マットヘルスは短時間でバック率低いから回転率を上げるしかない?

風俗業界で働こうとする場合、沢山の理由はあると思いますが、やはり普通の仕事では稼ぐことが出来ない高収入が得られるからという理由がほとんどではないでしょうか。
そこで客入りの多い風俗ジャンルを選ぶか、もしくはバック率が高く、客単価の良い風俗ジャンルを選ぶかで迷うものです。
多くのジャンルがある中でマットヘルスはプレイ時間が短時間である上、バック率も低いため回転率で勝負しないと稼げないという噂が存在します。
本当にマットヘルスのバック率は低いのか。

回転数で勝負をする他ないのかを紹介していきましょう。

そもそもマットヘルスって?

疑問符そもそもマットヘルスとはどういったサービスを提供する風俗ジャンルなのかをご存知でしょうか。
ビーチマットのような空気を入れてふくらませるビニール製のマットの上でローションを使ってヌルヌル状態になりながら性的なサービスをするのがマットヘルスです。

ヘルスサービスのため基本的には本番行為はありません。
もともとはソープランドでしか受けられないプレイでしたが、人気のプレイであるマットプレイにヘルスサービスを加えた専門店が誕生したというのがその始まりです。
マットヘルスの特徴としては、空気を入れてふくらませるだけですから軽いですが、ベッドサイズ以上の大きさになりますから、持ち運びには不向きです。
このためマットヘルス店のほとんどがハコモノスタイルを採用しています。

風営法の影響から店舗型の新規オープンはほぼ不可能な環境になっていますから、働く場所が限られてしまうという特徴を持っています。

マットヘルスは客単価が低いのか?

マットヘルスは客単価が低いのか?といえば、そうとは言い切れません。

ハコモノで働く場所が限られているわけですから、マットヘルス店でリサーチをかけると大体の平均プレイ時間は読み解くことが出来ます。
最知恵減でも60分前後のプレイ時間が最短プレイ時間であり、90分などでじっくりとマットプレイを楽しみたいというお客さんが多いと言えるでしょう。
そもそもマットプレイはソープランド特有のサービスでした。
近年ではカジュアルソープも沢山増えましたが、スタンダードなソープランドのフルサービスを受けるためには最低90分のプレイ時間で高額な料金を支払う必要があるわけです。

こういったところに目をつけて人気が高いマットプレイを専門に楽しめるサービスを提供しているのがマットヘルスになります。
当然にソープランドよりも単価は落ちるものの、一般的なファッションヘルスよりも高額なプレイ料金に設定されていることが多いのです。
お店によってまちまちですが、60分のプレイで2万円前後。
また90分なら3万円前後のプレイ料金が掛かるところが一般的です。

後はお店との交渉でバック率がどうなっていくかは女の子次第と言えるでしょう。
結果として噂にあるようにバック率が低すぎて客単価が低く回転数で勝負しなければ稼げないという噂はあくまでも信憑性のない噂話と判断できます。

マットヘルス店で働く場合の注意点

注意 マーク前述にもある通り、マットプレイはソープでしか味わうことができなかった特殊なプレイになります。

ただしソープのフルサービスを受けに行くほどに金銭的な余裕がないという方がマットヘルスを利用しているわけです。
マットヘルス店で働くわけですから、基本的にはマットプレイ特有の特殊なプレイを覚えておかなければ話になります。
このため専門店の看板をあげているお店で働くわけですから、それなりの講習時間は設けられています。

研修は大変

普通に風俗サービスでもあり、プライベートのセックスなどの際にも普通に行われるであろうフェラチオや手コキなどであれば、口頭で言うだけでも十分に理解されます。
しかしながら、マットプレイに関しては行う機会がないどころかそちらの知識がない女性の場合には、聞いたこともないという状況です。
このためこういう女性をお客さんが満足できる状態にするためには、綿密に研修を受ける必要があるのです。
中にはセクハラ講習だと勘違いしてしまうほどのディープな研修もありますが、そうまでしないとマットプレイを求めてやってくる風俗客を満たすことが出来ないという大変さがあります。

全身の筋肉を使う

マットプレイは48手の変形のようなさまざまな体位でサービスをするケースが多いです。
中には本当にこんなもので気持ち良いって感じるの?
だとか、肉体の構造的にこのサービスは無理じゃない?ってこと。
こういったプレイ内容が多いため、マットヘルスで働き始め、こんなにも体力的に辛いとは思わなかったといった感想や、仕事をしたら全身筋肉痛になったなんて感想を吐露している女性が多くいらっしゃるのが現状です。
ある意味でスポーツジムでのエクササイズレベルの運動強度を求められることもあるというのがマットヘルスの現状だということを覚えておきましょう。

本番の強要が多い

最後にマットヘルスでは、普通の非本番の風俗店に比べ、本番強要が多いということも特徴として挙げられます。
というのも何度も紹介しますが、そもそもは挿入行為があるソープのみで行われていたサービスです。
ヌルヌル状態での密着プレイ。
それにプラスして挿入があるからこそ最高の快楽を味わえるというのがマットプレイ好きな男性の言い分です。

こういった事情があるため、マットプレイに本番行為はつきものと考えている男性が多く、大抵の男性は本番強要をしてきます。
こういったものに流されず、しっかりと一線を引いて挿入行為なしでも満足させられるマットテクニックを身につける必要があるのです。

苦労は多いもののテクニックを身につければ安定する

これまで見てもらえばお分かりになると思いますが、とにかく風俗業界で働けば簡単にお金を稼ぐことが出来るという方には向いていません。

マットヘルスという本来なら本番行為がありきのソープならではのプレイ内容であり、それを非本番で行い利用客を満足させるということを前提に考えると納得させるだけのテクニックを習得していて当たり前となるわけです。
ですから風俗サービスをフェラして全身リップして、素股をすればOKでしょ?なんて考えている女性には勤まらない風俗ジャンルがマットヘルスと言えるでしょう。
お金これだけの苦労はあるものの、通常のヘルスサービスよりも客単価は高いですし、ハコモノ風俗であるためマット好きなお客がひっきりなしに訪れるといった点ではかなりアドバンテージがあるため、身につけておけばその後の風俗業界では苦労しないとも言われるくらいのステータスを身につけることが可能なのです。

その後は本番ありきで客単価が更に高いソープへ移籍したとしても、マットヘルス時代のテクニックを使うことが出来ますから、食いっぱぐれがない状態になることが出来ます。
単価がある程度に高く回転率も高い。
雑費や祝儀といった経費をとにかく取りまくるというお店でもない限り、バック率は高いですし更に回転率も良いという風俗ジャンルはマットヘルス以外にはなかなか存在しないと言えるでしょう。

間違った噂に惑わされないこと

マットヘルスはインターネット上などではバック率が低く、客単価が見込めないため回転率で勝負するしかないなどと言われています。
しかしながら現実は一般的なファッションヘルスよりも利用料金は高めに設定されているお店が多い。
雑費などの経費を高く取るマットヘルス店もありますから、そういったお店にさえ在籍しなければ客単価はもちろん回転率でも勝負できる良質な風俗ジャンルといえるのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする