マットヘルスで働く嬢が家族バレしない為に意識しておくこと

風俗をやっていることを家族にバレたくないと思うのは当然ですよね。
風俗に対して一昔前と比べるとかなり寛容な時代にはなりましたが、やはり「白い目」で見られる人はまだまだ多いもの。
ここではマットヘルスで働く風俗嬢が家族にバレないために常に意識しておくべきことにスポットをあてて紹介していきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

家族バレは意外と大きい

家族自分が風俗嬢として働いていることを周囲の友人などに打ち明け、しっかりとカミングアウトして堂々と働いている女性もいますが、それはごくごく一部の女性の話。
やはり日本では風俗嬢をしていますと堂々とカミングアウトをして生活をしていくには、まだまだ難しい世の中と言えるでしょう。
このため家族や友人、本業をしている場合には会社の人間などにバレないように対策をするのがスタンダードです。
現在進行形でマットヘルス嬢だったり、過去に働いていたという事実が発覚した場合、子供がそれをネタに友人たちから白い目で見られドロップアウトする。

旦那に発覚して離婚されてしまったなどという話は星の数ほど存在します。
自分の価値観だけで判断しカミングアウトをするのではなく、相手の価値観がどのようなものかを考慮して、もしも風俗の仕事に理解がないような家族であれば、しっかりと対策を取り、バレないようにすることが肝心なのです。

周囲には絶対に言わないこと

家族バレの理由の中で一番多いのがやはり密告です。

信用をしている友人や一緒に働いている同僚など、何も対策を取らないとちょっとしたことで疑問を抱かれ、カミングアウトをするハメになってしまうのです。
例えばプライベート用と仕事用にスマホを2つ所有していて、プライベートの場でも堂々と電話やメールで対応をしている姿を見せる。
こんなことをすると、「何でスマホを2つも持ってるの?」なんて質問されるのは当然。

内緒にすれば友人関係にヒビが入るかもしれない。
そういったケースで「実はね…」と風俗で働いていることをカミングアウトするハメになってしまうわけです。
女性の中での「絶対内緒」だとか「○○だから言うけど」という約束はあってないようなもの。
格好の話のネタにされどんどんと噂は広がっていき、最後には大切な家族にまで話が行き渡ってしまうという寸法です。

他にもマットヘルスで働く場合に多いのが性病に感染し、婦人科でたまたま知人などに出くわして、根掘り葉掘りと詮索され、耐えきれなくなってカミングアウトしてしまうというケースです。
マットヘルスの場合、本番行為はないにしても、ローションなどを使い、お互いの粘膜をかなり密着させたりするサービスになりますから、性病に感染するリスクは高いです。
ご近所さんや友人や知人が利用しているであろうメジャーな婦人科や専門医の病院に当たり前のように行ってしまっている時点で危機管理がなさすぎると言わざるを得ません。
まして友人や知人などが医師や看護師、薬剤師などはもちろん、医療事務などで働いている医療機関などに診察を受けに行くのもリスクが高いと言えるでしょう。

問い詰められた時、しっかりとその場を言いくるめられる話術があることや、対策を練っておくこと。
それが出来なければ、常に警戒心を持ち軽はずみな行動を起こさないことが重要です。

生活を一気に変えないこと

他にも家族バレするケースとして多いのは、身につけるものや乗っている車。

遊び場所や食事内容などがガラリと変わってバレてしまうケースです。
すべての風俗嬢がとは言いませんが、しっかりと頑張って働けば、一般職では考えられないほどの高収入が短期間で得られる仕事です。
またストレスレベルが高い仕事であることから、散財することで発散したいと思う女性も少なくありません。
お金しかしこれまで身につけてきたものとは全く違う高級ブランドの洋服や車を外車に変えたり、飲み会やランチ会の会計を奢ったりと急に羽振りが良くなったなどの分かりやすい変化は、やはり周囲には異様に映るものです。

結果、詮索をされ家族バレすることにもなりかねませんから、生活レベルを一気に変化させるなんてことがないように気をつけましょう。

活動エリアに注意する

次にどこのエリアの風俗店で働くかも注意しましょう。
自宅から近い場所は当然にご近所さんや知人の目に触れやすいエリアですから当然にアウト。

更に旦那さんの職場の近くや、自分に繋がりのある人間が頻繁に利用するであろう繁華街などのエリアも当然にアウトになります。
マットヘルスの場合には基本的には店舗型の風俗店になりますから、大抵は「歓楽街」で働くことになります。
デリバリー型のマットヘルス店があればデリバリー店に勤める方が家族バレのリスクは低くなります。
ハコモノの風俗店なら交通費や移動時間の不満はあるでしょうが生活圏や家族、知人や友人などの活動エリアや居住エリアから近い場所は避けるというのが鉄板です。

マットヘルス店は店舗型が多いですから、働く場所には十分に注意するようにしましょう。

お店からの連絡は禁止にしてもらう

家族バレする理由の一つがやはりスマホなどにかかってくるお店からの電話やメールなどの連絡です。
そういったことを加味してくれるお店もありますがこちらからしっかりと伝えておかないとキャストが足りない時などのヘルプ要請などで平気で連絡をつけようとする風俗店も存在しています。

ですから最初の面接時に連絡はこちらからしかしないという約束をしておき、気軽に連絡を取らせないようにすることが大切です。
世の中気を使ってくれる人ばかりではありません。
お店のスタッフはもちろん、プライベートの連絡先をお客さんに教えるなどは愚の骨頂です。
もしも一緒にいる時にスマホが鳴ったりなど冷や汗を通り越してしまうことでしょう。

本当に緊急性がある連絡を取りたいなどの場合には、「ワンギリ」して連絡を待って下さいなどルールを決めておくことも家族バレを防ぐための方法になります。

アイテムを気軽に持ち歩かない

財布風俗で働く際には必要なイソジンや大人のおもちゃ類、マットヘルスならばローションといった風俗業でしか使わないであろう「特殊アイテム」が存在します。
こういったものをプライベートでも使うバッグと仕事用と分けていないことにより、ついつい家族との外出の際や友人などと会う際にうっかり入れっぱなしにしてしまい、その中身を見られバレてしまうなんてパターンも少なくありません。

また風俗業界でしか使わないような専門用語も業界で働いているとついつい口癖になってしまい、日常会話の中で出てしまうこともあり得ます。
例えば1時間といえばいいところを60分といってみたり、1時間半を90分と表現するなどは時間で働く風俗嬢ならではの表現でしょう。
特にこれまでそういった言葉使いをしていなかったことを知っている家族であれば、おかしいと違和感を感じるのは当然ですね。
こういった口癖やバッグの中身などがきっかけで家族バレしてしまうケースも少なくありませんから、十分に気をつけるようにすべきです。

取り返しのつかないことになる前に

家族バレをしてしまうと、いくら寛容になったとはいえ、まだまだ白い目で見られる風俗嬢ですから取り返しのつかない状態になってしまう可能性が高いです。
働くエリアに気をつけたり、お店やお客との連絡方法。
生活の変化についてや口癖やバッグの中身など気をつけるべき点はさまざまで面倒かもしれません。

しかし取り返しのつかないことになるかも?という気持ちを持ち、やれるべき対策はしっかりと行っておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする