ソープ嬢や風俗嬢になるなら税金の知識はメリットが多いから学ぼう

風俗業界は、普通のお仕事よりもお給料を稼ぐことができる!」と、お金を稼ぐという部分ばかりに目が行ってしまいがちで、風俗業界で働くほとんどのソープ嬢や風俗嬢が、税金関係の知識もなく、正しい手続きを知らない方がほとんどです。
日本は税金を納めることに非常に厳しい目を持っており、正しくしっかりと税金を納めておらず、もしそれがバレてしまった場合、今まで納めていなかった分の税金を、罰金とともに支払うことにもなってしまいます。
それにも関わらず、もはや「確定申告をしていない」というソープ嬢や風俗嬢も多いのです。

ただ、税金関係は専門用語や難しい知識も多く、調べても理解できないほど難しく感じてしまうこともありますよね。
今回の記事では、税金の知識をよく知らないソープ嬢や風俗嬢に対し、確定申告や申告書の違い、副業が本業の会社にバレない方法などを、簡単にご説明します。
一気に多額の税金と罰金を支払わなくするためにも、税金の知識はしっかりとつけておきましょう。

ソープ嬢や風俗嬢がまず知るべき「確定申告」って?

ソープ嬢や風俗嬢になるなら税金の知識はメリットが多いから学ぼう税金についての知識が乏しいソープ嬢や風俗嬢であっても、「確定申告」という言葉は1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
確定申告とは、個人事業主が1月1日から12月31日までの1年間の売り上げや収入、お仕事にかかった経費、所得などを申告書類に記載し、国に申告することを指します。
会社員の場合、「年末調整」という名目で雇用先の会社が行ってくれることになっているので、副業などをしていない場合は個別に確定申告をする必要はありませんが、ソープ嬢や風俗嬢は風俗店に雇用されているわけではありませんので、個人で確定申告を行わなければなりません。
というのも実は、風俗業界で風俗嬢として働く場合、ボーイや店長のように風俗店や運営会社と直接雇用があるわけではなく、風俗嬢は個人事業主扱いになってしまうのです。

ボーイや店長にはお給料の最低保証額があり、多くのソープ嬢や風俗嬢のお給料が完全歩合制なのは、「風俗店が風俗嬢にお仕事の依頼を発注している」という形式でお仕事をしていることになっているからです。
働いたら働いた分だけ収入を得るのは、こうした風俗店と風俗嬢の関わる関係性が故なのです。
確定申告をした後は、売り上げや所得に見合った税金が提示されるので、その金額を納めなければならず、それを俗に言う「納税」と言います。
この納税の金額とは「所得」によって決められるものであり、その所得とは「売り上げから経費を抜いたもの」を指します。

所得が高くなれば高くなるほど納税額は上がりますし、下がれば下がるほど納税額は下がりますが、経費をしっかり把握して申請しない限り、売り上げ100%が所得として判断されてしまうため、しっかり年間の経費を把握しておく必要があるのです。

経費って、どこまで申請すれば認められる?

ビル確定申告では、自分が稼いだ売り上げから経費を差し引いた「所得」の金額によって、納税する金額が決定する仕組みになっています。
それではその「経費」というのは、どこまで申請することができるのでしょうか。

また、申請できない範囲は、どこまでになるのでしょうか。
まず、経費として申請して通用するかどうかを判断される基準というのは、「お仕事に関わるものかどうか」「お仕事で利用されたものかどうか」という部分になります。
例えば経費として申請して通るものでいうと、お客様の体を洗うボディーソープやタオル、マットプレイに使用するローション、自宅から風俗店までにかかる交通費がそれに当たります。
また、もし所属している風俗店が「OL」「女子高生」「ナース」などのコンセプト系のお店で、かつそうした制服を自分で用意しなければならない場合は、それらを経費として申請することが可能です。

一方、経費として申請しても通用しないものは、「プライベートと併用されるもの」になります。
例えばプライベートとも併用して使っているメイク用品であったり、仕事場にいく以外で使用した交通費、個人的に食べた飲食店の費用なども、経費としては当然申請することはできません。
また、所属している風俗店がコンセプト型のお店ではなく一般的な風俗店で、特に服装などに指定がない場合であれば、仕事着として購入した衣装であったとしても、経費として申請することは難しいでしょう。
慣れない場合は、どれが経費として申請してもいいのか、どれが経費としては申請できないのかの判断は、つきにくいと思われます。

とにかく何かを購入した際は、しっかりとレシートや領収書をいただくようにすることで、後で税理士にお願いしたり、慣れた人に判断を仰ぐことで一緒に仕分けをすることができます。
今日からしっかりと、レシートを確保する習慣をつけるようにしておきましょう。

よく聞く申告の「青色」「白色」の違いって?

ざっくりとでも確定申告の知識がある方であれば、申告書には「青色申告」「白色申告」というものがあるということは、ご存知だと思います。

確定申告についてさっぱりわからないという方であれば、初めて聞いたかもしれません。
それぞれの違いとは、一体どのようなものなのでしょうか。
簡単に説明すると、青色申告というのは、書類の量や深刻方法が少し複雑で面倒なものになる代わりに、納税金額を少し控除することができるというものです。
一方の白色深刻というのは、書類の量も多くなく、申告方法も非常に簡単になるかわりに、納税額に対する控除などの特典を受けられない深刻のことを指します。

つまりざっくりとお伝えすれば、手間や時間をかける代わりに納税額を減らすことができる申告が「青色申告」で、時間や手間がかからない代わりにお金を多く支払う申告が「白色申告」となります。
書類が多くなったり複雑になったり、時間がかかって手間が増えるということを考えると、少し金額が高くなるくらいであれば、白色申告でパッと申請してしまいたい、と考える方もいるかもしれません。
しかし、青色申告で受けられる特別控除の金額は最大65万円になりますので、白色申告で申請してベースにされる所得との差が、最大65万円も開くことになります。
65万円の割引を受けられると考えれば、非常に手間がかかったとしても、青色申告で確定申告を申請した方がお得ということは、言うまでもありません。

副業で風俗店勤務をしている場合、会社にバレない方法はある?

電卓確定申告をした場合に懸念されるのが、本業の会社に風俗店勤務の副業がバレてしまう、ということではないでしょうか。
お給料が手渡しだから、バレたくもないし確定申告はしなくてもいい、と浅く考えてしまうソープ嬢や風俗嬢も多くいますが、申請をしないことは違反扱いになり、納税+罰金を支払うことになってしまいます。
副業として風俗店勤務をしている場合、確定申告をしながらも本業の会社にバレない方法というのは、あるのでしょうか。

実は、副業をしていたとしても、確定申告で提出する申告書に記載されている「住民税の納付方法」の部分を、「給料から差し引き」ではなく、「自分で納付」を選択することによって、本業の会社にバレずに済むのです。
間違って給料から差し引きにしてしまうと、会社が申告した金額との採算が合わなくなってしまい、その事実を税務署から会社に対して報告されてしまいます。
副業が本業の会社にバレてしまうのは、こうした間違いが原因なのです。
確定申告をしても、チェックする項目さえ間違えなければ、本業の会社にバレることはありません。

それよりも、確定申告をしないことの方がリスクとしては大きいため、しっかり確認しながらも、確実に確定申告を行っておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
風俗嬢は風俗店との直接的な雇用契約を結んでいるわけではありませんので、しっかりと確定申告を行う必要があります。

もし旦那や親の不要に入っている場合で、かつ所得が103万円以下であれば所得税がかかりませんので、多くの場合は確定申告は不要ですが、そうでないのにも関わらず申告しなかった場合は、罰金が課せられてしまう可能性が非常に高くあります。
納税する金額を少しでも減らしたい場合は、しっかり経費を管理することが必要です。
この記事をご覧になっていただいた後から、買い物をするたびにレシートや領収書は保管するようにし、確定申告で損をしないように対処しておきましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする