本番なしのマットヘルスでも性病のリスクある?素股が危険?

マットヘルスには本番がありません。
しかし、本番が無いからといって性病のリスクが全くないわけではありません。

素股やフェラ、アナル舐めなどでも感染するリスクのある性病はあります。
どんな行為が危険なのでしょうか?
どうやったらリスクを下げることができるのでしょうか?

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

性病以外にもリスクがある

マットヘルスで働いていると性病が気になりますが、性病以外にも風俗で働くと言うことにはリスクが付きまといます。

性病と同じくらい大きな影響を被ってしまうのが、ストーカーと盗撮です。
ハンディカメラマットヘルスは店舗型なので、仕事が終わった後つけられたりしないようにしましょう。
盗撮に関しては店舗型であるが故にあらかじめ仕込まれている、というようなことはあまりありませんが、最近のカメラはとても小型で性能が良いので警戒を怠らないようにしましょう。
ひとたび盗撮映像がネットに流れてしまうと手の施しようがありません。

エイズの危険はほぼなし

風俗で働いていている女性が恐れる性病の第一位はエイズと言っていいでしょう。
しかし、本番無しのマットヘルスで働いているのならばほぼ心配のないリスクだと考えて問題ありません。
エイズに気を付けなければならないのはゴム無しで本番を行っているソープ嬢くらいです。
とはいえ、本番強要に負けてしまえばマットヘルスでも危険度が上がります。

他の性病でエイズのリスクが下がる

エイズは基本的に本番かAFをしない限りは感染しません。
普通ならばキスがフェラチオなどでの感染リスクはありません。
しかし、口や喉に傷があったり、他のクラミジアや梅毒などの性病に感染していたりすると感染してしまうリスクが上がってしまいます。
エイズにさえ感染しなければ大丈夫などと思わずに、定期的に性病検査を受け、早期発見に努め、感染してしまっていたのならば早期治療を心がけるようにしましょう。

マットヘルスでの感染理由は?

性病に感染するのは本番をしたときだけとは限りません。
接触したといつだけでも十分に感染するリスクになりえます。
とくに、性感になりやすい粘膜同士の接触は感染の理由になりやすいです。

キス

キスはさまざまな性病の感染理由になります。

口内炎や虫歯、口の中に傷があると感染しやすくなります。
喉が痛い、風邪っぽい、腫れた、などが感染のサインです。
ただの風邪だと軽く見ないようにしましょう。
とはいえ、マットヘルスで働いている以上、キスを完全に拒むことは難しいでしょう。

どうしても無理な時だけは口内炎や虫歯を理由に断るようにしましょう。

アナル舐め

アナルはどんなに洗っても排泄器官であることには変わりありません。
性病だけでなく、下痢や赤痢などに感染する場合もあります。
あまり舌を奥まで差し込まないこと、唾液やローションを使って飲みこまないようにすることなどに気を配りましょう。

オーラルセックス専用のコンドームもあるので、可能ならば使用しましょう。

フェラチオ

フェラチオで喉に性病が感染することもあります。
コンドームを使うことでリスクを下げることができますが、現実問題、マットヘルスでローションまみれになっている状態ではコンドームを使いたがらないお客さんが大半です。

スマタ

実際に入れるわけでなくても、スマタで感染することもあります。

性器の粘膜の接触には変わりないからです。
男性器と女性器の割れ目をこすり合わせますがカリの部分にはあまり接触をしないようにしましょう。
ローションをたっぷりと使用することで快感が増すだけでなく接触を減らすことができるので感染の危険度を下げることができます。

マットヘルスで働くために大切なこと

マットヘルスで性病に脅かされないためにはどんなことに気を使えばいいのかについて紹介をしましょう。

プレイの後に排尿をする

トイレプレイの後になるべく早く排尿をすることで性器が洗い流され、性器経由の性病のリスクを下げることができます。
性器に指を入れられたり、しつこく弄られたりした時にはとくにおすすめのことです。
ツワモノのマットヘルス嬢ともなると、プレイが終わった後のシャワータイムにこっそりとやっていたりもします。

ローションはたっぷりと使う

ローションをたっぷりと使用することで粘膜同士の接触を避けることができます。

ローションでバリアを張りましょう。

マットプレイのテクニックを磨く

マットプレイの中には粘膜同士が接触しないプレイも多くあります。
粘膜以外の性感を刺激するコツを覚えることで感染リスクを下げることができます。

定期的に検診を

定期的に性病検査を受けましょう。

月イチが理想です。
性病の中には自覚症状がないものも多くあります。
しかし、自覚症状が無くても病気は静かに進行している場合がありますし、他の人に感染させてしまうこともあります。
また、1つの性病に感染していると免疫力が下がって他の性病にも感染しやすくなってしまいます。

郵送で済ませることができるので、わざわざ病院に行く必要はありません。

感染したら早期治療が大切

感染してしまったのならば早期治療を徹底しましょう。
早期発見、早期治療ならば飲み薬を数日飲むだけで完治する場合がほとんどです。
治療費は安く済みますし、お店を休む期間も短くて済みます。

また、しっかりと完治させましょう。
自覚症状がなくなったのと完治したのはイコールではない場合もあります。
病院の指示に従いましょう。

日頃から免疫力を高めておく

日頃から免疫力を高めておくことで性病に感染しにくくなります。

しっかりと休息をとったり、バランスの良い食事をとったり、ストレスを溜めないことが免疫の強化に繋がります。

イソジンや消毒を過信しない

マットプレイを始める前にお客さんをしっかりと洗うことはとても大切です。
しかし、イソジンや消毒効果のあるソープを過信し過ぎないようにしましょう。
もちろん、洗わないよりは洗った方が断然良いですが、それくらいでは性病の予防とは言えません。

プレイが終わった後にウガイをするのも同様です。
気休め、おまじない程度に思っておくようにしましょう。

お客さんをよく観察

マットヘルスでプレイを始める前にシャワーを浴びる時にお客さんをよく観察するようにしましょう。
風邪っぽそうだったり、性器にイボができていたり、出血があったり、爛れていたりするのならば要注意です。

場合によってはサービスを断るようにしましょう。
感染しても誰も責任をとってくれません。

高級店だから安心、はない

稀に高級店は客層が性病の感染リスクが低いという説がありますが、そんなことはありません。
たしかに回転率勝負でたくさんのお客さんを相手にしていると、それだけ感染リスクは高まります。

とはいえ、高級店に来るお客さんだって病気を持っていない保証はどこにもありません。
さらに、高級店になればなるほどハードなサービスをしなければならない傾向が強いので、性病に感染しやすくなります。

マットヘルスでも十分に性病のリスクは高い。自分を守れるのは自分だけ!

盾本番無しのマットヘルスで働いていても性病に感染してしまうリスクがあります。
油断しないようにしましょう。
性病の感染理由は本番だけではありません。
口や性器など粘膜を介して感染してしまうものがとても多いです。

性病の中には自覚症状が出にくいものもあるので、定期的に性病検査を受け、感染が分かったら早期治療が何よりも大切です。
マットヘルスだとコンドームは使いにくいかもしれませんが、コンドームを付ける以外にも身を守る手段はあります。
スマタのときはローションをふんだんに使い、性器同士が接触しないようにすることが大切です。
風俗で働くのならば自分の身を守れるのは自分だけです。

誰も責任を取ってはくれません。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする