風俗店の本番行為は禁止!風俗嬢もトラブルに巻き込まれる?

風俗で本番行為をすることは法律で禁止されています。
ですがソープなどでは当然のように行われているのは周知の事実でしょう。
それは「接客している嬢がお客さんのことを好きになってしまい」、「自由恋愛からのエッチな行為」として行われているのです。
ヘリクツに聞こえますが、このようにしないと売春禁止法によって逮捕されてしまうのです。
さらにソープだけでなく、デリヘルでもサービスの延長として本番をする嬢がいます。
「ソープでやっているからいいでしょ」という認識かもしれませんがとんでもありません。
ソープは表向き飲食店をして経営し、本番行為はグレーゾーンですが黙認されているのが現実です。
もしデリヘルで本番行為が発覚した場合、そのトラブルは店やお客さんだけでなく風俗嬢にも及ぶことになるでしょう。
本番行為はリスクが大きく、長い目でみればまったくお金にならないものです。
詳しくそのあたりを見てみましょう。

法のリスク、店を首になる可能性

法律性行為をしてお金をもらうことは「売春禁止法」で禁止されています。
それは人身売買の根絶や、反社会的勢力の資金源を断つためです。
ですが古くから生活のために体を売る女性は存在し、「売春婦」というのは最も古い職業とも言われています。
つまり社会にとって必要だからそのような仕事があると言えるでしょう。
なので上記のようにソープでは性行為が黙認されているのです。
「じゃあ、デリヘルで本番してもいいじゃん」と考えてはいけません。
もしそのような行為が蔓延すれば、再び人身売買が行われ犯罪の温床になってしまいます。
それはこうとも言えます「ソープだから許されている」と。
警察は馬鹿ではありません、ソープという管理下で行われているからこそ黙認しているのです。

もし他の風俗店が「本番出来ます!」と明示した場合、あっという間に警察によって潰れてしまうでしょう。
なので本番をしてお客さんをゲットしているデリヘル嬢がいるなら、それはあぶない橋を渡っていると思ってください。
店も売り上げになるから、そのような行為を見て見ぬふりをしているといえます。
もし嬢が本番行為をして警察にばれても「知りませんでした」と逃げるはずです。
又はそうなる前にクビになってしまうでしょう。
なので仕事で本番をするぐらいなら、ソープで働いたほうがいいのです。
「本強を断るのがめんどくさくて・・・」とか「本番したほうが稼げるから」という理由でしているなら、それは間違っています。
デリヘルやヘルスではやらないほうが稼げるのです。

ネットのリスク

インターネット「個室でやっていることだから、絶対にばれない」と思っているなら改めたほうがいいでしょう。
最近ではデリヘルやヘルスで本番したことをネットの体験談で公表する人がいます。
自分はハンドルネームで、嬢は店舗名つきで源氏名をしっかりと書いてくるような卑劣なものです。
そんなことをされたら怒りや憤りを覚えるでしょう。
少しは「○○店の××ちゃんは本番やらせてくれる!」というので集客につながることもありますが、デメリットのほうが大きいです。
まず、そのようなことを公表されたら店を首になるかもしれません。

「事実無根です」と訴えても、店としたら信頼に関わることなので無視できないことです。
影響力は大したことではありませんが、リスクになることは間違いありません。
なので一番の対処法は、本番をしないで潔癖であることです。
ルールを守って本番を断るほうがメリットになるんです。
なぜなら本強に応じてしまうと、後々トラブルに巻き込まれる可能性があるからです。

ストーカーのリスク、メンヘラになってしまう可能性

デリヘルで「本強」つまり本番行為を強要されることがあります。
でもほとんどのお客さんは「もしできたらラッキー」ぐらいの軽い気持ちで持ち掛けています。
つまり「強要」する人はほとんどいません、せいぜい「交渉」ぐらいでしょう。
その「交渉」に折れて本番をしてしまう嬢が結構いるのですが、それはとても危険な行為です。
まず法に触れるリスクです、先述の「売春禁止法」に違反することになります。
それは男女を問わず同じ罪なのですが「この嬢は本番行為をしています!」と訴えるアホな客もいるのです。
密室での個人取引で実際に罪になることはほとんどないのですが、警察の取り調べで時間と体力を奪われるでしょう。
そして、それよりも多いのが「ストーカー化」です。
ストーカーをする男性にとって本番行為を交渉して「成功した」ということは特別な意味を持ちます。

それは「本番を受け入れてくれたのだから、この女性は俺のことが好きなのだ」と勘違いしてしまうことです。
まともな人から見たら理解できませんが、本人にとっては本気の恋なのでとどまることを知りません。
「どこからお金がでてくるのか?」というぐらい頻繁に指名がきますし、ラインやSNSなどでつながっていたらやっかいなことになります。
時間を問わず着信や鬼メールがやってくるでしょう、NG客にしても住所がばれてしまったりすれば被害は止まりません。
そうなると店を変えたり、引っ越しまでしないといけなくなります。
金銭的被害で済めばいいのですが、メンタルを病んでしまう嬢もいるくらいです。
それもこれもすべて「本番交渉に応じてくれた」というのがきっかけなのです。

ストーカーの中には「もう付き合っている」という妄想や、本気で結婚できると思い込んでいるのもいます。
そんな人から攻撃されたら個人ではどうしようもありません。
なのでお客さんからはある程度の距離を持つことです。
身分を明かすことは絶対にやめて、営業用のスマホを持ちましょう。
そして本強には応じないことです。
先ほどもいいましたが、男性にとって本強は「本番を強要する」ほどのことではありません。
せいぜい「交渉」です、もっといえば「おねがい」といえるでしょう。
体格や筋肉などの見た目で「おねがい」が「強要」に見えてしまっているのです。
実際に男性の精神年齢は、見かけよりもずっと幼いことが多いです。
もし小さい子供に「おねがい」されて、その通りにすることが良いことといえるでしょうか?
きっと子供は図に乗るでしょう、そして「もっと、もっと」とおねがいしてくるはずです。
だから感じなのは最初の「おねがい」を上手く断ることです。

上手に本強をかわそう

デリヘル嬢にとって本強をうまくかわすことは、稼ぎに大きくかかわってくることです。
無下に「ダメです!」と断ってしまうと、盛り上がった気分が覚めてしまって今後の指名もないでしょう。
ですが本強を受け入れることはとてもリスクのあることなので、上手にかわすことが大切です。
禁止もっともスタンダードなのが「店から禁止されてるから・・・」と断ることです。
それも気持ちを込めて演技したほうがいいでしょう。
「(本当はエッチしたいけど)ごめんね、店から禁止されてるから・・」という気持ちを込めるのです。
コツは男性をわがままな子供として扱うことです。
それも叱ったら角が立つような知り合いの子供と思いましょう。
「(あなたのことは好きだし、エッチしたいけど今は嬢と客の関係だから)いつかね・・・」と先延ばしにするのもテクニックです。

それが演技とばれても構いません、男性にとってもゲームのようなものだからです。
本気で本番を強要する男性はほとんどいません、「できたらいいな」ぐらいの軽い気持ちです。
だからそのような言葉のゲームでも楽しくなってくるのです。
ゲームだからこそ「いつか本当に落としてやろう」と盛り上がってくるといえます。
それが今後の指名につながり、稼ぎに変わってきます。
例えるなら、男性にとって本番は「ゲームクリア」です。

クリアしてしまえば満足して次のゲームを始めるでしょう。
つまり別の女性を落とすゲームです、そうなるとその人からの指名は無くなってしまいます。
だから指名をゲットするには本強に応じてはいけないのです。

まとめ

出勤すれば必ずお金になる普通の仕事と違って、風俗ではお客さんがいないと稼ぎになりません。
だからこそ1本1本頑張ってサービスするのですが、やりすぎはアウトです。
特にデリヘルやヘルスなどでは本強を持ちかけるお客さんがいますが、応じるのはメリットのないことと言えるでしょう。
本番をすれば瞬間的に指名は増えるかもしれません、ですが男性は本番ができたら満足する生き物です。
数回は指名してくれるかもしれませんが、きっといつか別の嬢を落としにかかるはずです。

残るのは「本番をしてしまった」という事実だけです。
ルールを超えたお願いを聞いてあげたのに、稼ぎはあまり上がらないでしょう。
ですので、本番行為はハイリスクローリターンな行為と言えます。
ネットなどの書き込みなどで店を首になったり、ストーカー化するお客さんがでてくるかもしれません。
そんな余計なトラブルに巻き込まれないように、上手に断る技術を磨きましょう。
そうすれば本番行為をするよりも稼ぐことができるはずです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする