ソープに日給保証が少ない理由ってなんですか?

風俗業界はほとんどの業種が完全歩合制か若しくは時給制+歩合制になっているため、お客さんが少ない日にはお給料が稼げません。
風俗で働く女性からしたら客入りだけでその日の給料が左右されてしまうのは不安です。
そこで風俗店がキャストに対して日給保証を付けてあげるシステムがあります。
日給保証があるお店であれば例えお客さんが少なかったとしても最低限もらえる収入が保証されるので安心して働けます。

もちろん、ソープでも日給保証を設定しているお店が多いのですが、他の業種に比べて日給保証をもらえることが少ないと言われています。
この記事では風俗業界の様々な業種ごとの日給保証の目安ともらいやすさについてご説明します。

[toc]

日給保証って何?誰でももらえる?

ソープに日給保証が少ない理由ってなんですか?日給保証というのは要するに女の子がそのお店に出勤さえすれば絶対にもらうことができるお給料の事です。

風俗業界ではお給料が歩合制によって決まることが多いため、お客さんに着ければ給料が0円で家に帰るということも起こります。
ソープ嬢にとっては出勤したのに給料が0円で終わってしまうというのはできれば避けたい事態です。
業界では「お茶引き」と言われます。
またお店としてはお茶の不安を取り除くことによって質が高いキャストを集めたいという意図があります。
日給保証が設定されていれば必ずその保証金額をもらうことができます。

例えば、日給保証が2万円のソープで働いていた場合、たまたまその日お客さんを一人しか接客することができず12000円しか給料が稼げなかった場合であっても2万円もらえます。
もちろんお客さんにたくさんつくことができて5万円稼いだのであれば、しっかり5万円もらって帰ることができます。
このように日給保証はソープで働く女の子にとって非常に魅力的なシステムです。
しかしお店にとってはお客さんに着くことができなかった女の子に売上以上のお金を渡さなくてはいけないのですから、誰でも簡単に日給保証をあげるわけにはいきません。

なので、日給保証が設定されているお店には「もらうための条件」も設定されています。
日給保証の条件には以下の様なものがあります。

出勤日数と出勤時間

週に一回気が向いた時だけ出勤するというような働き方では保証をもらうことはできません。
ほとんどの場合1か月の間に15日から20日程度の出勤が義務付けられると考えておきましょう。

また、1日6時間から8時間程度は出勤することになります。
体調を崩してしまって決められた日数出勤できなかったり、遅刻をして勤務時間を守ることが出来なければ、日給保証は支払ってもらえなくなります。

お店の宣伝に協力をする

スーツケースお店の宣伝とは具体的にはホームページや雑誌の取材などのマスメディアにでることです。
日給保証をもらうためにはお店のホームページで顔出しをすることが必須であったり、1日1回は写メ日記を更新しなくてはいけないなどの決まりがあります。
また、風俗雑誌や風俗サイトからの取材に対して顔出しで対応できることなどが条件として定められていることがあります。

身バレを警戒する女性にとっては厳しい条件ですが、最低保証があるのは魅力的です。

1ヶ月間の指名本数

最低限とらなくてはいけない指名の数が決まっているケースもあります。

保証があるということは例え一日損をしたとしても、その女の子に在籍していて欲しいということです。
要するに指名を取れるソープ嬢という事です。
だから日給保証をもらうためには最低限お店がしっかりと儲けられる程度の指名は取れなくてはいけません。
日給保証があるからといって適当なサービスをしてお客さんからの評判が悪いような女の子は、すぐに日給保証を切られてしまいます。

業種ごとの日給保証の目安

多くの風俗全農業種で日給保証が定められていますので大体の目安をご紹介します。

ソープ

ソープも箱ヘルと同じように日給保証が設定されているお店がたくさんあります。

日給保証も他の業種よりも高めに設定されていて3万円から5万円程度が目安です。
ただし、箱ヘルよりも日給保証をもらえることは少ないと考えておきましょう。
なぜかというとソープはヘルスなどよりも女の子ごとの人気の差がつきやすい傾向があるからです。
ソープは風俗店の中でも価格が最も高いお店ですので、「どんな女の子でもいいからとにかくヌきたい」というようなお客さんはそれほど多くありません。

それよりも高いお金を払っているのだからしっかりとサービスの質が良い女の子に接客して欲しいというお客さんが多いのです。
ですからお客さんから指名が集められるような良いサービスをしている女の子は、自然と日給保証で定められた金額よりもはるかに高いお給料を稼ぐことになります。
一方でお客さんからの指名が取れない女の子は、お店にとっては日給保証を設定してあげていても損をするだけなのですぐに日給保証をなくされてしまうのです。
だからソープで日給保証がもらえるのは入店してしばらくの間だけだと考えておきましょう。

その間にしっかりと指名客を作っておかなければ、すぐに日給保証はなくなってしまいますし、逆にたくさん指名を取ることができるようになれば日給保証など必要ないくらい大金を稼げるようになります。

エステ、M性感

エステやM性感では日給保障をもらえる可能性は非常に低いです。
よほど人気でお客さんから指名がたくさんもらえるか、超美形でホームページに写真を掲載することによって宣伝効果が高い女の子など一部の人だけです。
風俗業界の中でもお客さん一人当たりの単価が低い業種ですので、お店としてもそう簡単に日給保証を支払うわけにはいかないのです。

風俗求人を見ているとエステなどでも日給保証を設定していることがありますが、ほとんどの場合かなり厳しい条件があると覚悟しておきましょう。

オナクラ

オナクラも日給保証をもらえる可能性が低めのお仕事です。
エステなどと同じようにお客さん一人当たりの単価が低いため、ヘルスやソープなどのように2万円3万円という日給保証を女の子に支払うのはお店にとっては現実的ではありません。
それでも高額な日給保証を設定している場合は、かなり厳しめの条件があるか、もしくはオナクラという名前で結局はヘルスと同じようなサービスをするお店の可能性が高いでしょう。

ピンサロ

ピンサロは比較的に供給保証が設定されていることが多い職業です。
都内の一般的な価格のお店であればだいたい日給保証が15,000円から2万円程度になっています。
というのもピンサロはそもそも時給制になっていることが多いため、出勤さえしてくれれば女の子に支払うお給料が発生するのが当然だからです。
お店にとっては時給に少し色をつける程度なので、ある程度指名がとれる女の子であれば日給保証を支払う価値があるということです。

箱ヘル

箱ヘルは風俗業界の中でも最も日給保証が設定されている職種です。
箱ヘルの場合、日給保証として設定されるのは2万円から3万円程度だと考えておきましょう。
箱ヘルではお客さんが来た時に女の子の数が足りていないことが最も避けたい状況ですので、とにかく出勤してもらおうと日給保証を設定していることが多いのです。

出稼ぎは日給保証が設定されていることが多い

コインちなみに業種に限らず出稼ぎに行く場合には日給保証が設定されていて、最低限の日給をもらえる可能性が高くなっています。
それは出稼ぎに行く場合、女の子は交通費や宿泊費などで最初にある程度マイナスが発生するからです。
その女の子のマイナスを補填する意味で、出稼ぎ嬢に対してはしっかりと日給保証を支払うというお店が多いのです。

ただし、出稼ぎであっても日給保証をもらうためには様々な条件が設定されているので気をつけましょう。
特に出稼ぎの場合には勤務日数と勤務時間が定められていることが多く、出稼ぎでお店に来ている間に定められた出勤日数を守らないと一切保証をもらえない可能性もあります。

まとめ

風俗業界の様々な業種ごとの日給保証の目安ともらいやすさについてご説明しました。
基本的にはソープ家箱ヘルなどのように女の子が稼ぐ金額が大きいお店ほど日給保証をしっかり設定しているお店が多くなっています。

オナクラエステなどお客さんの単価が低いお店でも風俗求人で高い日給保証を設定していることがありますがそれをもらうためにはかなり厳しい条件が付いているということは知っておきましょう。
またソープの場合には四面をたくさん取れば日給保証よりはるかに高い給料を稼げるようになりますしなければ日給保証はすぐに打ち切られてしまうので実質的に保障をもらえる期間を短くしてもらえる人は少ないと言われています。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする