生活保護を受けならがぽっちゃり風俗で働くのは不正受給?

生活保護を受けながらも、風俗で働いている女性が居ると思います。
ですがそれは「不正受給」となり犯罪になる可能性があります。
生活保護というのは、生きていくために最低限必要なお金を、何かしらの理由で得ることができない場合に限り、国が「保護費」として支給してくれるものです。
職があって、働けるだけの健康な体があるのに、お金を受け取るのは悪質と判断されます。

ただこれは、役所へ風俗で働いている収入を報告していなかった場合です。
風俗で働いた収入は、当然ながら保護費から差し引かれます。
あくまでも風俗で働いても足りない部分だけ、国が補填してくれるという考え方なのです。
ですのでしっかり申告をしなければ、不正受給に当たってしまうのです。

ぽっちゃり風俗にも、心の病を抱えて働いている女性は結構います。
「何かしらの理由で得ることができない」と述べましたが、心の病も十分それに該当する理由です。
例えばうつ病の場合、痩せている体型の人が多いと思いますが逆のパターンもあります。
ストレスで過食してしまったり、引きこもりによってぽっちゃり体型になってしまった。

やっとぽっちゃり風俗店で働きだしても、調子が良いときは稼げて、メンタルが追いつかないスパイラルにハマるとまた稼げなくなってしまう…
バランスよく食べて、バランスよく仕事をすることが一番良いのですが、仕事のストレスもあるせいで、なかなかメンタルを保てない女性が多いのです。
生活保護を受けることや、ぽっちゃり女子が風俗で働くことについて

もう少し詳しく説明していきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

風俗で生活保護を受ける女性たち

生活保護を受けならがぽっちゃり風俗で働くのは不正受給?ぽっちゃりで生活保護を受けている女性も居ますが、日本におけるシングルマザー(母子家庭)の受給率の割合が多いのはご存知でしょうか。
パート代だけでは稼ぎが足りず、子供も小さいため長時間の勤務が難しいなど、生活するための最低賃金を得られない女性が、生活保護を受けています。

でも現実は風俗でバイトをしている女性も多く、パートと上手く両立している方も居ます。
離婚をすれば、引っ越しや生活が安定するまでの資金が必要であったり、調停中でも仮住まいを強いられたり、何かと普通の暮らしが出来ないのです。
こういったときに、子供を抱えながらも稼ぎやすいのが風俗となるわけです。
ずっと続けるわけではないけれど、とりあえずまとまったお金が毎日現金で手に入る。

自分の好きなときに働けて、ある程度は時間の融通が利く。
こんな効率的な稼ぎ方は、昼の世界にはありません。
ちゃんと役所に風俗で稼いだ収入を報告していて、それでも最低生活費に満たない場合、「風俗で働きながら生活保護は需給できる」という点は覚えておきたいところです。
ちなみにぽっちゃり風俗店にも、シングルマザーは在籍しています。

シングルマザーは人妻店などに多いイメージがありますが、「シングルマザー+ぽっちゃり」であれば、ぽっちゃり風俗店の方が稼ぎやすいのです。
ぽっちゃりを売りにして生活していくことは、本人にとってコンプレックスを解消しながら生きていくことにもなるでしょう。

ぽっちゃりデリヘルは足がつかない?

最近は癒されたい男性が多く、人気を集めているぽっちゃり風俗店。

柔らかく女性らしい肉体に、白くてスベスベのお肌…
巨乳好きやマニアックな男性が虜になっているようです。
一般的にもぽっちゃりは可愛いと言われていて、ぽっちゃり風俗店は
さまざまなコンセプトで展開されています。

ぽっちゃりソープ・ぽっちゃりデリヘル・ぽっちゃりエステ、他にもオナクラや喫茶まで拡大しているジャンルです。
この中でもぽっちゃりデリヘルなどの無店舗型は、生活保護の不正受給をしやすい傾向にあります。
ただでさえ風俗は介入しづらい業界ですが、店舗型に比べて足が付きにくく、勤務実態を把握するのは難しいとされています。
あらかじめ組んだシフトに沿ってお店で稼がなければいけない…という固定概念がないため、メンタルで問題を抱えているぽっちゃり風俗嬢にとって働きやすい環境でもあるのです。

ちなみにうつ病にもなると、〇〇しなければいけないと思うことが一番のストレスです。
意外かもしれませんがダラダラと過ごすことで、本来の自分を取り戻す治療法もあります。
無理に固定して風俗店で働くよりは、デリヘルのように自由なスタイルをとる風俗嬢も居るのです。
シングルマザーにとっても、子供の事情で働きたいときに働けるスタイルを取りたい

デリヘルは気軽に出動できるジャンルでもあります。
デリヘルは不正受給しやすいからと言って、風俗業で働いた収入を役所へ申告しないのは犯罪となります。

不正受給がバレるとどうなる?

お金風俗で働きながらも、役所へその収入を申告していて、それでも生活費が足りない場合には、生活保護を受けられるとお伝えしました。

でも昼の世界とは違う特殊な業界なので不正受給をしていたとしても、バレる可能性は低いのです。
もし生活保護の不正受給がバレた場合、重罪に科せられるので要注意です。
生活保護法と刑法に基づき、その内容を3つに分けて詳しく見ていきたいと思います。

受給額の返還+40%上乗せ【第七十八条】

不正に受け取った全額を返さなければいけません。
その金額に40%上乗せした金額も返さなければいけません。
例えば1年間で100万円受け取っていたら、140万円を返さなければならないのです。

懲役または罰金【第八十五条】

悪質な手口の場合は「100万円以下の罰金」もしくは「3年以下の懲役」が科せられます。
生活保護法に偽りその他不正な手段によりとあるので、風俗での稼ぎがこれに該当する可能性があります。

詐欺罪【刑法第二四六条】

人を欺いてお金や物を取ることに当たります。

風俗で働いて収入があるにも関わらず、嘘をついて・人を欺いて生活保護を受ける。
罪と認識していながら、嘘と引き換えにお金を受け取ったと判断されます。
想像している以上に、生活保護の不正受給は重罪となります。

法律不正に受け取ったお金を返せば良いのではなく、そこに付随する罪が罰されます。
生活保護法だけではなく、詐欺罪ともなれば刑法までが関係してきます。
もし逮捕された場合、風俗を上がって普通の仕事がしたいと思っても難しいでしょう。
シングルマザー、ぽっちゃり風俗で勤務している女性は、ぜひ不正受給の怖さを再認識してもらいたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
不正受給がバレる原因は、意外とお店の女の子が通報することがあるようです。

ナンバー嬢で稼いでいるのに、シングルマザーだからと言って不正受給をしていたら、周りの女の子はどう思うでしょうか?
うっかり話してしまうと、日ごろの恨みを買われることがあるんですね。
どれだけ貧困の世の中であっても、安定した収入を得るために犯罪に手を染めるのは違います。
お金に困っている、稼げないと嘆くならば、風俗で働く選択は外せません。

ぽっちゃり風俗でも、頑張って働けば週に数万円は稼ぐことができます。
生活保護で貰うお金は、せいぜい月に10万円前後でしょう。
風俗で言ったら数日で稼ぐことが出来るのです。
ぽっちゃり女子は、過去に「デブ専」と呼ばれていたジャンルよりも需要が拡大しています。

モテる領域に入りつつあるのに、自分で未来を壊してはもったいないです。
自分の価値やチャームポイントに気づいて、一人でも多くのお客さんに
その良さを知ってもらうことが、ぽっちゃり風俗で稼いでいくコツです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする