働いている風俗店(ソープ)で出勤制限が…回避するためには?

基本的に出勤制度において、風俗嬢は自由出勤であるお店が多いのは働く上で大きなメリットだと思われます。
当然働きたい時にその旨を伝えれば急な予定や出費にも対応できるようになりますので、お金が入用になってしまう方にはピッタリな働き方なのではないでしょうか。

しかし、いくら自由出勤だからと言っても希望した日に必ず働くことが出来るわけではありません
風俗業界には出勤制限というものが存在致します。
今回はその出勤制限についてご説明すると共に、出勤制限を回避するための方法をご紹介したいと思います。

出勤制限にされてしまう理由

働いている風俗店(ソープ)で出勤制限が…回避するためには?面接の際に出勤制限をしたいと考えて風俗嬢を雇うお店はございません
お店に常に働く女性が余っている状態なのはある意味望ましい形とも言えますが、デリヘルならともかくファッションヘルスやソープなどの店舗型の風俗店の場合、サービスを行うことが出来る場所が限られてしまいます。
部屋数が20部屋しか無かったら20人までしかその日に出勤させることが出来ませんし、10部屋なら一日10人までしか働けません。
あらかじめ希望する勤務日を提出することになるのですが、予定が分からない女性や忙しい女性は未定として、人気の女性は融通が利いたりもするのが一般的です。

そうするとそういった方は突然働けることになる日が出てきます。
当日にお店に連絡を入れて、「今日出勤します」という形で出勤希望を伝えることになるのです。
当日に出勤予定の風俗嬢がお店のキャパシティを越えていないなら了承されますし、超えているなら断られるか別の風俗嬢がお休みを通達されるという仕組みです。
出勤制限が掛けられる流れは上記の様になりますが、シフトを提出したタイミングで交渉される可能性や出勤日数を削られる可能性もございます

通常のアルバイトでも起こり得ることですので風俗業界特有の出来事だとは思えませんが、例えば10日に出勤希望を出している子が多いから11日に希望を変えてもらえないか交渉したり、単純に人が足りている日ばかりだから削ってしまったり
お店側の事情から考えられる出勤制限になる理由はこの辺りが代表的なものだと思います。
続いて働く風俗嬢に理由がある場合。
まず挙げられるのは遅刻や当欠が多いケースです。

こちらも特に風俗業界に限った話ではありませんが、風俗業界は通常のアルバイトよりも遅刻や当欠に厳しいイメージがございます
出勤を守れなかったり、すぐに体調を崩して休んでしまう様な風俗嬢の事をお店側が信頼するかと言えばそうではないと思いますので、出勤制限をかけられる候補になってしまうのではないでしょうか。
次に指名が返せない場合です。
指名が返せないという事はお店にとっては利益を挙げられない女性ということです。

当然指名数が多い風俗嬢が出勤を希望していた場合、その子を優先して出勤させてあげるように計らうと思いますし、新人の子がいても同様です。
勤務態度が誠実であったとしても、あくまで人気商売である以上はそういった点から判断を下されても仕方がないと言えます。
そして最後に、お客さんからのクレームが多い女性です。
お客さんからクレームが多いという事は、その分職務怠慢をしていると考えられてしまいます。

身に覚えが無いようなことであってもクレームを入れられてしまう事はありますが、真面目に働いている風俗嬢はそこまでクレームの数が目立ったりはしません
日頃の勤務態度やお客さんからの評判によって、出勤制限の対象となってしまうことがあるのは覚えておきましょう。

出勤制限を避ける方法は

Why上記で出勤制限を掛けられてしまうケースに関してはご理解いただけたかと思いますが、出勤制限自体を避ける方法ももちろんございます。

お店側の理由からではなく、風俗嬢が原因で出勤制限を掛けられてしまった場合、考えられる理由を解消すれば良いだけの話です。
遅刻や当欠が多いならしないように予定をしっかりと組むよう心掛けたり、体調管理に気を配るようにすればそうそうお店に迷惑を掛けることがなくなります。
指名数が増えないようでしたらNGを出しているオプションを解禁してみたり、フリーのお客さんを大切にするよう意識してみたり、いつもとは別の部分でプレイ内容に心がける点を作ってみる努力をしてみたり。
クレームは一定数は仕方のない部分がございますが、あまりにも多いようでしたらお店の方と相談して解決しようとしている姿勢を見せることも重要になると思います

シフトを決めるのはあくまでお店の方なので、スタッフの印象を良くするだけでも出勤制限の対象から外れる可能性がございますので気に掛けておくようにしましょう

出勤制限を受けてしまった場合

それでも努力虚しく、出勤制限を受けてしまった場合の対処法もお伝えしたいと思います。
対処法は基本的に二種類しかありません。

そのまま働くか、移籍を考えるかです。
出勤制限をされた日数からこの二パターンを選ぶようにしましょう
週4日希望を出していたのに週3日の出勤日数になってしまった場合、出勤したいと希望を出した風俗嬢が多い関係からお店の方がただシフトを調整しただけにすぎない可能性が高いです。
長く働き続けられる女性もあまり多くはありませんので、しばらく経てば出勤制限は解除されることになると思います

チェックリストしかし、週4日希望のシフトが週1日や2日になってしまった場合。
この自体に陥ってしまったら移籍を考えましょう。
原因は風俗嬢の方にあると思われます。
そしてその風俗嬢の方にある原因を解消するのはそう簡単な事ではありません

解消策は上記でお伝えしておりますが、一ヵ月や二カ月でどうこうなる問題ではないのが明らかです。
半年間くらい無遅刻無欠席を貫いたり、本指名を10人返すまで信頼を得られなかったりという長期的な問題に直面することになる確率が高いです。
そうなると、仮に半年間出勤制限の対象となってしまうと半年間は思う様に稼げなくなってしまいます。
別のお店に移籍して、新人期間からやり直した方がよっぽど稼ぐ上で効率は良いのではないでしょうか。

もちろんお店に対して愛着があったり、離れたくないという何かしらの理由がございましたら強制できる部分ではありませんが、あくまで一度下された悪評はそう簡単に覆らないという事は覚えておくようにしましょう

まとめ

出勤制度が働く風俗嬢にとって自由な印象があることから、いきなり出勤制限を掛けられてしまうと反発心が生まれてしまうかもしれません。
しかし、その仕組みを理解して問題点がどこにあるのかまで分かれば、自ずと溜飲が下がったり対策が取れたりと出来ると思います

ソープやファッションヘルスでは実際に出勤制限を行うお店が多く見受けられますので、勤務先の業種が店舗型の業種であった場合、その制度に関しては覚えておいた方が良さそうです。
ただ、お店にあまりにも在籍している女性が多すぎたり、怠慢な態度を取ったりすることが無ければそんな頻繁に出勤日数を減らされるような事態にはならないと思います。
お店にどれだけ風俗嬢が在籍しているかは面接時に聞くことも可能ですので、勤務先をしっかりと選んだ上で殊勝な勤務態度を心掛けるようにしてください
風俗人生において、一度も出勤制限を掛けられない様な立派な風俗嬢を目指しましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする