熟女風俗で大学生が客だとこっちが気が引ける事あります?

風俗店にはお店の特徴に合わせてさまざまなお客さんが来店します。
熟女風俗店で働いていると、大学生くらいの若い男の子が来ることも珍しいことではありません。
なんとなく自分が熟女だと若い男の子に対して気が引けるという方もいますが、熟女専門店を選んだのはお客さん自身なのですから、気にする必要はありません。
むしろ、その男の子は何らかの事情で熟女専門店を選び自分が接客することになったのですから、何を求めているのか理解して満足させてあげましょう。

この記事では、大学生くらいの若い男の子が熟女専門店に来る理由と接し方をご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

熟女風俗に大学生とかの若い客が来ることもある?

大学生熟女風俗のメインの客層は、熟女が好きな男性です。
そして男性は年齢が高くなるほど熟女の魅力に気づいていくものなので、熟女専門店に来店する男性も普通の風俗店よりは年齢層が高めです。
しかし年齢に関係なく熟女のことが好きな男性は一定数いるものなので、大学生くらいの若い男の子が来ることも珍しくありません。

特に若者が多い繁華街で営業している風俗であれば、若い男の子は頻繁に来店します。
大学生の男の子が熟女専門店に来る理由は以下のようなものです。

性欲がどうしても収まらない

一般的に男の子は18歳前後が最も性欲が旺盛な時期だと言われています。
この時期の男の子は、いつでもずっと女性のことばかりを考えていると言っても過言ではありません。

そして、同世代の男の子が次々と童貞を捨てたり彼女ができたりしている話を聞いて、自分も女性とエッチなことがしたいという気持ちが収まらなくなってしまっているのです。
この年ごろは性欲を自分でコントロールすることもまだできないので「どうしても我慢できなくて風俗に来たんだな」と思ってあげましょう。

お金がない

大学生は社会人のようにお金の余裕があるわけではないので、高級店に行くことはなかなか出来ません。
最近では大学の学費を自分で払っている子も珍しくないので、そういう男の子にとっては普通の風俗の料金でもとても痛いものです。

だから少しでも料金が安い風俗に行こうと考えて熟女専門店を選ぶ男の子もいます。
その男の子は残念ながら熟女のことを好きなわけではなく、やはり同世代くらいの若い女の子の方が嬉しいと思っていることが多いです。
それでも何とかお金を捻出して熟女専門店に来たわけですから、丁寧にサービスをしてあげて満足感を与えてあげましょう。

経験をつみたい

若い男の子の中には初体験が風俗という人も少なくありません。

特に大学生くらいだと、周囲の男の子がどんどん童貞を卒業していて自分も早く捨てたいとプレッシャーを感じている子も多いのです。
もちろんそういう時に彼女ができれば良いのですが不器用な男の子ほどなかなか彼女は作れないものです。
だから風俗に行ってエッチなことを体験したいと考えるのです。
童貞ではなくても、性的な経験が少ない男の子は、風俗でプロの女性に経験を積ませて欲しいと考えていることもあります。

熟女が好き

大学生くらいの男の子でも熟女が好きな人はいます。
そういう男の子はお金がないから仕方なくというわけではなく、本当に熟女とプレイをしたいから熟女専門店を選んでいるのです。
こういう男の子に対しては、自分に引け目を感じるどころかむしろ堂々と大人のプレーを味あわせてあげましょう。
男性は18歳になれば風俗に通えることになるので、大学生になってバイトをし、初めてのお給料で風俗に来る人もいます。

現役で大学に合格した男の子なら18歳もいるので、その若さを見て、自分でいいのかな?
女子大生くらいの年齢の子の方がいいんじゃないか?と申し訳ないような気持ちになってしまう方もいるでしょう。
若い男の子が熟女専門店に来る理由は人によってさまざまですが、結局風俗に来る最大の理由は性欲の解消なのですから、満足させてあげられれば風俗嬢の年齢は問題ではありません。

むしろ、あまり経験がなくて風俗に胸を躍らせてる若い男の子に「女性の素晴らしさを教えてあげる」くらいの気持ちを持ちましょう。

若い客のいいところ

男若い男の子は、熟女専門店の主な客層である中年以上の男性とは違う特徴を持っています。
まずは若いお客さんの良いところをご紹介します。

とにかく体が元気

大学生の男の子はとにかく健康で性欲が旺盛です。

少しの刺激でもすぐにアソコが元気になりますし、射精する量も中年の男性よりもはるかに多いです。
元気がありすぎて激しく動くので肉体的に辛いという面もありますが、その元気さをかわいいと感じてあげるようにしましょう。
熟女専門店で働いていると、ちょっと疲れた感じのある中年男性と接する機会が非常に多いので、大学生の若さを見ると元気をもらえると感じる熟女も少なくありません。

経験が少ない子はかわいい

大学生くらいだとまだ女性経験が少なく風俗に来てもおどおどとしている男の子もいます。

男性は女性が思っている以上に自分の性経験に大してナイーブに考える傾向があります。
たくさん経験を積んでいる方が偉い、というような価値観を持ちがちなのです。
そして熟女専門店で経験を積みたいと考えている男の子は、熟女に大人のプレイを教えて欲しいと考えているので素直で扱いやすいと思います。

若い客の悪いところ

大学生くらいの若い男の子はお客さんとして良い面ばかりではありません。

むしろ若いことによる弊害で風俗嬢にとっては迷惑な客になってしまう可能性もあるのです。

無知によるマナー違反

若い男の子の中には、風俗嬢に対して何をしても良いと考えている人もいます。
それは風俗の遊び方はまだよくわかっていないということでもあるので、ダメなことはダメだとしっかりと指摘してあげましょう。
大学生くらいの男の子は性欲が旺盛ななので本番強要してくる可能性が高いのではないかと不安を感じる方もいるかもしれませんが、むしろ若い男の子の方が、風俗嬢がダメだと言えば素直に受け入れてくれることが多いようです。

もちろんこちらが注意しても受け入れない様な男の子の場合にはNGにしてしまえば良いのですが、指摘してあげれば良いお客さんに変わる可能性も十分にあるので、少しだけ大きな心で接客してあげましょう。

扱い方が雑

年齢が若いということはその分女性経験が少ない可能性が高いので、女性の扱いが雑になってしまうことがあります。
特に最近ではAVを見てセックスを覚える男の子がほとんどなので、AVのようなプレイを当然のものだと考えていることも珍しくありません。
だからガシガシと指でアソコをかき回してきて、痛いくらいの強さで身体を触ってくる男の子もいます。

そういう男の子は誰かが指摘してあげないと、いつまでも独りよがりなセックスをし続けてしまいます。
そこは熟女の出番だと考えて、どうすれば女性が気持ちよくなるのか教えてあげましょう。

自信過剰な客

質問大学生くらいの男の子の中には、自分の若さに価値があると思っている人もいます。
だから熟女に対してあからさまに「若いから嬉しいだろ?」というような態度をとってくることもあるのです。
彼氏ではなくお仕事なのですから、若いからといって特別嬉しいわけではありません。
だからそういう勘違いをしている男の子に対してへりくだって接客する必要はないのです。
むしろそういう大学生は熟女にとっても迷惑な客でしかないので、あまりにも態度がひどければそれ相応のサービスで済ませましょう。

女性に対して優しく接することが出来なければ、自分が優しく接してもらうこともできないということをわからせてあげる機会です。

まとめ

大学生くらいの若い男の子が熟女専門店に来る理由と接し方を紹介しました。
熟女専門店には、熟女が好きな大学生やお金がない大学生も来ます。
お客さんが何歳でも、どんな理由で来店したのであっても、風俗嬢のお仕事は同じなのですから変に気後れすること無く、丁寧にサービスをして満足させてあげましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする