本音を言うとデリヘルなどで本強されるよりお金貰ってソープで働く方が楽

風俗業界にはさまざな業種がありますが、その中でも特にお店の数が多くて、働いている女の子も多いのがデリヘルとソープです。
風俗業界では一般的にサービスの内容がハードであるほどお給料が高くなる傾向があるので本番があるソープの方がデリヘルよりも稼ぎやすいと言われています。
しかしお仕事とはいえどもさすがに本番をするのは嫌だと考えてデリヘルで働いている女の子もたくさんいます。
そこでこの記事ではソープとデリヘルのどちらで働くのが選ぶときに参考になる判断材料と、実際に両方で働いたことがある風俗嬢の口コミをご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ソープとデリヘルはどちらがいいの?

本音を言うとデリヘルなどで本強されるよりお金貰ってソープで働く方が楽ソープとデリヘルは風俗店の中で人気が高い業種なので、どちらで働こうか迷っている方も多いでしょう。
そこでソープとデリヘルのそれぞれの特徴やメリット、大変な点をご紹介するので、どちらが自分に合っているのか参考にしてみてください。

お客さん一人あたりのお給料はソープが上

ソープとデリヘルではお客さんが支払った金額の中から一定の割合が風俗嬢にバックされる給料システムになっています。
つまりお客さんが支払う金額が高いほど風俗嬢の手取りも増えると言うことです。

そして同じ時間接客をした場合、デリヘルよりもソープの方が料金は高くなります。
お客さんが支払う料金は、だいたい一般的なデリヘルであれば90分で20,000円程度ですが、ソープであれば35,000円程度です。
この料金のうち、ソープでもデリヘルでも大体50~60%程度が風俗嬢へのバックになるので、90分接客をしてデリヘルなら10,000円以上、ソープなら17,500円以上は稼げるということです。
お店によって料金や風俗嬢へのバック率は変わりますが、ソープの方が稼ぎやすいのは間違いありません。

お仕事で本番をできる?

ソープで働く上で最も女性にとって辛いことは当然本番をすることです。
初めて会う男性とセックスをすること自体とてもつらいことですが、お仕事としてそれをするということは一回きりではなく一日の間に何人ものお客さんの相手をしなくてはいけません。
それは肉体的にも精神的にも負担が大きいことです。
お金をもらってセックスをしているので、プライベートではセックスをするのが嫌になってしまうソープ嬢も珍しくありません。

お客さんとのセックスを仕事だと完全に割り切れる性格ではない限り、本番をしてしまっている自分自身に自己嫌悪を抱いてしまう方も多いのです。
そして精神的に病んでしまう女の子もいます。
だからソープで働くのであれば、お給料のために仕事をしていると割り切って、さらにいつも以上に自分の心のケアに気を使わなくてはいけません。

本番強要のストレスに耐えられる?

吹き出しデリヘルではお客さんと本番をする必要がありません。

そういう点ではソープよりも精神的な負担が少ないと言えますが、デリヘルで働いていると当然の様にお客さんから本番を求められることがあります。
そしてお客さんから本番強要をされるたびに、お客さんの機嫌を損ねないようにしながら上手に断らないといけないのです。
デリヘルで本番強要をされ続けることに病んでしまい、メンドくさくなってお客さんと本番をしてしまうデリヘル嬢も少なくありません。
そして結局デリヘルで働いていても本番をするのであればソープで働いた方が良いと考えて移籍する女の子もいるのです。

膣の強さとは

ソープで本番行為をすると、精神的に病んでしまう可能性があるだけではなく肉体的にも負担があります。
そしてソープの場合何人もの男性とセックスをすることになるので、膣に負担がかかり痛くなってしまう女性も少なくないのです。
ソープで働き続けるためには意外と膣の強さも重要なのです。
こればかりは働き始めないとわからないことではありますが、プライベートでセックスをしているだけでも膣が痛くなったり、皮膚が腫れてしまったりするタイプの女性はソープで働くのは難しいと言えるでしょう。

派遣型と店舗型の違い

プレイ内容以外にもお店の形態も働き続ける上では重要です。
ソープは店舗型なので、お客さんとのプレーはスタッフがいるお店の中で行います。
だからもしお客さんから暴力を振るわれるなどの危険な行為をされた場合でもすぐに助けてくれるスタッフが近くにいると言う安心感があるのです。
一方デリヘルは、お客さんの家やラブホテルなどに派遣されて、お客さんと個室の中で一対一になりサービスを行います。

例えばお客さんが本番強要をしてきたとしても周りに助けてくれる人はいないので自分の力で自分の体を守れる用にならなくてはいけません。
そういう状況が強い女性であれば派遣型のデリヘルよりも店舗型であるソープの方が安心して働けるというメリットがあります。
このようにソープとデリヘルにはさまざまな違いがあり、人によってどちらの職業の方が合っているのかは違います。
まずは自分が稼ぎたいお給料と、本番を仕事としてすることができるのかどうかを考えた上で、それ以外の要素についてもお店選びをする時の判断材料にしてください。

ヘルスとソープで働いた風俗嬢の意見

天秤ここでは実際にヘルスとソープで働いたことがある風俗嬢の口コミをご紹介します。
——————————
・ずっとデリヘルで働いていたんだけどお客さんからの本番強要がウザすぎて、たまに本番させられちゃうこともあったからもうめんどくさくなってソープで働いてるよ。
ただデリヘルの時は絶対ムリなタイプだったら死んでも断ってたけど、ソープの場合はどんなお客さんであっても断ることが絶対に出来ないからキツイ。
・本番するからなのか知らないけどソープの方がお客さんが気持ちが入って恋愛感情もっちゃって口説いてくることが多い気がする。
こっちは仕事として割り切ってやってるんだからめちゃくちゃめんどくさい。

デリヘルは本番強要されても断れるし、「いつかはできるかもしれない」って勝手に考えて何度も通ってくれるから私には合ってたな。
・私は膣が弱いみたいで、ソープは全然駄目だった。
一日二人やった次の日はもうアソコ痛くて仕事できなかったもん。
・私はデリヘルの方がキモイ客が多いっていう印象だったな。
挿入がない分、それ以外のプレーがしつこくていつまでも舐めてくるとか、ヒゲをアソコにこすりつけてくるとか、変態っぽい人が多かった気がする。
あとソープに来る人の方がお金の余裕があるからだと思うけどデリヘルは臭い客も結構来るから絶対一緒にシャワー入って洗いまくってる(笑)

——————————
このように、人によって自分に合うと感じる業種は違うので、働き始めてからでも合わないと感じた場合には違う業種に移籍しましょう。

まとめ

ソープとデリヘルのどちらで働くのが選ぶときに参考になる判断材料と、実際に両方で働いたことがある風俗嬢の口コミをご紹介しました。
ソープは本番をしなくてはいけない代わりにお給料が高く、デリヘルはその逆です。

単純にたくさん稼ぎたいのであればソープを選んだ方が良いよう思えますが、長く稼ぎ続けるためには自分に合ったお店を選んだ方が、結局は長く働くことができて、たくさん稼げます。
だからこの記事で紹介したソープとデリヘルそれぞれの特徴をよく考えて、自分に合ったお店を選びましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする