風俗店と昼職を掛け持ちで働くメリット・デメリットを解説

完全に風俗業のみで生計を立てている方もいらっしゃいますし、昼職との兼業で風俗嬢をこなしている方もいらっしゃいますが、どちらの方が一概に良いとは言い切れないと思います。
時間の都合やプライベートとの両立、収入面や体調管理など様々な要因を検討した上で働くスタイルを確立した方が良いかと思いますが、明確なメリットとデメリットを理解していないと難しく感じられるのではないでしょうか。
こちらの記事で風俗店と昼職を掛け持ちするメリットとデメリットを解説いたしますので、掛け持ちを検討されていらっしゃる方は是非参考にしてみて下さい。

掛け持ちをするメリット

Okあくまで昼職メインで考えて、風俗嬢を+αで考えている方こそが昼職との掛け持ちを検討されるものだと思いますが、そうした方には掛け持ちをするメリットはとても魅力的に映ると思います
まず単純に収入が増えます
風俗嬢としての時間をお小遣い稼ぎの時間として考えると、風俗以上に多額のお小遣いを稼げる仕事はそうそうございません。

週に一回、5時間程度の勤務を許された場合にはそれだけで数万円の金額を手に出来ますし、長時間働けば月収は昼職と同等の金額を手にすることも可能です。
純粋に収入が倍になるとそれだけで十分魅力的なメリットと言えるのではないでしょうか。
続いて、いつ辞めてしまっても良いという気軽な勤務スタイルが魅力的に感じられる方は多くいらっしゃると思います。
本業は昼職です。

事務職であろうと営業職であろうと、昼にメインで働く仕事があるからこその掛け持ちになりますので、いつ辞めてしまっても生活に困ることは無いでしょう
少なからず風俗嬢を専業としていらっしゃる方はそう簡単に辞めることは出来ませんし、それは風俗に限った話ではありません
ただ、昼職をしながら風俗嬢として働くという事は、ほぼ必ずと言って良いほど昼職の同僚や会社には内緒にして働いていると思います。
つまりいつ辞めてしまっても昼職に影響が出る点はございませんし、支障をきたすような事態に陥ることはございません

当然昼職に対するモチベーションアップにも繋がる部分はあると思いますので、そのサブの仕事という認識は精神的な負担を軽減する意味でも都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。
そしてもう一つメリットをご紹介いたしますが、社会的な地位を失うことが無い点は大きいと思います。
あまり日常的に実感が湧く事はございませんが、例えばクレジットカードを作りたいと考えた際や、ローンを組みたいと考えた場合、風俗業のみで生計を立てている方は審査に通る確率が圧倒的に低くなります
社会的信用度の低い仕事をしている女性に対して、お金を貸してあげようと考える会社は少ないのが常識です。

そういった点から見ても昼職と掛け持ちをしていれば審査が通らなかったり、引越しをするのに家が見つからなかったりするような問題に直面することがございませんので、無用な心配をする必要が無くなります。
どうしても風俗嬢という仕事に対してポジティブなイメージを持たれる方は少なくなりますし、企業を相手にするとした場合にはその印象は余計に強くなります
そしてその実感が最も湧くのは転職活動をした際だと思います。
風俗嬢として働いて生計を立てていた場合、履歴書に書けない様な経歴を持っていることになります。

当然ごまかしたりする工夫が必要になりますが、昼職との掛け持ちをしていれば転職活動をする必要がそもそもございません
仮に昼職を変えたいと考えた場合でも、その昼職の会社名を履歴書に書けば良いだけの話です。
風俗嬢として働く上で掛け持ちを検討するのは非常に重要だと思いますので、昼職から風俗嬢に転身しようと考えていらっしゃる方も、その有用性や今のステータスのメリットをしっかりと認識した上で検討するようにしてください

掛け持ちをするデメリット

Ok続いて昼職と風俗業を掛け持ちする上で生じるデメリットですが、まず挙げられるのは身バレが発生するリスクです。
当然風俗嬢ですので男性を相手にする仕事となります。
昼職の勤務先にいる同僚の男性や上司などが利用しに来る可能性は無きにしも非ずです。
会社の近くにある風俗店で働かないようにエリアを分けたり、ヘルスではなくソープで働くなどの対策を講じることは可能ではありますが、バレてしまった場合には昼職を解雇されてしまうリスクを孕んでいることが最大のデメリットと言えるのではないでしょうか。

そしてメリットの点でもご紹介いたしましたが、給料面も見方によってはデメリットとなります。
昼職との掛け持ちをすると、風俗嬢を専業にしている女性よりも稼げる金額は少なくなります。
風俗嬢は業種と人気度にもよりますが、高級ソープ嬢などは月収100万円は当たり前の様に稼いでいます
昼職での手取りが単純に倍になるのはメリットと言えますが、風俗嬢を専業にしていらっしゃる方と比較すると月収に大きな差が生まれるのは明らかです。

手にすることが出来る金額が、掛け持ちしている女性と風俗専門で働いている女性とでは違いがある点は、デメリットと考えて間違いは無いでしょう。
そして最後のデメリットですが、体調管理が難しくなります
いくら昼職メインで生活を送っていたとしても、休みの日や勤務後の時間を削って風俗嬢として働くことになりますので、肉体的な負担は増えることになります。
当然体調を崩すことも多くなりますし、風俗業ですので性病感染のリスクも考えなくてはいけません。

そうした体調管理は昼職だけで生活を送っていても少なからず考えることにはなるのですが、その考えなくてはいけない時間や気を付けなくてはいけないという点が多くなることにおいて、掛け持ちはデメリットとなり得ます。
昼職だけで生活を送っていた場合、身体を酷使するような仕事ではない限りそうそう体調を崩すことはありませんが、睡眠時間を削ってまで働いたり、風俗業特有の精神的負担を我慢し続けてしまうと、体調を崩すことが多くなってしまいますので注意が必要です。
自身の限界をしっかりと認識した上で、上手に働くことが求められますので、あまり丈夫さに自信がなかったり知らない内に無理をしてしまう様な女性は掛け持ちは向いてないと言えるのではないでしょうか。

まとめ

学生時代にアルバイトを掛け持ちしたことのある方でしたら、ある程度掛け持ちが孕むリスクに関して理解も深いと思います。
しかし風俗との掛け持ちはまた違うリスクもございますので、安易に掛け持ちをスタートさせてしまわないようにしてください
必要だと感じられた時にはデメリットに対する対策をしっかりと練った上で掛け持ちをするようにしましょう。
Noそして求人情報サイトを見てみると分かりますが、風俗店側のスタンスとしては昼職との掛け持ちをOKとしているお店が多くございます。

掛け持ち先を探すという点においては特に苦労することは無さそうですので、その部分は安心しても良いのではないでしょうか。
昼職との掛け持ちを検討していらっしゃる方は、何かしら必要なお金があるのだと思います。
貯金が目的の方でもそうですが、リスク回避の面から考えても、あらかじめ目標金額を設定してその金額に達することが出来ましたら風俗店を退職することを考えるようにしましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする