マットヘルスの収入はテクニックに比例する?客入りの方が重要?

日本のように沢山の風俗ジャンルが存在する場合では、どのジャンルの風俗店で働くかは非常に大きなポイントになってきますよね。
マッチした風俗店に在籍しなければ報酬額が変わってくることはもちろん、長続きできしないことになりかねません。
中でもマットヘルスに関しては一般的なデリヘルやソープなどと比較し、店舗数が少なく情報も少ないため、さまざまな疑問を抱かれる方が多いものです。
沢山あるマットヘルスへの疑問の中でも、稼ぐためにはテクニックが必須なのか。

また客入りが大事で回転率で勝負すべきなのかといったいわゆる「マットヘルスで有効な稼ぎ方」について。
ここではマットヘルスの収入はテクニックに比例するのか。
また回転率の方を重視すべきなのかについて紹介していきましょう。

最低限のテクニックは必要

注意マットヘルスのウリであるマットプレイはそもそもはソープでしか堪能することが出来ないプレイでした。
ソープの場合には、とにかく高額なコストが掛かる。
だけれどもマットプレイは大好きだ。
こういった風俗ファンに向けて誕生したのがマットヘルスというわけです。

本番はないけれど基本的にはデリヘルや箱ヘルと変わらないヘルスサービスを受けられる場所。
しかしこれらと違っているのは、ローションを使った濃厚なマットプレイが堪能できるというのは他ジャンルの風俗との違いになりますから、マットテクニックを持っていることが最低限の条件といえます。
このためマットヘルスは通常の箱ヘルやランクが同等のデリヘルなどよりも料金が高めに設定されているのです。
マットプレイを楽しみにマットヘルスを訪れているのにマットテクニックがありません。

通常のヘルス店と同じようなサービスしか提供出来ませんとなれば、お客さんにとってみると何の旨味もない風俗になってしまうわけです。
ですからマットヘルスで働く以上は最低限のマットテクニックを習得しておくことが大前提になります。

マットヘルスで稼げる嬢の特徴は?

一般的に風俗店で人気が高い女の子というのは、ルックスやスタイルが良いなどヴィジュアルレベルが高い子というイメージがあります。

確かにこういったスペックの高い女の子は人気が出ますが、それだけでは稼ぐことは出来ません。
ポイントはお客さんが望んでいるサービスを提供することが出来るかどうかが稼げる女の子になるための秘訣になります。
まして現代ではアイドルなども「身近に会える」などの「親近感」をウリにしているところがほとんど。
従来であれば10人中10人がカワイイだとか、美人だと評価するような女性が人気になると思われがちでしたが、ルックスはイマイチでもしっかりとサービスを提供してくれ、「自分がサポートして人気モノにしたい」だとか、「自分だけのモノ」という親近感を抱かせてくれる風俗嬢が人気が高いのです。

マットヘルスでも稼げる女の子というのは、訪れる男性客のニーズを汲み取り、それをしっかりと提供してあげ、快感と同時に癒やしを提供しているという共通点があるものです。
またマットプレイの特徴は超密着にありますから、女の子が憧れる骨が浮き出るほどのスレンダー体系ではなく、スレンダーであってもグラマーだったり、少々ぽっちゃりでも肉付きが良い女の子が好まれます。

テクニックがあれば回転数を上げられる

矢印 上マットヘルスの場合60分のプレイ時間だったとしても、ローションを作ったりプレイ後の後片付けなどを考えると実質のプレイ時間は30分前後になると言えます。

この短時間で発射まで導く必要がありますから、必然的にテクニックは求められるわけですね。
マットテクニックはそれぞれのお店でも違いますし、売れっ子のマットヘルス嬢の場合には、従来のマット技を改良して自分だけのオリジナル技に昇華させている子も多いのです。
結果として上手に射精をコントロールして、その気になればものの3分前後で発射まで導けるという女の子も少なくありません。
このくらいのテクニックがあれば、接客にも余裕が生まれ駆け引きなども使うことも出来ますから、報酬がアップするのは当然です。

いつでも抜けるマットテクニックがあれば、回転数を上げて多くのお客さんを相手にし、高い報酬を稼ぐことが出来るようになります。
つまりマットヘルスの場合、テクニックは報酬に比例するといっても過言ではないということです。

差別化を図ることが重要

前述でも述べましたがマットヘルス店に来ているのにそこら辺のデリヘルと同じサービスしか受けられないというのでは、何のために訪れたのか意味がなくなってしまいます。

マットヘルスという風俗ジャンルに通う男性客は、他の風俗ジャンルに行かずどうしてマットヘルス店を選んでくれるのかということを冷静に考えてみるべきでしょう。
風俗客は大きく分けて新規客とリピーターとに分けることが出来ます。
お店側は新規のお客さんを集客しようと風俗媒体などに宣伝を行っていきます。
しかしながら宣伝を沢山すればそれだけ新規客の獲得に繋がるといえばそうではないのです。

売れている風俗嬢というのは、新規で相手にした男性客を虜にしてそれをリピーターにつなげます。
リピーターは風俗店がいくら頑張っても獲得できるかは微妙なところ。
要は最初に接客した女の子のサービスが悪ければ二度と通わないと思われても仕方ないのです。
逆に最初の接客が良ければまた同じ女の子とプレイをしたいと思うでしょうし、同じお店の他の女の子はどうなんだろう?と興味や関心を惹くことが出来るわけです。
マットヘルスが他の風俗と何が違うのか。
それにプラスして同じマットヘルス店でも他のマットヘルス店と自分のお店は何が違うのか。
同じお店に在籍している他の女の子と自分は何が違うのか。

ここまで細かく突き詰めて接客をしていくことで初めて他の女の子とは違いあなた自身に特別感が生まれるようになります。
この特別感を持つということは風俗嬢として高額な報酬を稼ぐためには非常に重要なポイントになってきます。
容姿やテクニックはもちろんですがありとあらゆる考えつくことを実際に試していき、お客さんにとってあなたがどうしたら特別な女性として認識されるかを模索していくことがマットヘルスのみならず風俗嬢として売れっ子になるための近道と言えるでしょう。

誰でもしていることをしても意味はないけれど

風俗嬢は1度の出勤で何人もの男性客の相手をします。
男性特にマットヘルスの場合ローションやシャワーなどを繰り返すため、肌へのダメージも大きく人数をこなせばこなすほど気が滅入ってしまう気持ちは痛いほど分かります。
売れっ子になりたいからと、最初のお客さんから最後のお客さんまで同じようなサービスを提供しようとするのは誰でも考えることであり、この程度ではリピーターに繋がりません。
プラスαのサービスを考え実行していきましょう。

テクニックは報酬に比例するが…

マットヘルスではテクニックがあると回転数もコントロールすることができるため比例して報酬を上げていくことが可能です。
しかしながら、高額な報酬を稼げる女の子というのは、ただテクニックがあるという条件だけではありません。
数多くある風俗ジャンルの中で何を求めてマットヘルスを利用しているのか。

また同ジャンルの他店や同じ店舗の他の女の子と自分とでは何か違うのかという差別化を図り、特別感を出すことが何よりも重要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする