風俗の自由出勤って自分で退勤と休憩時間を決められるの?当欠は?

社員が始業・就業時刻を決めて働くことができる制度をフレックスタイム制と呼びます。
出勤していないといけない時間以外は、自由に使えるようになるのです。

特に主婦の方で子供の保育園の送り迎えがある方にとっては便利な制度になります
メリットとしては、朝の通勤ラッシュをさけることがあきる・効率よく働くことができて残業が少なくなる・柔軟性があるので子供の成長にあわせてライフスタイルが調整できる・夏などは節電対策にもつなげることができるのです。
デメリットとしては、取引先との打ち合わせ・連携ができなくなってしまうことがあるのですべての人は使えない・人によってはリズムがとれずルーズになってしまうなどがあります。
このように出勤時間を自由にすれば、いいこともあるのですが悪い面もあります

風俗店のタイプではデリヘルは自由出勤・完全自由出勤で風俗求人が掲載されています。
昼職がある女性にとってはアルバイトするにはありがたい制度で、自由にシフト調整できることは助かります
風俗の自由出勤はどのような条件があって、メリットデメリットはあるのでしょうか?
見ていきましょう。

風俗店完全自由出勤とは?

風俗の自由出勤って自分で退勤と休憩時間を決められるの?当欠は?風俗嬢のタイプにはソープ・SMクラブ・ヘルス(ファッションヘルス・ホテヘル・デリヘル)・セクキャバ(おっパプ)・ピンサロ・オナクラ・エステなどさまざまなものがあります。
タイプによって出勤についての考えに違いがあるのです。
店舗型で設備を利用してサービスを提供するところは、自由な出勤のところは少なく、設備にあわせて風俗嬢をスタンバイするようになります
設備があるお店のタイプは、出勤シフトは早番・遅番の2交代制のところが多く、そのどちらかのシフトに入るようになります。

設備がなくてもできる派遣型サービスのタイプは、風俗嬢もたくさんそろえて、女性が空いている時間に働けるようになっているところが多いのです。

自由出勤とは

自由に出勤調整ができるなかにも、完全自由出勤と自由出勤と呼ばれるものがあり、内容は違いがあります。
自由出勤と求人に掲載されているのは言葉の使い方だけのことで、実際は設備がある店舗型のサービスで、出勤できる曜日の早番か遅番かのどちらかになります
早番・遅番・その他の時間で調整して、お店によって時間範囲はちがいがあります。

完全自由出勤とは

完全自由出勤のお店は派遣型サービスのデリヘルタイプが多いです
完全自由出勤と言っても、はいこれから仕事に入りますとはいきません
そのようなことをしていたら、風俗嬢が何人スタンバイしているかお客さんを受け入れることが可能なのか判断ができない・風俗嬢全員が休みになったりもします。
だから、完全自由出勤といっても、事前にシフト調整するようになるのです

今週の半ばまでに来週のシフトを曜日・時間を指定して提出するようになるのです。
出勤日数・時間については風俗嬢が自由に決めればいいことになるのです。
稼ぎたい人は、週6日出勤して朝から夜までシフトをいれる女性・昼職の関係で、夜7時から深夜12時まで入れる・主婦で朝10時から15時まで子供の迎えまでいれるなど、ライフスタイルにあわせてシフトができるようになるのです。
※休憩はあなたが好きに決めたらいいのです。

メインにしている女性以外は、急な予定で変更することにも対応しています。
※前日までの変更になります。
これは逆の場合も調整がきくので、あなたが休みの用事がなくなって、仕事がしたいとなったら前日までにシフトをいれれば仕事ができるようになるのです。
すごく便利に出勤調整ができるのが完全自由出勤の特徴で、掛け持ちにする女性にとってはありがたい制度になるのです。

これは一般ビジネスのフレックスタイムよりも柔軟性がある仕事のスタイルで、素晴らしいシステムになっているのです。
ただ、完全自由出勤といっても注意点があります
見ていきましょう。

注意点はないのか

質問完全自由出勤といっても事前にシフトを組んで調整しているので、今日の今日変更することは基本的にできないのです。

だから、当日になって欠勤は基本的にだめになります。
あなたに予約が入っている場合は、特にお客さんに迷惑をかけることになります。
お店にとっても売上が減少するので損失になってしまうのです。
当日欠勤を繰り返ししていたら、あなたは信用がなくなりいずれクビになります。

当日欠勤よりひどいのが、無断欠勤になります。
連絡なしで休むことは、風俗業界でなくても、当たり前にダメな行為になります。
1度や2度あるぐらいで問題になることはありませんが、続くとまずはフリー客があなたには回らなくなり、リピート客で稼がないといけなくなります
フリー客は将来のリピート客なので、あなたの稼ぎは現状維持か下がるようになるのです。

完全自由出勤にデメリットはないのか?

完全自由出勤は派遣型サービスに多く、お客さんはホームページで風俗嬢をチェックして指名するようになります。
完全自由出勤は働いている女性にとってはありがたい制度になるのですが、お客さんの立場から言えば、ホームページの出勤予定を確認して「明日〇〇ちゃんに会いに行こう」と考えても、あなたの出勤調整によっては、あなたに会えないようにもなるのです。
もう一度あなたに会いたいと思っても、お客さんのタイミングが合わないと、なかなか指名客がつかないことにもなるのです。
指名客がつかないとリピートにはならないので、稼ぎも不安定になります

ネット鳴りしないことになるのです。
あなたは自由で希少価値がある風俗嬢としてプレミアム感はあるのですが、指名客がつかずに毎回フリー客を相手にしていくことになるのです
設備型の場合で完全自由出勤の場合は、あなたが出勤したいと考えても設備が埋まっていて出勤ができない状態にもなります。
完全自由出勤で自由ではあるのですが、稼ぐのであれば、ある程度出勤にリズムをとっていかないと、お客さんの指名がとれないことにもなります

例えば、週3日は必ず時間帯は同じにして出勤するようにしていくことを基本で考え、そこに何かあれば調整していくことが、良いと思います。
また、派遣型サービスで24時間営業しているからといっても、いつでもお客さんが多いわけではありません。
早朝早くから仕事ができる時間だからといっても、お客さんの集客がない時間帯であれば、ただあなたはスタンバイしているだけになるのです
曜日・時間帯をスタッフに確認して集客力のある時間に、あなたの予定をあわせることも必要になるのです。

もし、集客力のある時間に働くことができれば、風俗嬢として稼ぐこともできる・あなたの私生活も守れるなどいいことばかりになります。
注意 マーク集客については、月・週・曜日・時間によって変わってくるのでスタッフに毎週確認して調整するといいでしょう。

まとめ

タイプによって出勤についての考えに違いがあるのです
店舗型で設備を利用してサービスを提供するところは、自由な出勤のところは少なく、設備にあわせて風俗嬢をスタンバイするようになります。

設備があるお店のタイプは、出勤シフトは早番・遅番の2交代制のところが多く、そのどちらかのシフトに入るようになります。
自由出勤と求人に掲載されているのは言葉の使い方だけのことで、実際は設備がある店舗型のサービスで、出勤できる曜日の早番か遅番かのどちらかになります。
完全自由出勤のお店は派遣型サービスのデリヘルタイプが多いです
完全自由出勤といっても、事前にシフト調整するようになるのです。

出勤日数・時間については風俗嬢が自由に決めればいいことになるのです。
休み返上で仕事に変更していもいいです
完全自由出勤といっても事前にシフトを組んで調整しているので、今日の今日変更することは基本的にできないのです。
特に当欠・無断欠勤はダメ
集客力のある時間に働くことができれば、風俗嬢として稼ぐこともできる・あなたの私生活も守れるなどいいことばかりになります。
ご参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする