面接に落ちても気にしない!自分に合った風俗店の探し方とは?

どんな職業に就くときにも書類選考でなかったら面接があります。
新入社員・中途採用に関わらず、いくつになっても面接は緊張するもので、普段通りにきちんとしていこうと考えても、声がうわずったり・言葉を選び間違えたりすることがあります。
面接の時間としたら、ほんの1時間程度になるのですが、なかなかどうして体はガチガチになって、なんとかうまく切り抜けて合格したいという気持ち、これはだれにもあることですね。

しかも、何社もうけて不合格だったらなおさら不安もあるのです
郵送される通知のなかを見て「今回は縁がなかったことで…」と言う文字を見るたびに落ち込むようになるのです。
社会の厳しさを感じる瞬間になります。
繰り返すことで自分の理想とはかけ離れた仕事でもいいやという考えにもなってきて自分の理想を追求するところから、仕事をする場所を探すことに変わるようにもなります

風俗業界も厳しい採用条件があり、女性として容姿・スタイルなど高いレベルで要求されることが多く、面接で不合格になることで落ち込むことがあります
みんなはどのようにして自分にあった風俗店を探しているのでしょうか
見ていきましょう。

風俗店の探し方

風俗店によって風俗嬢がするプレイが違う

面接に落ちても気にしない!自分に合った風俗店の探し方とは?日本全体の風俗店は、約1万9000店あり、その内訳はソープ約1200店・派遣型サービス(デリヘル・ホテヘル)は約1万8000店で、その他1000店になります。
年間約5兆円規模と言われている風俗業界、1店舗あたり平均で年間2億5万円の売り上げがあることになるのです
タイプ・コンセプト・価格設定による高級・大衆・格安などで分類され、たくさんの種類があるのですが、基本的にはソープ・SMクラブ・ヘルス・セクキャバ・ピンサロ・ソフトサービス系に分けられるようになります。
風俗店で働くには、どのようなサービスをしているのかを理解する必要があります

タイプ別には以下のような仕事になります。

【風俗店のタイプごとの仕事】

ソープランドでは、入浴プレイ・マットプレイ・ベッドプレイがあり唯一本番プレイがあります。
高級店はこれらすべてが含まれ、本番は生中出しになり、高級店以外ではコンドーム着・コンドーム使用なしになります
東京都内の格安店では、サービス時間が短い設定のものはマットプレイのないソープランドもあります。

地方では価格設定にかかわらずすべてのサービスが含まれているようになります
SMクラブは、特殊器具を使用してプレイをするようになりほとんどの店舗が会員制になっています。
S役(責める)・M役(責められる)に分かれて器具を使ってプレイするようになります。
イメージとしては変態的なものになりますが、器具など十分理解した上でプレイするようになるので安全なものになります。

ヘルスは、4種類に分けられファッションヘルス(箱ヘルス)・ホテヘル・デリヘル・イメクラになります。
ファッションヘルスは店舗型サービスでその他は派遣型サービスになります
本番行為以外のすべてのプレイがあります。
※イメクラはプレイ内容にストーリーが入ったもので、痴漢プレイ・夜這いプレイのようなストーリーでサービスをするようになります。

セクキャバは、他にはおっパブと表現されますが、同じサービス内容になります
(北海道できキャバクラがセクキャバのこと)上半身のみのサービスになります。
お客さんのペニスに対してのサービスはありません
※表向きはセクキャバですがサービスは抜きがあるところを抜きキャバと呼びます。

これは違法店になります。
ピンサロは、別名尺屋とよばれるお店になりペニスをおしぼりで拭いてフェラチオして発射させるサービスになります
風俗タイプのなかでは最も衛生環境は悪くなっています。
その他では、オナクラ・エステとあり、オナクラはお客さんのオナニーを見るだけが基本で、エステはお客さんのからだをマッサージするようになります。

ハードサービスがあったとしても手コキまでになっています。

【風俗店タイプ別収入順位】

項目1位ソープ2位SMクラブ3位ヘルス4位セクキャバ5位ピンサロ6位オナクラ・エステになります。
稼ぎの考えは、セクキャバ・ピンサロは基本的に時給計算になりソープ・SMクラブ・ヘルスは歩合制での計算になります。
その他のオナクラ・ヘルスは、時給・歩合とお店によって変わります。

デリヘル店はいま注目の風俗タイプ

いま最も多い風俗店のタイプは、デリヘルになります
他の店舗型については新規出店がほぼどの地区においても規制がかかってできない状態になっているのが背景にあります。
風俗として新たな出店ができるのが派遣サービスしかないことになるのです。
実店舗を持たない派遣型サービスの最大の特徴は、24時間営業ができることになります。

※店舗型は日の出から深夜24時までと法律で決められているのです
(深夜飲食店に分類されるピンサロなどは営業時間に制限はありません)
ホームページがお店の変わりになり、インターネットで集客してお客さんから予約が入り対応するようになります。
働く女性のメリットとしては、出勤が自由だからバイトしやすいことになります。

とくに掛け持ちの学生・主婦・昼職の女性は、空いた時間に仕事ができるメリットがあるのです。

ホームページで風俗求人をチェック

【チェックの前に風俗タイプを選ぶ】

風俗店のタイプごとの仕事で、あなたにあっている・仕事としてできるものがどのタイプが選んでください。
本番ができないのに、収入だけでソープランドを選択しても意味がありません

まずはできるサービス内容なのかをチェックすることでタイプが決まります。
お金に困っているのでとにかく稼げる仕事がいい、なんでもするというのなら、収入順位をチェックして高いものを選んでください。

【働いている女性の写真】

表彰台いまではほとんどのお店がホームページを持っていて、営業用(男性が閲覧する)と求人用(働きたい女性が閲覧する)2つのホームページがあります。
この2つのホームページがない風俗店は、基本的に除外したほうがいいと思います。

求人用ホームページだけがあっても、営業用ホームページがないと、本当に風営法にそってお店をしているのかどうか疑わしいです。
営業用ホームページはあるが、求人専用のホームページではなく求人サイトに掲載しているお店は問題ありません。
営業用ホームページのチェックで、お店のコンセプト・在籍している女性のチェックをして、あなたに合うところを選ぶのです。

【仕事内容のチェック】

仕事内容は、求人用ホームページの内容ではなく営業用ホームページのお客さんに対するサービス内容でチェックしてください。

営業用ホームページはお客さんが確認するので基本嘘は書けないからになります。
求人用ホームページに書いているものと違う場合は、営業用ホームページが実際の仕事内容になるのです。

【待遇のチェック】

お客さんのサービス料金のチェックもしてください。
時間・料金になります。

この一部があなたの手元に入る稼ぎの金額になります
※歩合制の場合になります。
時給制は求人用ホームページに記載している時給を確認するようになります。
歩合制のバックは、サービス料金の相場50%になっているところがほとんどになります。

求人用ホームページの風俗嬢の日額と、営業用ホームページのサービス料金の50%でだいたいの1日のお客さんの人数が計算できるようになります
サービス料金が60分12000円・日額の稼げる収入30000円であれば、30000円÷(12000÷2)=5人(1日あたり)になります。
この計算結果で、8人以上になったら現実的には無理な日額といっていいでしょう。
※もしそれだけの稼ぎをクリアしようとしたら、1日の仕事の時間は大変なことになります。

5時間働いて5人はありえないので、ロス時間を間30分で計算すると、約8時間で30000円になります。
ただ、これは集客があっての話しになります
時給計算になるものは求人用ホームページで計算をしてください。

【集客・客層・本当に稼げるのかチェック】

風俗店タイプ・コンセプトと稼ぎから風俗店候補が複数上がったとおもいます。

ここですぐに面接にいきません
カメラインターネットにはたくさんの情報が掲載されています。
あなたの候補の「店舗名と評判」「店舗名と口コミ」「店舗名と風俗嬢」などで検索して、働いていた風俗嬢の情報を集めて傾向を見て見ましょう。
客層・集客率・保証・天引きされる経費・稼ぎなどの情報・スタッフなど、できるだけ集めて傾向を掴んでおきましょう。

インターネットに情報がない場合は、別の店舗の評判・口コミで風俗嬢がどのようなことを記載しているのか整理してください
インターネットの評判は、悪い方向のものが多いので傾向を掴む程度にして、この傾向を面接の時に質問していくのです。
店舗は複数面接にいってから体験入店先を絞ってください
体験入店で、合わない時は別の風俗店の体験入店にいくようにします。

複数店舗からあなたのあうタイプの風俗店を選んでください
これであなたにあった風俗店が見つかるようになります。
最初のコンセプトがあなたに合っていないのに、次のステップに進んでも意味がありません。
あなたが、カリにデブだとします。

コンセプトがスタイル抜群の女性ばかりのところであるにも関わらず、あなたが面接に行ったとしても不合格になるのです
もしどうしても合格したいのなら、まず風俗店選びの前にダイエットできるスポーツジムを選んでください。

まとめ

風俗店のタイプごとの仕事で、あなたにあっている・仕事としてできるものがどのタイプが選んでください
営業用(男性が閲覧する)と求人用(働きたい女性が閲覧する)2つのホームページがあるお店を候補にします。

仕事内容は、求人用ホームページの内容ではなく営業用ホームページのお客さんに対するサービス内容でチェックしてください。
待遇のチェックはお客さんのサービス料金を基準にチェックします
集客・客層・本当に稼げるのかチェックは、インターネット上にある評判・口コミで傾向をチェックして、面接で質問してください。
あなたにあったコンセプトでないと不合格になります。

ご参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする