マットヘルスで稼げる平均日給と最低保証額はいくらくらい?

近年の風俗業界は地方エリアであまり客入りの多くないお店に在籍し、これといったウリがない風俗嬢の場合には、そこら辺のサラリーマンの月給とほぼ変わらない稼ぎしか得られないという厳しい状況です。
そんな状況でも他のアルバイトなどに就くよりは稼げるとして風俗業界に足を踏み入れる女性は後を絶ちません。
彼女たちの中の関心は一体どの風俗ジャンルが稼げるのか?
その中で注目されているのがマットヘルスです。

マットヘルスでは一体どのくらいの平均日給なのか。
また最低保障額はいくらくらいなのかをここでは紹介していきましょう。

現在の風俗嬢の現状

女性 下着その昔、風俗業界といえば短期間で何千万なんてお金を稼げる職業として注目されていました。

このため借金などの返済やどうしてもまとまったお金が短期間で欲しいという女性が風俗業界に入ってきていたわけです。
しかしながら現在の風俗業界では世の中が不景気になってしまったことにも多大な影響を受け、デフレ化してしまったという状態にあります。
お店ごとのランク分けがなされ、安かろう悪かろうという格安店と高いけれども在籍している女の子の質やスペックが高い高級店とが誕生しました。
結果として現在では平均的な日給の稼ぎが3万円から5万円という風俗嬢が増えています。

7万円以上も稼ぐような風俗嬢は「超」がつく高級店で客単価がかなり高いお店に在籍している。
もしくは大衆店などでも人気が非常に高くお店のナンバークラスになっている女性などに限られてきます。
やる気がなかったり接客のコツがつかめていない。
またお店選びなどにそもそも失敗してしまっている風俗嬢は日給で1万円前後しか稼げておらず、月収にすると30万円前後という方も珍しくないのが現状なのです。

こういったいわゆる「売れない風俗嬢」になってしまうのは、日々の営業努力などのやる気が足りていないケースはもちろん、やはり稼げる風俗ジャンルに対して鈍感であること。
在籍するお店を選ぶ際、ロクなリサーチもせずに簡単に決めてしまっているなどの共通点があるものです。

マットヘルスの平均日給はどのくらい?

ズバリ結論からいえば、マットヘルスの平均日給額は3万5000円から5万円前後と言えます。

マットヘルスの場合には、箱ヘルとは違いマットプレイをしなければなりません。
ある程度にテクニックを習得する必要があり、風俗業界の中でも「専門職」的なジャンルになりますから、デリヘルや箱ヘルと比較しても客単価は高めと言えるでしょう。
その分プレイ時間は短くなってしまう傾向がありますが、根強いマットプレイ人気があるため客足は多く回転率が高いという特徴を持っています。
大体6時間も待機していれば数人のお客を相手にすることができ3万5000円以上は稼ぐことが可能です。

ただしマットヘルスがあるエリアというのは大体決まっています。
プレイに必須のマットを持ち運んでデリバリーでもサービスするというのは現実的ではありませんから、ほとんどはハコモノ風俗店になります。
現在の日本のルールではハコモノ風俗店の新規出店はほぼ不可能な状況になっており、ほとんどが各地の主要エリアにあるいわゆる「ピンク街」が残されている場所に限られます。
こういった場所は、地方や都会エリアなどの違いによって「格差」がありますから、同じサービスを提供していても日給に差が出て来るのは当然なのです。

こういった中から移動距離なども含め、物理的に出勤が可能なエリアに絞り、限られたお店の中からよりよい待遇で迎えてくれるマットヘルス店を選ぶことが高い日給を稼ぐためのキーポイントになってきます。

マットヘルスの最低日給保証は?

疑問符マットヘルスは前述にも紹介したとおり、その数が限られているのが現状です。
このため老舗店が多く、新規のキャスト獲得のためさまざまな営業努力をしているところがほとんど。

大げさでもなんでもなく、キャストの女の子に対して高待遇をしてくれるお店がほとんどです。
またハコモノの唯一のデメリットとなる身バレや家族バレの対策として「出稼ぎ嬢」をコンスタントに受け入れていることも特徴です。
出稼ぎ嬢を獲得するための手段として使っているのが「最低日給保証」のシステムです。
こういった「うまみ」がなければ、なかなかわざわざ出張をしてまで風俗店で稼ごうとする女性を取り込むことは難しいわけです。

お店によっての差はありますが、5日間前後の出稼ぎの場合の最低日給保証は3万5000円前後。
一週間フル出勤の場合での最低日給保証額は4万円前後。
10日以上の出稼ぎなどであれば最低日給保証額は5万円程度が期待できるといえるでしょう。
ある程度に特殊なテクニックが必要であり、根強いファンが存在するマットヘルス店だからこそ出来る高待遇といえますね。

最低保証額は当然にある程度の出勤条件を満たす必要があります。
それぞれのお店によって1日の待機時間が最低6時間以上だとか8時間以上といった風に設定されているため、事前にチェックをして自分が可能な条件かどうかを確認しておきましょう。

選択肢が少ないからこそ慎重に

エリアの違いによっても、お店の違いによってもバック率や回転率、更に最低保証金額やそれを受けるための条件は違ってくるのです。

現在、風俗業界の主力になっているデリヘル店の場合、数が多すぎてリサーチをするのに非常に労力を費やすことになってしまうもの。
しかしながらマットヘルスの場合、店舗数などは限られています。
だからこそ他店とどこがどのように違っているのかという比較作業を行うことが可能なのです。
選べるお店が少ないということはそれだけ業界が狭いということでもあります。

同じジャンルの風俗でコロコロと在籍するお店を変えるというのは、あまり評判がよくならないアクションといえるでしょう。
そのためそういったことにならないように最初のお店を選ぶ段階から慎重にリサーチをしてできれば同じマットヘルス店で長く在籍をし、自身が考えている蓄えができるまで働くといった方法がベターと言えるでしょう。
風俗業界の仕事は非常に在籍するお店で得られるものが大きく左右するものです。
キャストへのバック率もそうですし、回転率も肝心。

その上で「経費」としてどのくらい自身の報酬から引かれる金額があるのか。
とても細かいと思うかもしれませんが、風俗嬢の労働形態はあくまで「個人事業主」になり、風俗店の従業員になるわけではありません。
個人個人が「経営者」になりますから、慎重にリサーチ作業を行っていきましょう。
虫眼鏡他の風俗ジャンルでは数が多すぎてなかなか出来ない剪定作業もマットヘルスの場合には少ないからこそ入念なリサーチが可能なわけです。

このメリットをちゃんと活かして事前にしっかりとリサーチをして在籍するお店を決めていくべきなのです。

平均日給を高くしたいならお店選びは慎重に

平均日給が1日3万5000円から5万円前後と言われ、ソープに比べると肉体的・精神的な負担が少ないとされているマットヘルスですが、やはりその他の風俗ジャンルと同様にお店選びを慎重に行っていかないと後々の後悔に繋がります。
同じ仕事内容でもエリアが違ってくれば報酬額は変わってくるものですし、お店のコンセプトなどによっても自分と合う合わないというものがあるものです。

最低保証額に関しても必ず条件が設けられていますから、自分の許容範囲のものであるかどうかなど労力を惜しまず事前のリサーチは入念に行い慎重に進めていきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする