マットヘルスなのに本強客が多すぎ!本番したければソープに行け!

マットヘルスで働く中で、本強してくるお客さんに困っているという人は少なくないのではないでしょうか。
そもそも、マットヘルスでは本番行為は禁止されていることなのに、本番強要すれば出来ると勘違いしているお客さんが多いのが現状です。
そのようなしつこいお客さんに悩んでいる風俗嬢も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、マットヘルスで本強してくるお客さんに対してどのような対策をすればいいのかをご紹介していきます。

禁止されているのになぜ本強客がいるの?

マットヘルスなどのヘルスでは、本番行為は禁止されている行為で、違法行為ともなることですが、本強客が多いのはなんで?と、疑問に思う人も多いと思います。

本番がしたければソープに行けば、断られることもなく本番が出来るのにと、思うかと思いますが、マットヘルスで本強してくるお客さんは、自分勝手な理由で本番強要してくるのです。
吹き出しその理由は、「本番禁止されているお店で本番をして、特別な感情を味わいたい」「ソープでの本番は、性病が気になる。」「ソープが近くにない」「ソープより安く本番が出来る」と、このような理由で本強してくるのです。
では、そのような本強客はどのような方法で本番を求めてくるのでしょうか。

見え見えの嘘をつく本強客

マットヘルスで働く多くの女の子がテクニックの一つとして行う「素股」。
擬人的なセックスを味わえると喜ぶお客さんも多いですが、素股をうまく利用して挿入してくるお客さんが多いのです。
「間違えてはいっちゃった」などと、あくまでも好意的ではないといいますが、そのようなお客さんは初めからどのようにして本番が出来るのかと考えています。

本強客の場合、マットヘルスで主流となっている素股=本番と、勘違いしている人が多いのです。
そして、挿入できたことでそのまま本番を続行してくる人が多いのです。
このような本強客への対策としては、素股を行う体位の変更をオススメします。
素股は騎乗位での体制では挿入されやすいので、正常位の体制で自分の女性器に指を入れ、間違えて入ってしまったということはないように防げます。

風俗はどこでも本番可能という本強客

お客さんの中には、「風俗はどこでも本番出来るもんやろ!」と、勝手な言いがかりで強めな口調で本番強要してくるお客さんがいます。
そのように強めに言われてしまうと、なかなか断りにくいですよね。
このような勘違いしているお客さんが多いのは、多くの人が賑わうような都市部ではなく、風俗店が少ないような地域で多いようです。

少ない風俗店しかないのでどこでも本番が出来ると勘違いしている人が多いので、本強客に出会いたくない人は、都市部などでのお店選びをお勧めします。
ヘルスやソープなどいろんなお店があるので本強客は少なくなります。

レイプに近い本強客

本強客の中には、無理やりしてくるような「レイプ」に近い方法で本番してくる人もいます。

素股の時に、腕を抑えられて無理やり挿入してきたリ、肩を抑えてきて正常位の素股でも挿入してきたりします。
どんなに嫌がってもやめてくれず、抑え込まれているため逃げることが出来ません。
このようにほとんどレイプのようなやり方で本強してくる人がいるのです。
このようなあまりにも酷すぎる場合は、お店に連絡する必要があります。

もし、逃げ切れる場合はすぐにスタッフに電話をするようにしましょう。
どうしても逃げ切れない場合は、お客さんが帰った後に報告しましょう。
お店では本番行為は禁止していることなので、そのお客さんが二度と同じようなことをお店でしないように出入り禁止にするなど何らかの対応はしてくれます。
怖いことで話すのも嫌かもしれませんが、同じことが起こらないようにしっかりと報告しましょう。

本強客への上手な断り方

拒絶いくつかの本強客への対応を紹介していきましたが、他にもいろいろな対策方法があるのでご紹介していきます。
まずは、本強客に対して本番は出来ないとしっかり伝えることが大切です。
その上明るく「フェラを頑張ります!」などと、断ることでお客さんも悪い気はしません。

本番が出来ない分他に頑張るという意欲を見ることで、雰囲気も悪くならず、お客さんからのクレームも減らすことが出来ます。
他には、「アソコが弱いんです。すぐに痛くなるのでソープでは働けないのです。」などと、具体的な理由で挿入することが苦痛であることを伝えることで理解してくれるお客さんもいます。

さらに、ソープではないので本番は出来ないということを理解してもらえるチャンスです。
マットヘルスに来る本強客は多いので、断り続けることも疲れるでしょう。
そのたびにクレームを言われたりすると精神的にもきついもので、酷い人では病んでしまうのではないでしょうか。
それでもあきらめずにハッキリと断り続けるとお客さんも理解してくれます。

禁止行為なので、強気になっても大丈夫です。

お店のルール

どのような理由をつけても本番行為をあきらめてくれないお客さんには、「お店のルールで本番行為はしてはいけない」「本番したいのならソープに行ってください」と、お店のルールだということを伝えましょう。
中には、バレないようにするからなどという人もいると思いますが、お店のルールだからできないと一点張りで断りましょう。

それでもあきらめてくれないお客さんには、男性スタッフに連絡すると伝えましょう。
そこまでいうとあきらめてくれます。

クレームが心配

メガホンいくら本強客だからと言っても、お客さんはお金を払って遊びに来てくれているのに、このような断り方をして、お店にクレームがこないのかと心配する人もいると思いますが、本番を断ったことでサービスが悪いなどと、クレームが来ます。

この時、しっかりと本番を強要されたので断ったと伝えておきましょう。
ルール違反をしているのはお客さんの方なので、お店側もそのことに対して女の子に怒るようなことはしません。
さらに前科があるお客さんに対しては目をつけるようにしてくれます。
もし、お店側がお客さんの肩をもつような場合は、レイプまがいな行為をされても守ってくれないようなお店になるので違うお店で働くことをオススメします。

お客さんも機嫌よく

多くの本強客にイライラすることも多いと思いますが、どのようなお客さんでも大切なお客さんには間違いありません。
雰囲気を悪くせずにお客さんも納得してくれるような断り方をすることで、クレームもなくお互いに気持ちがいいです。
そのような断り方が出来る女の子には自然と指名が増えていくので、上手な断り方を身に着けていきましょう。

まとめ

禁止行為と理解しながら本強してくるお客さんが多いのは、多くの風俗嬢の悩みです。
断り切れずにいたり、流れに任せて本番行為を受け入れてしまえば、そのお客さんは次からも本番を求めてきます。
そのような本強客を増やさないためにも、ハッキリと断り続けてください。

指名が欲しいからと本番行為を受け入れている女の子もいると思いますが、そのような子はソープで働くほうが稼げます。
そもそもヘルスなどで本番行為が禁止されている風俗店での本番行為は法律に違反することになるので、警察にバレてしまえばお店全体の問題になるのです。
そのよおうな事態にならないためにも本強客へはハッキリと断り対応していきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする