ソープの講習内容を教えて!本番されそうになったら拒否できる?

デリヘルなどの風俗店と違い、ソープは仕事で本番まですることがあります。
それだけに、講習の内容も実践的になりやすく、実技講習を受ける際には本番までいかずとも、セクハラ講習に近い体験をすることもあります。

ただ、ソープだからといって本番講習を受ける必要性はそもそもないため、嫌ならばはっきりと断りましょう。

ソープ嬢と講習

ソープの講習内容を教えて!本番されそうになったら拒否できる?ソープに限らず、女性が風俗の求人に応募し、面接を受け、採用された場合、次に仕事内容を覚えるためにも講習や研修に参加することになります。
講習や研修の内容は風俗店によってそれぞれ異なります。

実技講習までする風俗店もあれば、DVDを見せたり、マニュアルを見せるだけで講習が終わるお店もあります。
ただ、覚えるべき事柄が少ない風俗店であればマニュアルのみの講習でも問題ないのですが、マットプレイや潜望鏡のような特殊なプレイやサービスのあるソープランドの場合、実技講習を受けないと仕事に出られないこともあります。
なにより、ソープ嬢はデリヘルと違い、お客さんと本番行為をすることもあるだけに、お店によっては実技講習どころか店長や男性スタッフを相手に本番講習までさせられることもあります。
いくらソープ嬢はお客さん相手にエッチなサービスや本番をする仕事とはいえ、講習で本番をする理由はありませんし、女性によっては店長や男性スタッフを相手に本番をしたくないこともあるでしょう。

そのため、どうしても本番講習だけはやりたくないというのであれば、面接の際や、講習を受ける前にしっかりとやりたくないと伝え、拒否しましょう。
この時、ちゃんとしているソープ店ならば、本番講習を無理強いすることはまずないです。
しかし、悪質なソープの場合、店長や男性スタッフに強引に本番講習をさせられることもありますので、そのような時はハッキリと拒否しましょう。
悪質なソープランドに勤めると、講習を受けた後もソープ嬢の意思を無視し、嫌な事を強要してくるかもしれません。

そのような悪質なお店に勤めてもストレスが溜まるだけですので、もっと健全で、信頼できるソープランドを探しましょう。

ソープの講習の流れ

一部の実技講習や研修のないソープを除き、女性がソープランドの面接を受けて採用されると、次に講習を受けることになります。
実技講習の内容は主にお客さんへの接し方やプレイのやり方が中心になります。

例えば男性の服の脱がし方や畳み方、お風呂の用意の仕方、ベッドメイキングのやり方などを習います。
さらに研修として、ソープならではのプレイとしてマットプレイや浴槽を使ったプレイを学ぶことになります。
他にもローションの作り方からスケベ椅子の使い方、潜望鏡のやり方も学びます。
このような実践的な研修を受ける一方で、本番行為に対するリスクを下げるためにも、性病に関する知識や対処法、検査の受け方、お客さんの体の消毒方法、コンドームの装着方法なども実技講習で受けます。

ソープランドの高級店ともなると、さらにはマナー研修なども受けることがあります。
そして本番講習についてですが、こちらは絶対にやる必要がある講習というわけではありません。
お店によっては本番講習はもちろん、セクハラ講習もないですし、それどころか女性の講師を用意してくれることもあります。

女性講師のいるソープランド

Whyたとえ本番講習やセクハラ講習がなくとも、実技講習や研修をするにあたり、どうしても人前で服を脱いだり、エッチなサービスをやる必要に迫られます。
いくら研修とはいえ、出会ったばかりの男性スタッフや店長に肌を晒し、エッチなサービスをすることに対して抵抗感のある女性も少なからずいることでしょう。
お客さん相手なら問題ないものの、店長や男性スタッフを相手に実技講習はやりたくないという女性は、女性講師がいるソープランドがオススメです。
最近は実技講習や研修のためにわざわざ先輩ソープ嬢や、引退したソープ嬢を講師として呼んでくれるお店が多くあります。

特に大手のソープランドほど女性講師を呼ぶなどの配慮をしてくれる傾向があります。
ソープの仕事に興味はあるけれど、面接中のボディタッチやセクハラ講習が心配だという女性は、求人に応募する前に女性スタッフの講師がいるかどうか調べておきましょう。

セクハラ講習のソープ店

本番講習と違って、セクハラ講習のあるソープランドはスタッフや店長の質が悪く、入店して以降もセクハラを受ける可能性があるだけに、避けた方が良いかもしれません。

なにしろ本番講習と違ってセクハラ講習はソープの仕事をする上で最もやる必要のない実技講習です。
セクハラ講習のあるソープで研修を受けると、店長や男性スタッフに性器を触ったり、舐めるように指示されることがあります。
ソープ店の店長や男性スタッフの中には、講習や研修を悪用して女性にエッチな悪戯やセクハラまがいの行為を働くことがあるだけに、明らかに仕事と関係ないことをさせられそうな時はきっぱりと拒否の意思表示をしましょう。
ここで拒否をしないと、この女性はいくらセクハラしても大丈夫な女性だと判断され、そのまま必要もないのに本番講習までさせられる危険があります。

ソープ嬢がセクハラ講習もしくは本番講習を受けたところで、何のメリットもありませんし、そもそも講習なので給料にも繋がりません。
やりたくない講習にはしっかりと拒否するか、最初から実技講習のない求人を選択しましょう。

実技講習のないソープランド

ソープの求人の中には実技講習のあるお店がある一方で、最初から実技講習のないお店もあります。

店長や男性スタッフによるセクハラ講習や本番講習はどうしても嫌で、避けたいというのであれば、これらの実技講習のないソープの求人がオススメです。
ソープランドによっては実技講習はもちろん、ボディチェックや身体検査もないソープ店もあります。
ソープ嬢として働く女性の中には、リストカットの痕跡や妊娠線があるため、人肌を他人に見せたくない女性もいることでしょう。
もちろん、最終的にはお客さんの前で裸になるため、見られてしまうのですが、お客さん相手ならばなぜその痕跡があるのかといった事情を説明する必要もないだけに、まだ気楽です。

一方で面接で身体検査をされた際にリストカットの痕跡や妊娠線があることが発覚すると、女性によっては触れられたくないプライベートな部分を詮索されることもあります
その点、実技講習がなく、ボディチェックも受けないソープランドであれば、リストカットの痕跡や妊娠線ついていちいち説明することなくソープ嬢になれるだけに、とても気楽に面接を受けられます。

実技講習を受ける理由

Whyソープの求人に応募する女性の中には、できれば店長やスタッフの前で裸になりたくないと考えている女性は多くいることでしょう。

その点、実技講習のない求人ならば、脱ぐことなくソープ嬢になることができるので安心です。
しかし、実技講習や研修を受けず、そのままソープ嬢としてデビューをすると、仕事の進め方やサービスのコツ、接客の方法などに慣れておらず、いざ現場に出ると失敗することもあります。
高い質が求められていない格安店や、素人っぽさをコンセプトにしているソープランドならば、サービスに不慣れで失敗したとしてもそれほどデメリットにはなりませんが、普通のソープランドの現場で失敗をした場合、お客さんのソープ嬢に対する評価は確実に悪くなります。
それでもまだ新人の内なら、多少の粗相も許されるのですが、既に入店してから一ヶ月以上が経過しているにも関わらず、未だにサービスが拙かったり、プレイが下手だったりすると、そのソープ嬢に対する悪評はお店に対する悪評へとつながる恐れもあります。

サービスが下手なソープ嬢や、接客ができないソープ嬢を置いておくとお店の評判が悪化する恐れがあるだけに、お店によっては仕事ができないソープ嬢を干すなどの対策を講じることもあります。
そうなると、折角ソープ嬢になったにも関わらず、全然稼げないなどのデメリットを被ることもあります。
実技講習は初めてソープの仕事をする女性にとって、なかなか恥ずかしい内容の講習かもしれません。
しかし、ここでしっかり仕事のやり方やサービスのコツなどを学んでおかないと、後々になってお客さんからの評価が落ち、稼げない不人気ソープ嬢に転落する恐れもあります。

確かに本番講習やセクハラ講習に対する懸念や不安はあるのでしょうが、世の中には女性スタッフを用意しているソープ店など、セクハラに対する心配が無用なお店もあります。
ソープ嬢としてしっかり稼ぎたいのであれば、できるだけ講習のあるお店を選び、基礎や仕事のコツを学んだ方が良いでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする