風俗で働いて起こりうるトラブルと解決法!タチが悪い客もいる

接客業の中でも群を抜いて男性の嫌な部分を見ることが多い風俗業ですが、当然トラブルも多くございます。
お店の方とのトラブルが発生するケースも少なくはありませんが、風俗嬢として働いていた場合にトラブルとなる可能性が最も高いのはお客さんとのトラブルです。
そしてそのトラブル、お店単位で考えるとかなり頻繁に起こる様になっております。

こちらでそのトラブルの内容と解決法、対処法に関してご紹介したいと思いますので参考にしてみて下さい。
ただ、本当にタチの悪いお客さんもいます
自分だけでは解決できないケースもございますので、日頃からお店の方との関係性は円満なものにしておくようにしましょう。

お客さんとのトラブル!やっぱり一番は・・・・

恐らくどなたでも想像できる風俗業界で最も多いトラブルは、本番行為の強要だと思います。
ソープランドに関しては、お店の中で男女が恋仲になるという設定があることから黙認されていますが、デリヘルやファッションヘルスは当然禁止です。
風俗で働いて起こりうるトラブルと解決法!タチが悪い客もいるそもそもソープでも違法行為となるのですが、デリヘルやファッションヘルスの方が料金が安いことから、お客さんはソープに行かずにデリヘルなどで本番行為を強要してきます。
もちろん全てのお客さんが本強客ではありませんが、大半のお客さんは「デリヘルでも本番は出来る」と考えていると思って間違いはありません

というのも、本番行為を許してしまっている風俗嬢の方はたくさんいらっしゃいます。
全てのお客さんに求められたら本番行為をさせる風俗嬢もいらっしゃいますし、相手を選ぶ方も、頼まれ続けて断り切れない方もいらっしゃると思います。
そうした背景からお客さんはデリヘルなどでも本番行為を求めてくるようになるのです。
一度できた経験があればまたしたいと思うのはある意味当然と言えますし、本番行為を許してくれた風俗嬢とは別の風俗嬢であったとしても、してくれるものだと考えるのも当然と言えます。

しかし、全てのお客さんが本強客ではないように、全てのデリヘル嬢が本番行為を許すわけではありません
「絶対に本番はしない!」と固く誓っていたとしても、お構いなしに迫ってくるお客さんはいらっしゃいます。
挙句の果てには力尽くであったり、暴行を加えたりと言った行動に出る方もいます。
そうしたお客さんのデリヘルやファッションヘルスに対するイメージと、働く風俗嬢の意識に違いが生まれることからトラブルは芽吹いてくると言えるでしょう。

本番行為を無理矢理されてしまった場合、お店の方に報告してお客さんに然るべき処置を取ってもらう形になります
ゴムを付けた本番行為でしたら、お店としては病院に行くお金と示談金を請求して事を収めるように動くと思いますが、暴行の上で生挿入や、中出しをされてしまった場合はそう簡単には終わらないケースが多いです。
強姦罪になる可能性がございますので、警察の方が介入してきて告訴すれば刑事事件に発展したり訴訟問題になり得ます。
当然容認できない行為を無理矢理されてしまったのでそこまでの対応を取っても問題はありませんが、そこまで強気に出られない女性もいらっしゃると思います。

そうした女性の場合は、必ずお店の人なり弁護士なりを頼るようにしましょう
基本的に本番行為を許す風俗嬢の方は、目的があって本番行為を容認しています。
指名を返したいという思いであったり、本番を許す代わりに別でお金を受け取るためであったり、中にはお店の方とグルになってお金を巻き上げようと考えている方もいらっしゃるようです。
男性からしてもたまったものではない思惑が入り混じっている可能性がございますが、風俗嬢が被害者となり得るのは望まない本番行為をした場合です

脅迫されてしまい誰かに相談することが出来なかったり、お金を受け取ったことから「犯罪行為だ」と言われてしまえば屈する女性も多いようです。
法律しかし、お客さんの心理を冷静に考えてみれば見えてきますが、お客さんは禁止行為だと分かった上で本番行為を強要しています
バレたらまずいのはお互い様です。
その上で脅迫してきていますので、最もそのお客さんを困らせることが出来るのは風俗店のスタッフに相談するか、弁護士を雇うという形が一番なのです。

力の弱い女性だからこそ怖い思いをすることになりかねませんが、そういったトラブルに巻き込まれてしまった場合にはすぐに周りを頼るようにしましょう。
少なくとも警察も弁護士も、お店の方も協力的になってくれると思います。

トラブルを避けるためには

タチの悪いお客さんから指名を受けたりすると、自分の売り上げに繋がるにしても面倒なトラブルに発展する可能性が少なからずございます

そうしたお客さんは指名NGにしてしまうのが手っ取り早いですが、フリーで来たお客さんと揉め事になるケースもございますので、完全にトラブルを避ける方法というのは存在しないと私は考えます。
ただ、あくまでも可能性を下げるのであればソープで働くのは分かりやすいです。
本番行為が黙認されている事実から、本強客と風俗嬢の間でトラブルが発生する可能性は低くなります。
もちろん肉体的にも精神的にも負担は大きくなりますが、その分収入も増えますのでどうしても本強客とのトラブルを避けたい方は移籍を検討してみるのが良さそうです。

そしてお客さんは当然の様にデリヘルでもファッションヘルスでも本番が出来ると考えているのはお伝えいたしましたが、毅然とした態度で誰に対しても本番行為をしないというのは少なからず効果がございます。
お店としても口に出したりはしないと思いますが、本番行為をさせてあげられる女の子の方が利益に繋がるのでありがたいのですが、本番行為を断って怒られるいわれがないのは事実です。
そんなことまでして指名を取りたくないという主張は、決して間違ってはいません。
一切の本番行為を許さず、働き続けることがデリヘルやファッションヘルスで考えられるトラブル対策法となりそうです。

まとめ

恐らくデリヘルやファッションヘルスを利用したことのある男性で、本番行為をちょっとでも考えたことの無い方はいらっしゃらないと思います。
利用したことの無い男性でも漠然と「禁止って言ってるけどヤラせてくれるんでしょ?
」なんて考えが湧くくらいに本番行為をしてしまっているお客さんも風俗嬢も多いです。

手錠トラブルに巻き込まれないためにも、まずは徹底した自衛を心掛けるようにしましょう。
その上でもしトラブルが発生してしまった場合、自分は悪くないのでそのお客さんに対して遠慮をする必要はありません
徹底抗戦と言うとかなり威圧的な感じが出てしまいますが、望まないセックスをさせられた訳ですのでそれくらいの姿勢でちょうどいいかもしれません。
妥協することなく、罰を受けてもらうようにしましょう。

そして上記で少しだけ触れましたが、風俗店とグルになって本番行為をさせた上でお金を巻き上げる方法を取る方も実際にいらっしゃるようです
当然弁護士の方が介入してくることになりますし、お客さんが強気の姿勢で来た場合、被害を受けるのが自分の方になる可能性がございますので、間違ってもお店のそういった手法には手を貸さないようにしてください
真っ当な風俗店はそんなこと考えませんので、移籍してしまうようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする