましょう。

嘘の情報を提供する

デジタル化されペーパーレスの時代ですから、履歴書などを重要視しているデリヘル店は少ないものです。
WEBなどからエントリーするのが一般的なのですが、その中に嘘の情報を記述していると発覚した場合には、当然に不採用にされます。

年齢のサバ読みや、前職や現職のステータスがまるっきり嘘。
スリーサイズに関しても嘘だったり、写真も画像加工アプリなどで加工しており、実物と全く違うといったこと。
こういった「嘘」をつく女性は門戸が広い風俗業界であっても欲しいとは思ってくれません。
ですから自分の情報は正直に記載するようにしましょう。

一般常識がなさすぎる子

他にも一般常識がない女の子も不採用にされます。
面接中に足を組んだり、腕組みをしている。
喫茶店などでの面接を良いことにガムを噛んでいたり、タバコを吸ったりなんてアクションを起こす。

スマホを常にいじりながら話を聞くなんて態度の女性も採用されることはほぼないでしょう。
どうしてかというと、接客業であるから。
あまりに一般常識がない場合には、お客さんをイライラとさせるだけでお店の評判を落とすだけの厄介なキャストになりかねません。
普通の女性ならあり得ないでしょ?

ということも風俗という特殊なジャンルの仕事では普通にありえる話ですから気をつけましょう。

身だしなみ等に一切気を使っていない

風俗の仕事は少なからず外見面を重要視される職業になります。
それにも関わらず、面接時にヘアスタイルは寝起きのままか?と思えるほどにボサボサの状態だったり、洋服が完全に男ウケいないもの。
清潔感が感じられないもの。
爪などが黒ずんでいる状態といった身だしなみの部分で全く気を使っていないと思われてしまった場合には、お客さんも同様の感覚を持つはずですから、お店の評判を落とすと判断されてしまい、不採用にされる可能性が高いと言えるでしょう。

時間に対してルーズ

他にも時間に対してルーズな人も不採用にされる可能性が高いです。
面接の予定時間に遅刻してやってくる。
連絡もなく普通に遅刻してくる。
こういった女性はデリヘルでは不採用にされます。

デリヘルは時間帯で料金が発生します。
お客さんから依頼があって、その時間通りにプレイしたい指定場所に赴かなければお客さんに不快感を持たれます。
またプレイ時間に応じて料金が変わってきます。
時間内に満足してもらえるサービスを提供できない女性もまたお客さんからすれば不快感を持たれることになるわけです。

そもそも出勤予定なのにも関わらずお店に顔を出さない。
予定よりも平気で遅刻されるとなれば商売的に成り立ちませんから営業することができなくなりますよね。
連絡もせず平気で遅刻をし、更に面接時に開口一番謝罪もないようなら即不採用だと思って間違いないでしょう。

言葉使いを知らない

吹き出し最後に敬語を筆頭に言葉使いが全く知らないということも不採用の対象になってしまいます。
謙譲語と尊敬語の使い分けまでしろとは言いませんが、最低限「です、ます口調」で話すことができるかどうかはやはり採用のポイントになります。
電話をして自分の名前も名乗らずに「明日からでも働ける感じですか~?」なんてノリの電話対応の場合、確実に不採用にされてしまいますから注意するようにしましょう。

口調や一般常識の部分でやはり問題があると思われてしまいます。
まずは自分の名前を名乗り、それなりの敬語を使って面接の予約を取ることから始めるのが常識的なアクションになりますよ。
風俗業界ということで「こっちは初対面のキモ男に体を提供してやるんだから…」「働いてやってる」なんて上から目線の場合には、残念ながら接客態度に問題ありと思われたり、人間性に難があると感じられ不採用にされますから注意しましょう。

デリヘルだからと侮らないこと

デリヘルを筆頭に風俗業界だからといって下に見るようにしないことが前提になります。
風俗業界の仕事はある意味で究極の接客業になります。
接客業は本当に沢山存在しますが、飲食店でもなんでもそこで働く人間の対応によって良い気分にも悪い気分にもなるものですよね。
ですからあくまで接客業ということを忘れなければ、面接に臨む際の態度なども自然と把握できるはずです。

少なからず風俗業界を舐めていると感じられるような態度が垣間見られれば不採用にされてしまうことになるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする