熟女風俗嬢は稼げない?1日の給料はいくらなの?月収は?

風俗の仕事は稼げる!として有名ですが、実は業種や店のランクによって月収は大きく左右されてしまいます。

思うように稼げないというケースもあるため、ギャップに悩んでしまうという女性も多いです。
また、若い女性のほうが需要が高いので、熟女と呼ばれる女性は稼ぎにくいともいわれています。
これは果たして本当なのでしょうか。
そこで、熟女風俗嬢の稼ぎの実態に迫ってみました。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

風俗店はどこが一番給料が高い?

熟女風俗嬢は稼げない?1日の給料はいくらなの?月収は?風俗店は、店のランクや業種によってある程度の月収が決まります。
一番高いところは、やはり高級ソープ店です。
風俗の中で唯一本番行為が認められている場所なので、本番行為をしたいがために訪れるお客さんも多いです。

プレイ料金が高いため、その分風俗嬢の給料にも反映されやすくなります。
業種別にランク付けしていくと、人妻店や熟女風俗店は下位に入ります。
年齢が30代以上の女性となっているため、年上好きの男性が主なターゲットです。
ヘルスやソープよりも下ではありますが、頑張れば月に150万円ほどはかせげます。

ということは、単純計算で1日5万円です。
年収にしてみると、1,800万円になりますので、一般的なOLの年収を軽く超えていることがわかります。
高級ソープ店に比べると月収も年収もかなり下がってしまいますが、とにかくお金が欲しいと年配の女性なら、十分すぎるほど稼げるのではないでしょうか。
もし、熟女でも稼げる店を探しているというのであれば、一度人妻店や熟女風俗店に連絡を取ってみてください。

熟女風俗嬢が稼げないといわれる理由とは?

ちょっとネットで検索してみると、熟女風俗嬢として働いている人はたくさんいます。
年齢も40代や50代の人がたくさんいるので、自分も頑張れば稼げそう!と思う人も中にはいるでしょう。
しかし、風俗の世界では40歳が一つの大きな壁と認識されています。

40歳を超えたあたりから、需要が少なくなってしまうからです。
確かに、熟女風俗店や人妻風俗店はたくさんありますが、待遇のいい店で働こうと思ったのであれば、それなりに容姿がいい人でないとまず面接で落とされる可能性も高いです。
また、人妻といっても30代をメインにしている店も多いため、応募した時点での年齢を理由に落とされるケースもあります。
万が一受かったとしても、お客さんは若くてきれいな女の子を指名します。

自分がどんどん年を取っていくのと比例するかのように若い女の子が入店してくると、どうしてもそっちに客が流れてしまいます。
これでは、今までのように安定した稼ぎを維持することはできません。
このようなみじめな思いを経験した熟女風俗嬢は、次々に引退していきます。
そのままずるずると居ついても、バイト代以下になる可能性もありますので、大体40歳を目途にする人も多いとか。

熟女風俗嬢でもがっつり稼ぐ方法はある

抹茶しかし、熟女風俗嬢でもがっつりと稼ぐ方法はあります。
それは、ランカーになるということです。
ランカーとは、店の売れっ子になることで、いわゆるナンバーワンやナンバーツーといった嬢が対象です。

レアなケースではありますが、アラフィフの熟女風俗嬢がトップになっていて、とても人気があるということもあるとか。
ランカーになると、まずお客さんが指名してくれる確率が上がります。
お客さんから人気があるということは、それだけ接客面も容姿もしっかりしていると思ってくれるからです。
どうしても、男性は容姿のいい女性としたいと思うため、容姿に自信がある人は写真に力を入れるのも一つの方法でしょう。

しかし、ランカーには並大抵の努力ではなれません。
お客さんの心もつかむ必要がありますし、床上手でもないといけません。
ただ、ランカーにはあまり容姿は関係ないようです。
若い女性でも、普通の容姿の女性がナンバーツーになれたというケースもありますので,自分の容姿にあまり自信がない人は、その分接客面やプレイ内容に力を入れてみてはいかがでしょうか。

風俗のランカー嬢の特徴とは?

ランカー嬢になると、本指名もたくさん返ってくるのでできたら目指したいと思うでしょう。
実のところ、ランカーになっている風俗嬢にはある程度特徴があるといわれています。
その一つが接客態度でした。

どれだけ安い店でも、男性は事務的に応対されるのを嫌います。
仕事でやっているということは百も承知ですが、嘘でもえっちが好きという態度でないと、萎えられてしまいます。
なので、時間いっぱいまでプレイをする、どれだけ嫌な客が来ても笑顔を崩さない、最低限のマナーは守る。
当たり前のことですが、風俗嬢の中にはできていない人も少なくないとか。

風俗も立派な接客業の一つですので、男性客が二度と来たくない!と思うような行動は慎むべきです。
また、お客さんからできないことを強要されたときは、上手にかわすのもランカー嬢に一歩近づく手段です。
例えば、ヘルスで働いているのに本番を強要されてしまったとき、事務的にできません!というよりも、自分の体調面を説明してやんわりと断ったほうが角が立ちません。
そして、必ずフォローは行いましょう。

男性は女性からやさしくされることが好きなので、いいくるめられるとなにも言い返せなくなってしまうものです。
ネットを検索すると、嫉妬と思われるようなコメントもたくさんあります。
もちろん、中には禁止されているのに本番をしてランカー嬢になっている人もいるようです。
しかし、バレてしまえば最悪退店させられてしまいますので、ランカー嬢になりたくてもルールは破らないようにしましょう。

風俗のお茶ってなんですか?

風俗には、お茶という言葉があります。
もちろん、飲むお茶ではなく1日お客さんがつかず、収入が全くない状態のことをお茶と呼んでいます。
お茶という言葉は、遊郭で誕生しました。

昔の遊郭では、お客さんにお茶を出していました。
コインそのお茶の粉を暇な遊女にひかせていたため、客がつかないことをお茶挽きやお茶と呼ばれるようになりました。
遊郭は、親の借金の傍らに売られてしまった女性たちが体を売る場所です。
なので、遊郭という場所に閉じ込められており、逃げると、きついお仕置きを受けなければなりませんでした。

しかし、現代ではそのようなことはありません。
風俗へは原則自分の意志で働きに行くことができるので、お茶を挽くことに嫌気がさしたのであれば、やめることもできます。
ただ、自分に否があってお茶を挽くことになったのなら、それは自業自得です。
悪いところがあるのなら、素直に直しましょう。

一般的にお茶が2回続くと、辞めるという人が多いようです。
店までの交通費もかかりますから、頑張って居続けてもお茶を挽くことになるのであれば、素直にやめたほうがいいでしょう。
特に、今熟女風俗嬢として頑張っている人も、ある日突然お茶を挽くことになるかもしれません。
もし、2回挽くことになったのあれば、引退を視野に入れておくのもいいでしょう。

場合によっては、お茶を挽いた風俗嬢にスタッフが声をかけることもあるとか。
ひどいケースだと、首にされることもあるようです。
若いころから売れっ子として働いてきたのに、最後は首にされて終わるなんて、悲しいことではないでしょうか。
そうならないためにも、お茶を挽いたタイミングで次の職場を探すのが無難でしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする