ソープが一番性病になりやすいと言われるが意外にならないわけ

風俗業界で働くときに多くの女性が怖いと感じているのは性病感染だと思います。
性病は性器や口の接触などが増えるほど感染する可能性が高くなりますので、その理論で考えるとソープが最も性病に感染する可能性が高い職種だと思っている方も多いでしょう。
しかし実際はソープは意外と他の風俗よりも性病になりにくいのです。
この記事ではソープが一番性病になりやすいと言われているけれど実際は意外とならない理由についてご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ソープで働くなら性病のことはよく知っておこう

ソープが一番性病になりやすいと言われるが意外にならないわけ風俗で働く時に性病感染する可能性がこわいと言う女性は多いと思います。
実際、風俗の仕事はお客さんと口や性器を接触させなくてはいけないので性感染症は常に隣り合わせになっています。
そして、性病は単純に性器や口、体液の接触回数が増えるほど感染する可能性が高まります。
ソープは日本で唯一本番行為が許されている風俗店です。

当然本番をするということは性器同士が接触をするということなので性病に感染する可能性も高くなります。
ソープで働いていると実際様々な種類の性病に気をつけなくてはいけません。
クラミジア、淋病、HiV、梅毒など様々な種類の性病がありますので、それぞれの性病の症状などをしっかりと把握しておくことが重要です。
もし性病にかかってしまった場合にはすぐに病院に行って治療を行わなくてはいけません。

ほとんどの性病は適切な治療を行えば完治しますので、早めに診察を受けて治療を始めましょう。
性病にかかっていると自分がツライだけではなく、お客さんに感染させてしまう可能性があります。
お客さんに性病感染させてしまうと当然クレームの原因になります。
ですからソープでは性病にかかった場合お店から強制的にお休みを取らされてしまいます。

お店に出勤することが出来なければ、当然お給料を稼ぐことができないのでソープ嬢にとっては大損害です。
そのようなことにならないように、性病対策をしっかり行いましょう。

なぜソープは意外と性病にならないのか

上で説明した通り、ソープは性器同士の接触が行われる場所なので性病に感染する可能性が高くなります。
しかし、性病感染する可能性は単純な接触回数だけではなく、しっかりと予防を行っているかどうかということにも左右されます。

そしてソープは性病感染するリスクが高いお仕事ですので、その分性病に対する予防策もしっかりと行われているのです。
例えば普通のソープ店であれば月に2回程度は性病検査が義務付けられています。
これは性病に感染しているかどうかとは関係なく必ず受診しなくてはいけません。
しっかりとしたお店であれば、病院の検査結果の書類を提出しなければ出勤させてくれないことすらあるのです。

それに比べるとヘルス系のお店やピンサロなどは性病検査に対する意識がソープよりも低いことが多いです。
ソープのように月に2回以上義務付けているようなお店はほとんどありませんし、場合によっては女の子の自己申告しか必要ないというお店すらあります。
風俗業界ではピンポン感染という言葉があります。
ピンポン感染とは同じお店の中でお客さんと女の子が次々と性病に感染してしまうことです。

一つのお店で複数の女の子と楽しんでいるというお客さんはたくさんいます。
例えば性病感染している女の子が一人いれば、その女の子とプレイをして性病に感染したお客さんが、また別の女の子に感染させてしまうこともよくあるのです。
コンドーム性病に対する予防をしっかりしてないお店の場合ピンポン感染が蔓延しているため、女の子もお客さんも次々に性病に感染していきます。
一方でソープの場合しっかりと性病検査を行っているため、性病に感染した状態で働いている女の子はほとんどいないのです。

そのためソープではピンサロなどのようにはピンポン感染はほとんどおきません。
さらにソープは女の子とお店で働き始める時にしっかりと研修をします。
ソープの研修ではマットプレイなどのやり方だけではなく、性病感染を防ぐための予防策についても教えてくれます。
しっかりとお客さんの体をシャワーを使って洗ってあげたり、一緒にイソジンでうがいをしたりすることは性病感染を防ぐためには非常に重要なことです。

ソープで働いている女の子はこのようにお客さんを清潔にすることを心がけていますので性病感染する可能性が低くなるのです。
一方でデリヘルや箱ヘルなどのヘルス系の店舗の場合、研修が適当であることも珍しくありません。
性病に感染するのかどうかは女の子の自己責任で、感染してるかどうかも自己申告になっていることすらあります。
性病の中はあまり女性は症状があらわれなかったり、人によって症状の重さが違ったりと言うことがよくあります。

そして自分が性病で苦しんでいないからと言って軽い気持ちで出勤をし続けてしまう女の子も多いのです。
ピンサロやセクキャバなど店内にシャワーがない場合はもっと衛生状況が悪くなります。
お客さんの体を清潔にすることができないので、菌がたくさん残っている状態でサービスをしなくてはいけません。
ですから風俗業界でもっとも性病感染しやすいのは実はピンサロだと言われています。

ピンサロは店内にシャワーがなく、おしぼりで男性の性器を拭く程度のことしかしません。
そしてほとんどの店はコンドームを使用せずに生でフェラをします。
性病は性器同士の接触だけではなく口との接触でも感染する可能性があるのです。
また、性病に感染している状態は体の免疫力が落ちているため、そのままお仕事を続けているとさらに他の性病や病気にかかってしまう可能性が高くなります。

ソープの場合性病検査が義務付けられているおかげで、女の子はすぐに自分が性病に感染していることに気づくことができます。
だから免疫力が下がった状態でお客さんの相手をしてさらに性病をもらってしまう可能性も低くなっているのです。
性病感染の予防策としてコンドームが非常に重要であることも忘れてはいけません。
ソープにはコンドームをつけてサービスを行うS着店と生でサービスをするNS店があります。

病気そして女の子がコンドームを付けるかどうか自由に選べるお店もたくさんあります。
コンドームを正しく装着していればほとんどの性病は防ぐことができるのです。
一方でデリヘルなどのヘルス店の場合フェラや素股などのサービスをする時に、コンドームをつけることはまれです。
たとえ挿入していなかったとしても素股では性器同士が接触をするので性病が感染してしまうことがあるのです。

生で素股をするくらいならば、コンドームをつけて本番をした方がはるかに性病にかかる可能性は低くなります。
ソープで働いていてしかもコンドームを着用してサービスをしているのであれば、性病に感染する可能性はヘルスなどよりもさらに低くなるということです。

まとめ

この記事ではソープが一番性病になりやすいと言われているけれど実際は意外とならない理由についてご紹介しました。
ソープは性器同士の接触があるため単純な接触回数と言う意味では性病に感染する可能性が最も高い職業です。

しかしソープは性病への意識が非常に高く予防策をしっかりととっている為実は不衛生な環境でサービスをしている他の職種よりも性病に感染するリスクは低いのです。
初めてソープで働く場合性病検査が義務付けられるなど面倒くさいことは多いですが、それは女の子の体を守るためだと言うことを理解してお店の規則に従うようにしましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする