ソープで性病以外の病気は精神系が多い理由

風俗業と性病の関係は切っても切れるものではありません。
風俗では性的接触や性行為を通して性病に感染する確率が高いからです。
中でも本番行為が許されているソープではほとんどの店舗で定期的な性病検査が行われていますが、検査はあくまでも病気かどうかを調べるためのものであって予防にはなりません。

今回は風俗で避けては通れない性病に関して、特にソープでの病気全般、性病とそれ以外の精神系の病気についての検証です。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

風俗でかかりやすい病気って?

ソープで性病以外の病気は精神系が多い理由風俗で働いている女性も、風俗を訪れる男性もそれぞれが罹患している、あるいは過去にかかった病気にはどんなものがあるのか見てみましょう。
ここでとりあげる風俗での病気は性病全般でおもにSTD性感染症と呼ばれ膣性交、肛門性交、口腔性交などの性的行為によって感染するものです。

*淋病:淋菌の感染により性行為やオーラルセックスによって起こる感染症。
男性の場合は排尿時や勃起時の痛みがあり女性は自覚症状がないことも多い。
*クラミジア:クラミジア・トラコマチスにより、性行為・口と性器の接触で感染、男性は尿道の痛み、女性はおりものが増えるなどの症状がある。
*ヘルペス:単純ヘルペスウイルスによるもので、性器や唇などに水泡、発疹、浅い潰瘍などができる。

*ガンジダ症:ガンジダ属菌による性感染症で局部の炎症や不快症状が特徴。
*トリコモナス:原生生物のトリコモナスが病原体となり、男性はたいていが無症状で女性は悪臭を伴う黄白色のおりものがあるのが特徴の感染症。
*ウイルス性肝炎:肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患でA型B型C型肝炎が一般的。
*梅毒:スピロヘータの1種梅毒トレポーネによって発生する性感染症で潜伏期間をえて4段階に症状が移行していく。

以前は死の病と言われていたけれど現代では抗生物質の使用により死亡することはほとんどない。
*エイズ:後天性免疫不全症候群と呼ばれHIVヒト免疫不全ウイルスが免疫細胞に感染して免疫不全を起こす疾患。
初期は感染から2~4週間で風邪に似た症状がありその後5~10年は無症状の潜伏期間がある。
以前は肛門性交によるゲイの間で感染といわれていたけれど男女間の普通の性行為でも感染する。

主な感染経路は?

上記ご紹介したどの性感染症も性行為だけでなく粘膜と粘膜の接触や血液などを介しても感染することがほとんどなので、風俗業種のどのジャンルでも感染するリスクはあります。
また多くの感染症が一定の潜伏期間を経過してから症状が現れますので、特に風俗で複数の相手を交わっている場合には感染経路や相手を特定するのが非常に難しいといえます。
特にソープでは本番行為があるのが普通ですから、NSでコンドームなしでの性行為はそれだけ病気にかかる確率も当然高くなります。

風俗で働く上での性病予防は?

それでは常に性病のリスクと隣り合わせの風俗業でどんな予防が効果的なのでしょうか?
もちろん性的接触をしなければ危険性もなくなりますが、風俗では性的接触が主な仕事ですから、そんなことは不可能ですね。
性感染症になるリスクを避けるには何といってもコンドーム使用が必須です。

吹き出し最近では性病予防のために一部の高級ソープではNS(ノースキン)を廃止してSS(スキン接着)に変更しているお店も出てきました。
コンドーム着用だけで性病すべてが防げるわけではありませんが、リスクの半分は減らすことができます。
あとはプレイ前に殺菌力の強いうがい薬でのうがいも忘れてはなりません。

性病予防で注意すべき点は?

風俗において勤務する女性も訪れる男性も性病に感染する経緯で一番こわいのは、いろいろな性感染症で症状が出ない潜伏期間中に病気が移ることです。
自覚症状がなければ本人も病気だとはわかりませんし普段と同じようにプレイしていて病気をもらったり移したりすることになります。
定期的に性病検査を義務付けているお店勤務がベストですけれど、もしお店でやらなくても個人でも自発的に病院で検査を受けることが重要です。
その他ソープの場合、本番が終わった直後に必ずオシッコをして尿道に付きそうな菌を洗い流すのです。

この方法は風俗通いの男性はよく知っていて一部の男性は実践しています。
そのままでいたら尿道に付着してしまう菌を直後のオシッコで洗い流すのはそれなりに効果があります。

ソープで性病以外の病気は何?

それではソープに勤務していているソープ嬢が性病以外でかかりやすい病気とは何なのか見てみましょう。

ソープ嬢特有の兆候としては病気ではないですけれど、接客のたびに毎回お風呂に入るので肌が乾燥して荒れやすくなっています。
特別にお肌にやさしい石鹸やボディローションを選んで使っているソープ嬢は多いですね。
性病以外の病気としては何といってもメンタルがやられるケースが多いです。
ソープは心身ともに使う仕事なので心に負担がかかり過ぎてしまう場合があるのです。

ソープ嬢で精神系が多い理由は?

ソープでは一般的に言って好きな相手とするべきSexを訪れたお客とはどんな相手でも身体を開かなければならないことがストレスの要因です。
特にキモ客相手に性的サービスを提供しなければならないのに苦痛を感じるのは普通のことです。
でも多くの風俗嬢たちはお金のためとある程度割り切って仕事をしています。

またいつもいつもキモ客ばかりではないし、中には感じの良い気分よく対応できるお客もいるから続けられるのだといいます。
ソープだけに限らず風俗全般で女性たちはやはりキモ客に身体をいじられることがツライと感じているようです。
それにプラスで性行為までとなるとソープはお金も一番もらえるけれどつらさも倍増ということになります。

掲示板から風俗嬢やお客の声

質問風俗で精神を病むということに関して実際の現場からの声を拾ってみました。
*激安痴漢イメクラ勤務で病んだ若い勘違い客・貧乏オヤジ・本強など
*激安ヘルス誰からも嫌われているような変なセコ客ばかり
*どんな店でもキモ客で病む
*ソープは稼ぎもいいけれどストレスも半端ない
*激安ソープのフリー客は病む
*学園イメクラ客層悪くて病む
*セクキャバ8時間休みなしで何十人にも乳首ペロペロ、吸われてコリコリ触られて病んだ
*ソープ高級店お客に気を使って手抜きもできないから身体もキツイ
*毎日ヘラヘラ営業スマイル疲れる心身ともにキツイ
*真面目な人だと辛くなるかも私はお客なんか適当でいいと思ってるから全く病まない

*へたくそな指入れ、キモ客のディープキス、生でチンコこすりつけられるのがすごくイヤ
それ以外は我慢できる
*1日数万円の単位で他では稼げないでも決して楽して稼げる仕事ではない辛いと思わなくなったら心が壊れてると思う

まとめ

風俗で勤務している以上、心身ともに他の一般職よりは病気のリスクがあることは避けられません。
性病に関しては定期的な検査などで働く女性たちの健康管理がきちんとしているお店勤務が望ましいですけれど、もしお店で管理をしていなくてもしっかり自己管理をしていきましょう。
そして精神的にも自己を強く保ってできるだけストレスが溜まらないようにしていくことが大切です。
基本的には自分の身体は自分で守ることを心がけて、くれぐれもイヤな気分のままで働き続けないようにしてくださいね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする