普通の箱ヘルとマットヘルスでは手取り額が違う?どっちが稼げる?

日本にはさまざまな風俗が存在します。
その種類は世界でもナンバーワンと言われています。
細かなジャンルがありすぎて相当にマニアックな人間か業界関係者くらいでしかその細かな違いが説明出来ないとされているほど。
これから風俗業界にデビューを考えている女性の中でもこれらは悩みの種とはいえないでしょうか。

ここでは寄せられている疑問の中でも多い箱ヘルとマットヘルスだとどちらの方が稼げるのか?
について紹介していきましょう。

箱ヘルとマットヘルスの違いは?

違いそもそも箱ヘルとマットヘルスは何が違っているのでしょうか。

それを知るためには共通点を列挙していく必要があるでしょう。
両者の共通点として、箱ヘルもマットヘルスも基本的には「非本番の風俗」であり、「ヘルスサービス」がメインの風俗だということ。
他にも店舗型の風俗だということ。
オプションプレイも含めある程度にハードなサービスも求められるということなどが共通点としては挙げられます。

箱ヘルとマットヘルスの違いは?

それでは箱ヘルとマットヘルスの違いはどういったところがあるのでしょうか。
箱ヘルの場合には、デリヘルなどと一緒であり、基本サービスとしてはキス、全身リップ、フェラチオ、素股といったものを提供する必要があります。
一方でマットヘルスの場合には、箱ヘルのサービスにプラスしてマットプレイを提供する必要があります。

マットプレイとはローションまみれになり身体を密着させながら行うさまざまなプレイのことですが、横滑り、金の鯱、扇返し、カエルキックなど一般的な風俗サービスでは味わうことが出来ない特殊プレイを提供する必要があります。
また箱ヘルなどの一般的なヘルスサービスは男性主導で展開していくことに対して、マットヘルスの場合にはソープに近いサービスですから、女性主導になっているというのが現状です。
もちろん利用するお客さんによって求めるプレイ内容もさまざまですが、基本的にマットヘルスを利用されるお客さんのほとんどは「受けプレイ」を希望されていることがほとんどです。
あまりに特殊なプレイで、しかも密着度が高いことから興奮が高ぶってしまい、本番強要をしてしまうのもマットヘルスの特徴と言われています。

箱ヘルの場合には、一般的なヘルスサービスであり、本番強要をすれば問題になってしまうことが分かっているため、そういったことはほとんどありません。

給料はぶっちゃけどっちが高い?

箱ヘルとマットヘルスのサービス内容などの違いは分かったと思います。
しかしながらこれから風俗嬢になろうとされている方の関心はそこではありませんよね?

ぶっちゃけどっちが効率良く稼げるのか?の方が知りたい情報ではないでしょうか。
まず給与体系ですがどちらも完全歩合制を採用しているところがほとんどです。
そして両者ともに店舗型の風俗店であること。

箱ヘルとマットヘルスの大きな違いの一つが、格安店、大衆店、高級店といったお店のランク分けが箱ヘルに対して、そういったランク分けを設けていないところがマットヘルスでは多く、箱ヘルの大衆店以上の料金に設定されているところがほとんどということです。
目安的には箱ヘルの大衆店以上、高級店以下といった料金設定になっているとイメージすれば間違いはないでしょう。
箱ヘルの大衆店の60分の接客あたり9000円から1万円といったことを考えると、マットヘルスは1万5000円前後になりますから、単価はマットヘルスの方が高いと言えるでしょう。
高級店になると当然にお店のランクや風俗嬢のスペックなどによってまちまちではあるものの1万2000円から1万5000円前後は稼げるようになるためさほど客単価に違いはなくなります。

マットヘルスの場合、体力などをかなり消費するマットテクニックを習得できれば問題なく報酬は貰えますが、箱ヘルの場合にはやはりランクが上になるにつれ、容姿や接客態度はもちろんスペックなども求められるようになるという違いがあることも覚えておきましょう。

回転率が良いのは共通している

回転 矢印だからといってマットヘルス店に行った方が効率が良いと決断をするのは早いです。
確かに箱ヘルの大衆店と比較すると3000円から5000円前後マットヘルスの方が単価が高い状況です。

ただし店舗数で言えば、圧倒的に箱ヘルの方が店舗数が多い状況になります。
複数の風俗店が存在していれば条件の差などをつけて他店との差別化を図って女の子を集めようとお店側も必死になります。
このため箱ヘルの方が待遇面に関してお店ごとに差があるということが言えます。
風俗激戦区などであれば、先程紹介した給与差はあってないような高待遇で迎えてくれる場合もありますから、しっかりとリサーチをしてから箱ヘルかマットヘルスにするかを決めるべきでしょう。

現在は出店がしやすいデリヘル全盛の時代になっていますが、ハコモノの風俗店は根強い人気があり、特に短時間ですっきりしたいという欲求を持っている男性客には絶大な人気を誇っています。
箱ヘルもマットヘルスも回転率という点でいえば、デリヘルやソープランドの比ではなく高いといということを覚えておきましょう。
デリヘルの方が一見すると高級店なども多く、客単価が高いから稼げそうと勘違いされている方が多いです。
しかしながら働いてみると、意外と時間が無駄になっていることに気がつくものです。

移動時間があったり、次のお客さんと接客をするまで長い時間がかかってしまったりするものです。
平均で8時間前後の拘束時間の中でも4人から5人の接客ができるかどうかというのがデリバリー系の風俗の回転率といえるでしょう。
一方で箱ヘルの場合には8時間の接客時間で5人以上の接客は確実に出来る環境ですから、回転率で勝負することができ、結果として日給や月給で換算すればより高い報酬を稼げるケースが多いのです。
マットヘルスもハコモノですから、回転率は高いと思われがちですが、ローションづくりやプレイ後の後始末を考えると、デリヘルなどよりは上でも箱ヘルほどに回転が高いとは言えません。

単価はマットヘルスに分がありますが、回転率からいえば圧倒的に箱ヘルに分がありますから、一概にどちらの方がトータルで稼げるとは言えないというのが現状です。

お店選びは慎重に

虫眼鏡風俗嬢になり在籍するお店がコロコロと変わったり、風俗ジャンルをコロコロと変えてしまっている女性は、はっきり言ってお店選びに失敗していると言わざるを得ません。
事前の下調べを怠り、それぞれの風俗ジャンルがどういったものなのか。

お店ごとにどのような特徴があるのかをリサーチせず、ただ1人あたりのバック率だけなどで簡単にお店を選んでしまっている傾向があります。
風俗店選びや自分にマッチしている稼げる風俗ジャンルは人それぞれに違っていますから、お店選びは時間をかけてでも慎重に行うべきといえるでしょう。
前述までを見てもらえば分かるとおり、箱ヘルよりもマットヘルスの方が客単価は高いですが、回転率は箱ヘルの方が高い。
後はどのような場所や方針のお店で働くのかという点を留意してお店を決めるべきです。

少ない接客数でも稼ぎたい人におすすめ

マットヘルスは実質のプレイ時間が短いため、接客数が少なく稼ぎたいという方なら箱ヘルで働くよりもおすすめです。
ただし回転率は箱ヘルがどの風俗ジャンルと比較しても圧倒的に高いため、トータルでより多くの報酬を稼ぎたいという方ならよりお店選びを吟味してから決めましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする