風俗バイトにノルマや罰金はある?遅刻や当欠はどう?

風俗の仕事も基本的には営業職であり接客業ですので、一定以上の成果を挙げないと勤務先から注意を受けることに繋がります。

しかし、風俗嬢に対してノルマを明確に設けているお店があるのかどうか、不透明に感じられる方も多いのではないでしょうか。
また、罰金に関しても同様です。
水商売でもそうですが、遅刻や当欠をした場合、ペナルティを支払わなければいけないお店が多い印象がございますので、その制度を心配して踏み出せない方もいらっしゃると思います。
今回はそんな風俗業界におけるノルマや罰金に関してご紹介したいと思います。

風俗業界のノルマ

ハードル結論から申し上げる形になりますが、風俗嬢に対してノルマを課すお店はほとんどございません
中には「月に○人以上から指名を取れ」とか「○日以上は働け」という様なノルマを設けているお店もあるようですが、全体の店舗数から考えたらかなり稀だと思って良いでしょう。
そのようなお店でも達成すると手当が貰えることもありますが、達成できなかった場合にペナルティの対象となることがありますので、あまり良心的なお店とは言えません

風俗専門の求人情報サイトを見てみると分かりやすいですが、ノルマや罰金が一切無いという形で謳っているお店がたくさん出て来ると思います。
罰金に関しては後述致しますが、ノルマに関しては風俗嬢の給与システムを理解しておくと分かりやすいのではないでしょうか。
風俗嬢は完全歩合制です。
日給保証を貰っている風俗嬢でもない限り、その日に接客をしなかったらデリヘルだろうとソープだろうと収入はありません。

そういった観点から、お店としては雇っているだけで損をするような事態にはなりませんし、支払わなければいけない給料が発生することもありませんので損をすることが無くなります。
当然お客さんがいないと利益は生まれませんが、客入りが悪いのはお店の営業の仕方か時期の問題である可能性が高いので、働いている風俗嬢が理由になることはあまりありません。
また、風俗嬢からしても自身が頑張ってお客さんを呼び込み指名を取らないと給料を得ることが出来なくなってしまいますので、ノルマを課す必要がお店からしたらなくなります
「お金が欲しいなら頑張れば良いし、いらないなら頑張らなくてもいいんじゃない?


そんなスタンスでいてもお店が困ることはそうそうないからです。
在籍している風俗嬢全員がお金を稼ぐことに対して積極性を出さないなんていうことはまず有り得ませんし、ほっといてもお客さんはある程度来てくれたりもします。
ノルマを課して風俗嬢からの評判を無駄に悪くする必要もありませんので、基本的には風俗店にノルマは無いという認識で問題ないでしょう。

罰金は?

続いて罰金ですが、この制度も撤廃している風俗店は多く見受けられるようになりました。
ノルマと同様に、やたらと罰金制度に関して詳しく説明してくるお店は良心的なお店とは言えないでしょう。
しかし、名目上は無くしたと謳っていても、最低限守らなくてはいけないルールを守ってもらえなかった場合、罰金を科せられる可能性はどのお店にもございます

まずは表題にある遅刻と当欠、無断欠勤も含めます。
この辺りは水商売の方が厳しいように感じられますが、風俗業界でも遅刻や当欠などが続いてしまうと罰金の対象となることがございます。
風俗を利用される方は、事前に予約をされる方が多くいらっしゃいます
その予約の時間になっても出勤してこなかったり、指名されているのにも関わらず受けることが出来なかったりするとお客さんに迷惑が掛かることに繋がります。

一度や二度だと注意で済むことではありますが、何度も続いてしまうと罰金や場合によっては解雇という形を取られてしまうことになりますので注意した方が良さそうです。
そしてその他にも罰金対象となるケースはございます。
まずは店外。
ハードルデリヘルでもソープでも、店外でお客さんと会う事は固く禁止されています

容認しているお店も稀にありますが、お店としてはお店の売り上げになるはずだった顧客が、風俗嬢が直接お金のやり取りをしてしまうことで利益損失になってしまうからです。
当然風俗嬢が手にする金額はバック100%と同義になりますので多くなりますが、見つかってしまった場合には罰金対象となるのはまず間違いありません
そして男性スタッフと関係を持ってしまった場合。
男性スタッフにだけ罰金が科せられるお店もございますが、風俗嬢と両方に科せられるケースもございます。

性的サービスを行う事から働いている風俗嬢のことを魅力的に感じる男性は多くいらっしゃいますし、セックスしたいという気持ちが生まれるのも何ら不思議ではありません。
風俗嬢からしても職場恋愛と同じ感覚で職場の男性を好きになることも多々ございますので、発覚した際には罰金が科せられることがございます

罰金の支払い義務

では実際に遅刻や当欠、無断欠勤が続いてしまった等の理由で、罰金を科せられたとします。

その罰金、支払わなければいけない様に感じられますが、決して支払い義務はございません。
罰金とはそもそも、国が個人に対して支払う事を要求するお金のことで、民間の企業やお店が個人に対して罰金を科したところで法的に有効になることは一切ありません。
なので仮に男性スタッフと関係を持っていることがバレたり、店外デートが発覚して50万円の罰金を科せられたとしても、その50万円を払わずに勝手に退職したところで訴えられたり請求されたりすることはございませんので安心してください。
もし誓約書に罰金の内容が記載されていたとしても、実際に払う義務が生じることはありません。

お風呂誓約書の内容自体が無効となりますので脅しに屈したりすることの無いようにしましょう。
ただ、罰金を科せられても同じ店舗で働き続けてしまうと、強制的に徴収される可能性はあります。
お店から給料をその日その日に手渡しで貰うことになりますので、その給料から罰金分を勝手に天引きされて渡されるなんていう事態に陥る可能性がありますので、もし罰金を科せられてその罰金に有効性が無い事を主張しても受け入れてもらえなかった場合同じ店舗で働き続けることは諦めた方が良いでしょう。
切り替えて別のお店での勤務を考えるようにしてください。

まとめ

ノルマと罰金に関してご紹介いたしましたが、ノルマもそうでしたが罰金に関しても請求するお店は少なくなってまいりました。
実際に罰金対象となるケースに関して詳しくご紹介いたしましたが、その罰金に有効性が無いことが周知されてきていることから、支払う女性もそうそういらっしゃらないと思います。
ただ、お店としてはある程度ルールを守って働いてもらわないと店外の様な行動を無秩序に取る風俗嬢が増えてしまいますので、罰金という脅し文句を使うのだと思います。

それでも恐らく8割以上のお店がノルマも罰金も科さない善良なお店だと思いますので、必要以上に怖がることは無いでしょう。
少なからず罰金を科せられたらお店を変えれば対処法となり得ますし、そもそも「ウチは罰金があるから」とあらかじめ言ってくるようなお店には勤めない方が賢明です。
お店選びの一つの基準ともなりますので、ノルマや罰金があるお店では働かないという認識を持ってお店を選ぶようにしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする