ソープでどんな事されたらNG客に認定しますか?

ソープランドで働く風俗嬢は、日々たくさんの男性のお客さんとのセックスを通じ、快楽と癒しを提供することがお仕事になっています。
リピートのお客さんを相手にすることもあれば、割合としてはほとんどが初めましての新規のお客さん、というパターンも多く見られます。
リピートのお客さんであれば、その方のタイプや好みのプレイがわかったりもするので気が楽ですが、新規のお客さんは初対面が故に、どんな相手か、出会っただけでは検討もつきません。

それでは、どのような禁止行為・迷惑行為を働くお客さんであれば、風俗店も納得してNG客に認定することができるのでしょうか。
今回の記事では、風俗嬢からだけでなく、風俗店からもNG客として認定されてしまうお客さんの特徴について、ご紹介します。

[toc]

マナーが悪い客はいる

紳士的な、一般常識やマナーをわきまえているお客さんであれば安心できますが、少なからず禁止行為や迷惑行為を犯し、NG客になってしまうお客さんも一定数おられます。
とはいえ、NG客に認定するお客さんの特徴というのは風俗嬢にとって様々です。
風俗店では、働く風俗嬢の裁量でNG客に認定することができることがほとんどなので、あまりにもひどいお客さんであれば、自分の判断ですぐにNG客に認定することができます。
ただし、あまりにもNG客が多くなりすぎると、自分のお給料も確保できなくなりますし、風俗店からしてもお客さんを断り続けることは、あまり心象のいいことではありません。

指名予約したのに、当日ブッチ。

ソープでどんな事されたらNG客に認定しますか?風俗嬢だけでなく、風俗店も非常に嫌うのが、この当日ブッチです。

あらかじめ電話やインターネットを通じて予約を取っているのにも関わらず、当日急に来店することができなくなってしまうケースです。
もちろん、それが初回であればあまり問題はありませんが、こうしたことが続くことによって、風俗店のほうからお客さんに対して利用を禁止することもあります。
さらに悪質なタイプは、全く何の連絡も入れないまま、無断でキャンセルするお客さんです。
たまたま緊急の用事が入ってしまい、キャンセルをするのであればまだ何度かチャンスはありますが、こうした悪質なキャンセルの場合、たった1度でNG客認定となります。

お客さんが予約を入れる場合、当然ですが風俗店は、その予約先の風俗嬢の時間を確保し、フリーのお客さんや他のリピートのお客さんからの予約を断っています。
もし急なキャンセルや悪質な当日ブッチで穴が空いてしまった場合、貴重な売り上げの予定をなくしてしまうことになり、これは風俗店にとっても、完全歩合制で働いている風俗嬢にとっても、非常に迷惑な行為になるのです。
そうしたお客さんは、また同様の迷惑行為を繰り返す傾向も見られるので、NG客として認定されやすくなります。

ガジマンなど、プレイが乱暴。

ガジマンというのは、いわゆる手マンをかなり激しくすることを指します。
男性というのはよく、アダルトビデオで見かけるようなガジマンが本気で女性を喜ばせている・気持ちよくさせていると勘違いしていることが多く、セックスの際に手マンをかなり激しく行いがちです。
しかし、実際にはこうしたガジマンというのは全然気持ち良くなく、むしろ女性器という敏感な部分を乱暴に扱われるため、痛みを感じてしまうことがほとんどなのです。
実際に、男性の指の爪が長く、激しく手マンをすることによって女性器や子宮を傷つけてしまい、子供ができにくくなった・できない体になってしまった、というトラブルも起こっています。

中には、風俗嬢のほうから「痛い」と伝えているのにも関わらず、その言葉に興奮したり、痛がっている表情を感じているものだと勘違いして、さらに激しさを増そうとするお客さんもいます。
風俗嬢にも気持ちよくなってもらいたい、という気持ちを持つことは素晴らしいことではありますが、相手がそれによって痛みを感じたり、場合によっては怪我をしてしまっては、元も子もありません。
もし、嫌だと言ってもガジマンをしてくるようなお客さんに当たってしまった場合、多少強引でもお客さんの手を止め、痛みを感じることを率直に伝えましょう。
それでもやめてくれない場合はボーイを呼び、即刻退室・NG客認定をしてもらうことをおすすめします。

風俗嬢に対して暴言を吐く。

メガホンセックス中に言葉攻めをすることで、さらに興奮を掻き立てることを好むようなお客さんは非常に多くいますが、それが妄言として捉えられた場合は、NG客として認定してもいいでしょう。
特にたちが悪いのは、自称ドSと名乗っているようなお客さんで、そうした方は言葉攻めと暴言の境目を認識しておらず、平気で風俗嬢が傷つきそうな言葉をドンドン投げかけていきます。
もちろんそうした性癖を持っているだけの方もいますが、1番多いのは単に担当になった風俗嬢がタイプでなかったり、そのお客さんの好みと大きく離れた容姿やスタイルを持っていた場合なんかに、横暴な態度を取ったり、暴言を吐くお客さんです。

例えば細身の女性がタイプだったのに、担当してもらうことになった風俗嬢がかなりふくよかな体型だった場合、「高いお金を支払って癒されに来たのに、何でタイプでもない風俗嬢が相手になるんだ?」という疑問と怒りを覚え、それらの感情を風俗嬢にぶつけようとしてきます。
どちらにしても、メンタルのあまり強くないような風俗嬢であれば、その言葉に傷ついて働くことも嫌になってきてしまうでしょう。
ソープランドは利用する金額が高いが故に、そうした横暴なお客さんも他の風俗店に比べて来店しやすいので、新規のお客さんを相手にするときは注意が必要です。

ゴムをつけずに生本番強要。

ソープランドの中でも、高級店になればコンドームなどの避妊具をつけずに、射精の際も風俗嬢の膣の中で出すことを許可されていますが、基本的に高級店以下の風俗店に関しては、コンドームの着用は必須になっています。
しかしそれにも関わらず、コンドームを着用せずに、生の状態で本番行為を強要しようとするお客さんというのは、どうしても一定数存在します。
特に風俗業界にいる悪質なお客さんというのは、基本サービスよりワンランク上のサービスを求めようとする傾向が強くあります。

例えば手コキのソフトサービスが基本のオナクラで、オプションをつけていないのにも関わらずおさわりやフェラチオを要求されたり、フェラチオまでが基本サービスのホテヘルやデリヘルで、本番行為を要求されるケースは多く見られるのです。
ただそれに合わせて、リピートのお客さん欲しさに、お客さんの要求を受け入れるような風俗嬢もかなり増えて来たことから、風俗嬢が非常に軽く見られてしまっているという現状は否定することができません。
ゴムをつけずに本番行為を要求するようなお客さんは、必ず他の風俗店でもそうした要求をされているでしょう。
そうなると、不特定多数のお客さんを相手にしている風俗嬢と生で本番行為をしていることで、本人も気づいていないような性病にかかってしまっていることも考えられます。

感染すると厄介なので、1回でも生を要求されたら、NG客認定するようにしましょう。

キモいプレイを要求する。

これまでご紹介してきた事例は、風俗店から見ても出入り禁止を申告するほど悪質なお客さんの特徴でしたが、こちらに関しては風俗嬢によって耐えられる・耐えられないの裁量が非常に変動します。
キャンセル例えば、顔舐めであったり足舐めであるような、お客さんのフェティズムが関わってくるようなプレイに関しては、キモいと考えてNG認定にする風俗嬢もいれば、それくらいどうってことないと受け入れる風俗嬢もいます。

考えようによっては、少し足を舐めさせておくだけでお客さんも勝手に興奮するし、受け身だからサービスの負担が軽減されるので、非常に得をする可能性もあります。
しかし、そうした行為を受けていること自体が耐えられないくらい嫌なのであれば、NG客認定をしても構わないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

風俗店も納得してくれた上で、NG客認定することができるお客さんというのは、自分の快楽や得ばかりを考えた、非常に悪質なお客さんであることがほとんどです。
そうしたお客さんの要求を断れずに受け入れ続けてしまっては、どんどん心の負担が重なっていき、働くことも嫌になって、仕事も手につかなくなってしまうでしょう。
もし、NG認定できるようなお客さんの担当に当たってしまった場合、そうなってしまう前にしっかりと風俗店に相談し、NG認定してもらいましょう。
そうすることで、嫌な気分を抱え込まずに仕事をすることができるはずです。

もし、悩んでしまったら一旦休むのがおすすめですが、給料との兼ね合いもありますよね。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする