ぽっちゃり系デリヘルは特に本強客が多い?断り方どうしてる?

ぽっちゃり系に関わらず本番行為を望む客は多くいます。
当然店側もそのことを理解しており、マニュアルでもしっかりとその対策法を紹介しています。

そんな中「ぽっちゃり系風俗は本番行為が多い」という噂がなぜか存在します。
なぜ、そのような噂があるのか?
また、もし、要求されたらどのように断らばいいのかなど、本番強要について調べてみたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルで本番行為はできる?できない?

ぽっちゃり系デリヘルは特に本強客が多い?断り方どうしてる?本番行為は禁止です。
デリヘルだけではなく、ファッションヘルス、ホテヘル、イメクラなどほとんどの風俗店で、本番行為は禁止されています。
例外として、ソープだけは本番行為をすることができます。

ただ、デリヘルでも店側に内緒で本番行為を行っている風俗嬢はおり、デリヘルでも本番行為ができると間違った噂を作る原因となっています。

ぽっちゃり系ヘルスだけが持つ魅力

客の多くは「美人」「若い」「スタイルがいい」の3拍子揃った外見が人気を集めています。
その為、若くや性格が良くてもスタイルが良くない「ぽっちゃり」はヘルス店ではあまり人気が出ないことの方が多いです。

ですが、ファッションヘルスなどで人気があまりないようなぽっちゃりを専門に行う「ぽっちゃり系風俗」は多く存在します。
考え方によればマニアックとも取れますが、ぽっちゃりだけが持つ魅力を知ることで病みつきになる客は後を絶ちません。

圧巻のバストとヒップ

胸が大きい女性が嫌いな男性は少ないと思います。

また、安産型でむっちりとした尻も男性を引き付ける魅力と言えます。
女性の2大アピールポイントですが、どちらも脂肪により柔らかく大きくなります。
つまりは、ぽっちゃりが増すことでどちらも大きく、魅力的になるということです。
スタイルが良い女性はバランスや体脂肪燃焼の関係でバスト90cm代が精々です。

しかし、ぽっちゃりすることで脂肪が貯えられBWHすべてが増加します。
その結果、バストは大きくなり100cmを超えるバストも珍しくないです。
そんな、巨乳に挟まれたい・揉んでみたいと考える客は後を絶たず、ぽっちゃり系風俗は独自の人気を保っています。

締め付けられる肉厚

多くの男性は本番行為を行ってみたいと考えています。
しかし、ヘルスなどでは本番行為は禁止されています。
その為、代わりとなるテクニックとして「素股」が行われるようになりました。
しかし、確かに素股は気持ちがいいかもしれませんが、脚を揃えると隙間ができるような引き締まり痩せている女性では強さも弱く、いまいちな結果になってしまうことも少なくありません。

禁止ですが、ぽっちゃりすることで太もも周りの肉がつき、素股をした際男性期をみっちりと締め付ける様になります。
隙間が出来ないみっちりとした素股は、ローションの滑りと合わさって、まるで挿入しているような肉厚と快感を客に与えることが出来ます。
とても気持ちが良く癖になる客も多くいるのですが、中には、それだけでは満足できない客もおり、「素股でこんなに気持ちがいいなら挿入したらもっと気持ちがいい」と考え、本番強要をしてくる客も出てきてしまい、問題となるときもある程です。
肉厚は素股だけではありません。

手こきやパイズリにも言えることで、手が細いゴツゴツした手や貧乳では味わうことのできない肉厚による圧迫を感じられ、ぽっちゃりでしか味わうことのできないテクニックです。

ぽっちゃりは包容力があると思われる先入観

あなたは細くスッキリした人物と、太くしっかりとした人物ではどちらが安心感がありますか?
大衆食堂など気軽に食べられる店の店員は多少ぽっちゃりしている方が、大衆の女将として安心感があったりします。

他にも、「ぽっちゃりしている方がのんびりとして優しそう」「ぽっちゃりしている方が温かみがある」など、ぽっちゃりに対して包容力や優しや、母性などを感じる事が多いそうです。
これは風俗でも言えることで、安らぎや発散など日頃のストレスを溜めている男性にとっては、一緒に居て安らげる存在になりやすいそうです。
ただ、あくまでも印象であり、すべてのぽっちゃりさんが皆そうだとは言えません。
しかし、それでもよくわからない中から選ぶとなると、その先入観を信じやすくなり、実際にプレイすることで包まれるようなテクニックと、安心する外見から疲れた客の癒しになり、人気が出る風俗嬢は多くいます。

弱気な料金設定

ぽっちゃり系風俗の料金を比較して見ると、どの店舗も手軽な値段設定になっています。
これは、残念なことに世間の見解でぽっちゃりはスタイルが良くない、悪い言い方では、「わざわざデブとプレイする気はない」と思われており、他の風俗で人気が出ないから安い料金設定と判断される部分があります。
男性の経験の中には、写真よりもぽっちゃりしていてがっかりしたという話も多く、ぽっちゃりは決してプラスの要因として扱われてはいません。

その為、若い女性が多く在籍していても、ぽっちゃり系風俗店は手ごろな値段設定になっているところが多いです。
ですが、これはぽっちゃり系女子を知らない客が持つ偏見です。
ぽっちゃりが持つ魅力は多くあり、他の風俗と比較しても引けを取らない魅力があります。
料金が安ければ試しに入店する客は増えるでしょう。

そして、プレイすることで魅力に気がつき、考えが変わると思います。
今はまだ安い料金設定ですが、いつか多くの人が魅力に気が付けば値段設定も変わってくるかもしれません。
その時に、今までのプレイで本指名されている客が多ければ、きっと人気の風俗嬢になり稼ぐことが出来るかもしれません。
その為にも、ぽっちゃりの魅力を伝えられるようにテクニックを磨きましょう。

ただ、値段設定が低いことで素行が悪い客が来店しやすくなります。
「給料が安いから稼がせてあげる」「料金が安いから許される」など、何か勘違いをして風俗嬢に迫る本強客がいます。
ヘルスは本番行為禁止で、ぽっちゃりは他人に卑下される必要のない魅力を持っています。
決してほだされずに本番行為を認めてしまわない様に注意しましょう。

ぽっちゃり系ヘルスは本強客が多いのか?

ぽっちゃり系ヘルスに関わらず、本強客は多くいます。
本番行為がしたいならソープに行った方がいいとは思いますが、なぜかヘルス系の店で違法行為と知りながら本番強要を行います。
理由は人それぞれではありますが、理由の一つに「ヘルスの方が料金が安い」という理由があります。

風俗は大衆向けといっても満足に遊ぶためには金がかかります。
特に本番行為を行えるソープは他の風俗より料金が高く、何度も遊ぶと薄給のサラリーマンの財布に響きます。
その為、本番行為をしたいけど少しでも安くしようとヘルス店などを選択し、あわよくば本番行為を行おうと強要しようとします。
他にも、「本番行為は考えていなかったがうまいテクニックにより挿入したくなった」「雰囲気や流れでやりたいと思った」などの理由も耳にします。

このような理由は、ぽっちゃり系風俗に当てはまり、「ぽっちゃり系風俗は料金が安い」「肉厚が気持ちが良く挿入したくなった」「包容力によって安心してしまい恋人の様に挿入をお願いした」などの理由から、本番行為をお願いする客がいるようです。
また、ぽっちゃりを「太っているから醜い」とマイナスに捉え、「醜くいならなにしてもいい」と勘違いをして無理やり本番強要をする輩がいます。
このような理由から、ファッションヘルスなどの若い女性のヘルス店よりは、ぽっちゃり系風俗の方が本強客は多いと思われます。

ウザイ本強客の断り方

太もも禁止する程追い求めたくなるものです。
ですが、ヘルス店などは本番行為を禁止しており、実際に求められたら断らなければなりません。
しかし、実際の場面ではストレートに断ればいいのか?
やんわり断ればいいのか?

はたまた実際に言えるのかはわかりません。
入店することで店舗ごとにマニュアルによる断り方を学びますが、そのような場面の為に、本番強要する客の対策をいくつか紹介します。

冗談で返す

実際に本番行為をお願いしてきても、客のほとんどは「できたらいいな」程度の軽い気持ちで聞いてくることが多いです。

その為、こちらも軽いノリで「駄目だよ」と返してあげれば仕方ないと簡単に諦めてくれます。
「そんなこと言うなんて悲しい」「遊んであげない」など何でも構いません。
冗談の流れで断ってあげれば、その後も気まずくならないでプレイをし続けることが出来る為、客と険悪にならなくて済みます。

また次回とうやむやにする

ゲームではないですが、人との好感度は何度も会い作り上げていくものです。
1~2回程度の指名ではまだ早いということで「次回来てくれたら考えてあげる」、「今日は気分が向かない」など、今回はダメでも次回はもしかしたら?
という期待を持たせるように断ります。
そうすれば、今回を防ぐことだけではなく、次回指名してもらえる可能性が高くなります。

ただし、「次回」「別の日」と宣言している為、しつこい客だと次回指名した時「前回ガマンしたから今回はいいよね?」と本番強要してくる可能性があります。
そうなったら店側に連絡などで対処すればいいですが、ウザイ客だとSNSに悪口を記載したり、ストーカーをするようになったりする為、無暗に返答せず、相手を見て大丈夫だと感じたら使用するようにしましょう。

代わりに別の事をしてあげる

客も気持ちが良くなりたいから本番強要をしてきます。
ならば、それに勝るとも劣らないテクニックを披露してあげればいいわけです。
「フェラ」でも「パイズリ」でもなんでも構いません。
得意な分野で徹底的に骨抜きにしてあげれば、本番強要を望む体力と気力は無くなります。

本番強要を防ぎ、客は至福を味わえる両者が満足の内容です。
もし、得意なテクニックが無くても「精一杯頑張る」という姿勢と返答をすれば、「この娘は頑張り屋で好感が持てる」となり、客に好印象を与えます。
そして、客が気に入れば次回以降も指名してくれる可能性が十分に上がります。
ただ、徹底的に頑張る必要がある為、いささか重労働になる可能性がある為、ある程度の妥協と休憩は必要です。

決まりだから仕方がないと断る

多くのマニュアルで設定されている基本的な断り方になると思います。
「決まりだから」というわかりやすい断り方をします。
絶対のルールですし、バレたら罰金、出禁を行うことを告げれば大体はおとなしくなります、客もよけいなペナルティを負いたいとは思いませんので、追及をしてくることはあまりないと思います。

ただ、いささか「決まりだから」と断るのは味気ない為、別の事を頑張るなどアフターフォローしてあげると客の印象は良くなりやすいです。

挿入のデメリットを説明する

No, 拒否本番行為をした際のもしもの問題を突き付けてあげます。
店側にバレる危険はもちろん、「妊娠」「性病」などの責任についてどうするかを詰問しましょう。

大体の客は面倒ごとに巻き込まれたくない臆病者の為、想像させてあげればすぐに手を引きます。
中には「そうなったら結婚しよう」などの情熱的なタイプや、「別に構わない」「医療費を払ってあげる」などの無責任なタイプもおり、一筋縄ではいかない場合もあります。
そうなったら、別の案を考え断るしかありません。
また、内容が重い可能性がある話題な為、返答後は気まずくなる可能性が高いです。

さすがに逆上まではいかないと思いますが、その後のプレイはうまくいかない可能性が高い為、注意しましょう。

店舗へのヘルプ

最終手段風俗店に連絡を入れて取り押さえてもらいます。
「暴力」「問答無料」「店側の許可をもらっている」など、危険であったり、説得が無理そうなら迷わず電話しましょう。

無理に一人で頑張ってもいい結果にはなりません。
自分を守る為にも気にせず電話しましょう。
当然電話することで雰囲気は最悪となりますが、客が悪い為気にしてはいけません。
それで何かあっても店側が理解し守ってくれるはずです。

それと、暴力など本気でまずい場合は、電話より先に部屋の外へ逃げましょう。
デリヘルなどは電話してもすぐに駆け付けることはできません。
最低でも身を守れるように、ホテルのフロントなど人がいるところへ逃げましょう。

まとめ

ぽっちゃり系風俗に関わらず、本強客は多いです。
当然断る必要がありますが、マニュアルを見ても慣れないうちはうまくいかないことがあるでしょう。
客も「今回だけやらせて」「みんなやってるよ」「本番禁止なの知らなかった」など、わざと、そして巧みに方法を考えてきます。
ヘルス店などは本番行為は絶対禁止です。

どのような言い訳でも断れるようになりましょう。
ただ、あまりしつこい客やウザイ客で悩み続けていては病むことになります。
あまり深く考えずに、自分に合う断り方ができる様に用意しておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする