風俗店で客入りが一番多い繁忙期と少ない閑散期はいつですか?

どんな仕事でも基本的に繁忙期と閑散期があるように、風俗業界にも繁忙期と閑散期はございます。
当然、その時期にたくさん稼ごうとしても稼げなくなりますし、客数が少ないことから出勤しようとする風俗嬢自体が少なくなる傾向にもあります。

風俗は歩合制となりますので、その日に出勤してもお客さんが来なかった場合には日給はゼロ円になってしまいます
あらかじめ繁忙期と閑散期は知っておいた方が、自身の生活水準を下げる必要が無くなりますので覚えておくようにしてください。
こちらで風俗店の繁忙期と閑散期、その理由についてもご紹介したいと思います。

[toc]

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

繁忙期は男性の懐事情と直結しています

風俗店で客入りが一番多い繁忙期と少ない閑散期はいつですか?風俗業界における繁忙期は、男性の懐事情から生まれることになります。
夏休みやお盆と言ったお休みに里帰りをする方も多くいらっしゃいますし、年末年始も里帰りをする男性で道路や交通機関は混雑を極めるでしょう。
夏休みは7月から8月にかけて、年末年始は12月から1月にかけて。
この時期に男性の懐は満たされていることが多いです。

なぜなら、会社からボーナスが支給されるから
特に年末年始は夏休みとは違い、12月にボーナスが支給されてそのままあまり間を置かずに年末年始の休暇に突入するケースが大半となりますので、懐が満たされた状態で遊びに出かけられる状況になります
久しぶりに会った友人と風俗に行ってみたり、仕事納めに会社の後輩を連れて風俗遊びをする男性も多くなることから、年末年始が最も忙しい時期だという認識で間違いありません。
飲食店の繁忙期と似通っている部分が大いにありますが、接客業という点では違いはありませんので、飲食店でのアルバイト経験がある方などは理解しやすいのではないでしょうか。

また、4月や5月辺りも繁忙期として客入りが多くなる傾向にあります。
新歓やお花見の様なイベントからの流れで夜遊びに出かける方もいらっしゃいますし、5月にはゴールデンウィークがございます。
そうしたイベントごとや大型連休がある月は必ずと言って良いほど繁忙期を迎えることになりますので、その時期を狙って多額の報酬を手に出来るように頑張ってみて下さい。

閑散期に陥る理由

繁忙期は男性の懐事情と直結しているとご紹介いたしましたが、閑散期もその辺りは同様です。
基本的に年始が終わった1月下旬から2月に関しては散財してしまっている方も多く、緩めた財布の紐を締め直す方が多い傾向にあります
また、決算期の3月は仕事に追われることから風俗に足を運ぶ方が少なくなります。
風俗業界が最も閑散とするのは上記の期間となりますが、それ以外にも閑散期はございます。

それは10月と11月
夏休みという大型連休を終えた点からも、年始と同様に財布の紐を引き締める方が多くなりますし、12月のクリスマスや年末年始というイベントに向けて節約をする男性が多くなることから、風俗業界は少し閑散としてしまいます。
また、その年によりますがシルバーウィークがある年もございますので、8月の夏休みから9月のシルバーウィークで散財してしまう方もいらっしゃるのだと思います。
賞与のタイミングも大型連休のタイミングも、仕事によって多少の違いがあっても大きな違いは生まれませんので、閑散期が移り変わるという事は無いように感じられます。

閑散期の乗り切り方

棒グラフ冒頭でもご紹介いたしましたが、風俗嬢は完全歩合制です。
その日に全く接客することが無かった場合、報酬を手にすることは出来ません
つまり閑散期を迎えてしまうと、繁忙期と比べることが嫌になるくらいに収入が減ってしまいます。

そうした事態を避けるためにも、日頃から顧客の獲得は必要不可欠となりますが、意識的に顧客を獲得するために努力をした方が良いのは8月の大型連休から9月にかけてだと考えられます。
10月から閑散期を迎えることになりますので、その10月から11月の閑散期を乗り切るためにも前以て繁忙期に顧客を獲得しておくようにしましょう。
そして12月に入ってしまえばまた繁忙期が近づいてきますので、夏から獲得してきた顧客をキープするのと共に、新規開拓をして顧客を増やす努力をしてください。
1月の繁忙期が終わったタイミングから最も閑散とする時期を迎えてしまいますが、8月から計算すると約半年の準備期間を経ての閑散期だと言えます。

その頃までに多くの顧客を獲得することが出来ていれば、閑散期が訪れたのにも関わらず自分だけは収入が減ることなく、安定した報酬を得ることが出来ると思います。

入店するにはどちらが良いか

繁忙期と閑散期のご説明を致しましたが、自身が働き始める期間は実際どちらの方が良いと言えるのでしょうか。
こちらに関しては圧倒的に繁忙期です。

繁忙期に差し掛かる手前くらいの期間から、完全に繁忙期真っ只中のタイミングを狙うのが最も多くの金額を稼げることに繋がると思います。
風俗業界の繁忙期が訪れたタイミングで求人情報サイトを覗いてみると分かりますが、働く女性が足りなくなった関係から少し待遇が良くなる可能性があります。
通常時に面接を受けても受けられない様な好待遇やバック率の高さ、果てにはプレイ内容のNGを許容してでも採用したいと考えることが多くなり、ハードルが低くなることが伺えます。
高級ソープでも激安デリヘルでも、繁忙期が違ったりすることはありませんので、繁忙期に人手不足で嘆いているお店を狙って応募してみると思わぬ恩恵が受けられるかもしれません

また、その客入りの良さから、働く風俗嬢は出勤したら目まぐるしく忙しい日々が続くことになります。
当然風俗嬢も人間ですので、嫌になる気持ちは出てきますし、それはサービス内容に影響を与えます。
その習性を逆手に取り、新人期間に多くの男性に丁寧なサービスを心掛けることで、他の風俗嬢よりも顧客を獲得できる確率が高くなります
当然繁忙期が過ぎ去った場合には閑散期が訪れますので、暇を持て余している他の風俗嬢を横目に見ながら一定以上の指名数を誇ることに繋がります。

繁忙期は一年を通して忙しいだけではなく、最も大切な時期だという認識を持って臨めば新人期間からその期間が終わった後まで、望んでいる以上の収入を得ることが出来ますので覚えておいてください。

まとめ

棒グラフ繁忙期と閑散期のご説明から、その理屈までご紹介いたしましたが、一覧にしてみると以下の様にまとまります。

繁忙期:1、4、5、7、8、12月
閑散期:2、3、10、11月

上記に当てはまらない6月と9月は通常営業という形になりますが、6月はボーナスが支給される影響から、9月はシルバーウィークがある関係から繁忙期に差し掛かることがございますので覚えておきましょう。
基本的に繁忙期が最も大切な期間となりますが、閑散期も見越した上で勤務することを忘れないようにしましょう。
良心的なお店の場合、働いている風俗嬢の出勤日数を調整して、なるべく収入が減らない様に工夫してくれるお店もございますが、そもそも自身に集客力が無いとどうしても収入は少なくなってしまいます

閑散期に出勤規制をかけるお店もございますので、その対象とならない様に顧客獲得のために尽力するようにしてください。
どうしても顧客獲得に繋がらなかったという方は、閑散期のみ出稼ぎも視野に入れるようにすると効率良く稼げると思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする