ぽっちゃり店の面接で不採用になってしまう原因はなんですか?

ぽっちゃり店は、普通のお店と比べても採用の基準が緩めです。
なぜなら、普通のお店と比べるとぽっちゃりしている女性が面接に来ることはそれほど多くないからです。
普通のお店なみに基準を厳しくしてしますと、ただでさえ立ち行かなくなるお店が全く立ち行かなくなってしまうでしょう。
そんなぽっちゃり店ですが、残念ながら不採用になってしまうこともあります。

なぜ、と思う方はいるかと思いますが、それは別に面接を受けた女性の容姿が特別劣っているとか、あるいは特別な理由があるわけではありません。
ぽっちゃり店はどのような女性も受け付けていますが、採用する、しないという明確な線引きは存在しているのです。
では、その線引きは一体どこにあるのでしょうか。
その線引きを、主な不採用になってしまう理由と共にまとめていきたいと思います。

不採用になってしまう理由はなに?

ぽっちゃり店の面接で不採用になってしまう原因はなんですか?不採用になってしまうのは、お店なりの理由があるのです。
以下に、その理由を紹介していきたいと思います。

容姿などがコンセプトに合っていない

一口に「ぽっちゃり店」といっても、そこにはいくつかのパターンがあります。
全てのぽっちゃり店が、同じようなぽっちゃり女性を採用することは限らないのです。
例えばの話ですが、「熟女系ぽっちゃり店」と「ロリ系ギャル店」では、採用される容姿が全く異なります。
前者のお店に見るからに女子高生風、もしくは見た目よりもずっと若く見えるようなぽっちゃり女性が面接に行ったとしたら、コンセプト違いとして不採用になってしまうでしょう。

後者もまた然りです。
なぜなら、そのお店に来るお客さんはもお店のコンセプト通りの女性を求めており、万が一全く逆のタイプの女性が居たとしたら、クレームに繋がってしまう可能性もあるでしょう。
なので、コンセプトを掲げているお店にとっては容姿がコンセプトに合っているかどうかを見られるのです

お店のランクが高い

ぽっちゃり風俗は、基本的に利用料金が安めです。
そのため、安物風俗の代表のような扱いを受けることが多々あります。
しかしながら、ぽっちゃり風俗にはぽっちゃり風俗なりの高級店・格安店の区別が存在しているのです。
つまり、高級店に分類されるぽっちゃり店では、それだけ門戸が狭くなっています。

格安のぽっちゃり店では「ぽっちゃり」でさえあれば誰でも入店することができますが、逆に高級のお店では、高額な給金を出すに値する素質が求められる場合がほとんどです。
それは容姿であったり、身体的特徴であったり、プレイに求められる素質だったり、そのあたりはお店によって様々でしょう。
高級なお店に入店することができるのは、「ぽっちゃり」という意外にもなんらかのアピールポイントがある女性だともいえます。

年齢が高すぎる/低すぎる

ぽっちゃり店では、かなり広い年齢層の募集を行っています。
しかしながら、それでも年齢には限界があるのは確かです。
さすがに60代を迎えた女性を歓迎してくれるという女性は少ないのではないでしょうか。
さらに、若すぎても当然働くことはできません。

もちろん未成年や高校生が風俗で働くのは違法ですし、許されません。
場所によっては、20歳を迎えないと条例違反という地域もあるでしょう。
また、お店によっては熟女を専門とした店も存在しており、そういったお店に関していえば、若い女性が採用されるのは難しいと思います。
逆の場合も、同じことがいるでしょう。

風俗業界において30代はまだまだ稼ぎ盛りですが、ロリ系ぽっちゃり店を謳っているお店に30代の女性が行っても、不採用になってしまうことが多いかもしれません。

面接の人はどこを見て採用・不採用を決めているの?

採用・不採用を決めるのはあくまで面接をする人と、その店長です。
そのため、人によっては見るところが全く違ったりします。

なので、いくら身だしなみを整えた美女であっても、もしかしたら不採用になってしまうこともあるでしょう。
そうなると、面接の結果を見るのは結局運なのか、と思ってしまうかもしれません。
しかしながら、面接は決して運ではありません。
ほぼ必ず見られるような場所も存在するのです。

以下の場所は、どんな面接官であっても必ず見られる場所です。
1つずつ解説していくので、是非参考にしてみてください。

体型が「ぽっちゃり」かどうか

会話ぽっちゃり店では、採用する基準はそれほどきつくありませんが、「ぽっちゃりかどうか」という点についてはある程度厳しい目で見られます。

もし世間から見て、明らかに痩せ型であるなら、当然どのぽっちゃり店でも不採用になる可能性が高いでしょう。
というのも、ぽっちゃり店に来るような男性はそのほとんどがぽっちゃり好きで、体型に関してはある程度拘りの強い男性が多いからです。
風俗店といえども接客業。
お客さんである男性の需要を満たすのが商売です。

ぽっちゃり店で需要があるのは当然少し太めなくらいの女性ですから、そうではない女性は別のお店に行くといいでしょう。
自分ではどうしても太めに見てしまうことが多いので、一度誰か知り合いの人に痩せているか太っているか、外見で判断してもらってはいかがでしょうか。

清潔感があるかどうか

先ほど述べたように、風俗業は接客業です。

なので、お客さんを気持ちよくこそすれ、不快にしてはいけません。
それが大前提となります。
よって、見るからに不潔な女性はかなりの確率で不採用になるでしょう。
爪に垢が溜まっている、髪の毛にしらみがいる、身だしなみに全く気をつかっていない……そんな女性は、風俗店としてもあまり雇いたいものではないと思います。

もちろん、経済的な理由できらびやかな衣装やメイクをすることができないという人もいるでしょう。
しかしそんな人でも、面接の日にはお風呂に入ったり、髪の毛で目が隠れないようにするなど、第一印象として「不潔」だと思われないような工夫をしていきたいところです。
中には体臭が気になるという人もいると思うので、面接の前にシャワーを浴びるのも忘れないようにしたいところです。

言葉遣いがきちんと出来ているかどうか

言葉遣いといっても、美しい日本語が話せているかどうかということではありません。
良い会社の面接のように、言葉尻や普段使わないような単語の用法まで細かく追求されることはほぼないでしょう。
疑問符ここでいう「言葉遣い」とは、国語能力的な面よりも、「初対面の相手に失礼な言葉を使っていないか」という意味になります。
繰り返しになりますが、風俗業は高度な接客業でもあります。

なので、性的なサービスのほかに、お客さんに対して会話をして奉仕をしなければなりません。
その際に、度を越えた不遜な態度や、全くお客さんを敬っていないような態度を取るような女性は、お客さんの心を掴むことができないでしょう。
面接で失礼な態度を取る女性は、お客さんにも失礼な態度を取る女性だと取られてしまいます。
必要最低限、です、ますをつけること、椅子に座るときは膝をそろえて座ること、人の目を見て話すことは意識しておきたいところですね。

面接で不採用になってしまう理由まとめ!お店の食う人を確認しよう!

面接で不採用になってしまうのは、大体の場合、お店側の基準が厳しいというよりも、ミスマッチングによって起こります。
お店が理想としている女性像とは、ちょっと噛み合わない、そんなことが多いのです。
なので、そういった行き違いを起こさないためにも風俗求人に応募するときはきちんと要項を読み、店舗のホームページなどを見て、雰囲気は知っておきましょう。

「ぽっちゃり風俗」と人括りにされがちな世界ですが、意外とお店は細分化されているからです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする