アトピー持ちのぽっちゃりは風俗で働かない方が良い?お客つかない?

接客業の仕事がしたい女性にとって、アトピー性皮膚炎はつらいものになります。
軽い症状であれば、気になるものではありませんが、症状が激しいものは隠しようがありません。
アトピーは不衛生なものでない・他人に感染するものではありません。
でも、接客しているときに、症状が出たからといって患部を掻きむしったりすることは、よくありません。

アトピーは、社会的に誰もが知っている皮膚の病気になるので、それを見たからといって否定的なことを言う人は少ないのですが、美容関係の接客業は容姿を求められることがあり、採用されないこともあります。
職業的には仕方がありませんね。
風俗店はどうなのでしょうか?
アトピーでガサガサになっている肌で風俗嬢として働くことはできるのでしょうか、見ていきましょう。

ぽっちゃりアトピーは風俗嬢になれる?

アトピー持ちのぽっちゃりは風俗で働かない方が良い?お客つかない?アトピー症状による

風俗嬢になれますといいたのですが、それはアトピー症状によると思います。
軽度のアトピー症状で、多少のガサガサがあるぐらいであれば問題なく働いている女性もいますが、重度で全身にアトピー症状がでている場合は、難しいと考えたほうがいいでしょう。

アトピー症状になっているあなたを差別しているのではなく、風俗嬢としては働けるコンディションではないことになるのです。
風俗嬢の仕事にはさまざまなタイプのものがあります。
風俗店タイプによって裸になってキス・全身リップをする・お客さんが舐める・からだを触ってくるなどがあるのです。

働いているあなたもストレスを感じる

あなたも働く上で、ガサガサしている皮膚がお客さんのからだにあたることで不快に思わないかと心配しながら性的プレイをしないといけなくなるのです。
そのようなからだのコンディションで仕事をしているとストレスが溜まって、いい仕事はできなくなってしまいます。

お客さんには心無い人もいる

お客さんには心無い人もいます。

あなたは幼いころから皮膚が弱くアレルギー体質でアトピーになっているとわかっていますが、あなたのからだを見たお客さんは、そうは理解してくれない人もいます。
もしかして性病感染しているのではないかと言われることもあるかもしれません。
あなたは違うと説明しても、お客さんがどう感じるかになるのです。
言葉にして言わない人でも、心の中では「性病?病気?感染したくない」と考える人もいるでしょう。
理解する人でも、アトピー風俗嬢とプレイするのは気持ち的にはNGと言う人もいるのです。

現実的に考える

ネット上の情報では、「アトピーでも稼げます」と掲載しているところが多いのですが、現実的にところで考えれば無理だと思います。
無理で断られると考えて、風俗嬢に応募・面接して採用されればラッキーとしてください。
採用されたからと言って、アトピーの風俗嬢が稼げるかどうかは未知数になります。
アトピーは、体質で皮膚の病気で感染しないと理解していても、わざわざ風俗店に来店して、アトピーの風俗嬢を抱きたい思う男性がどれだけいるかになるのです。

差別ではないです。
現実を見て判断することが大切になるのです。
だれもが、欠点・病気というものは多少持っています。
からだが極端に小さい女性が、パリコレのモデルになりたいといっても現実的ではないことと同じです。

裸にならないサービスの風俗店

ふきだし風俗には裸になってする仕事がメインになります。
種類はおおまかに、ソープランド・SMクラブ・ファッションヘルス・ホテヘル・デリヘル・イメクラ・セクキャバ・ピンサロ・オナクラ・メンズエステなどがあります。
ソープランド・ファッションヘルス・ホテヘル・デリヘルは、プレイは裸になってするので、アトピー症状がひどい女性には向かないと思います。

SMクラブで、M役で裸になることがあります。
M役のムチ・縄・ロウソクで責められる役は向きませんが、S役でコスプレする側で裸になる必要がなければできるかもしれません。
セクキャバは、上半身裸になるので上半身にアトピー症状がなければ可能になります。
ピンサロは、働く場所が暗いところなのでアトピー症状はお客さんにはわからないと思います。

裸に全くならなくていい風俗店は、オナクラとメンズエステになります。
性的サービスはあっても手コキまでになります。
オナクラは服を着たまま、お客さんのオナニーをしている姿を見て、言葉で責める・ポーズをとるようになります。
エステはマッサージがメインのところは制服を着てサービスをするようになります。

※オールヌードでマッサージするエステもあるので事前確認が必要です。

オナクラ・エステでも顔に症状があればNGかも

オナクラ・エステについては、アトピー症状がでていてもできる仕事ではありますが、どちらも風俗タイプのなかではソフトサービスで、女性の容貌で集客している部分があります。
採用基準は厳しいので、容貌に自信がないと無理だと思います。

アトピー症状が顔にひどくでている場合は、あきらめたほうがいいでしょう。
メンズエステのなかでも、一切風俗要素がなくマッサージテクニックを売りにしているところは、採用してくれるかもしれません。

風俗店でどうしても働きたいならピンサロ

アトピー症状が、ほぼわからない風俗店はピンサロになります。

ピンサロの仕事内容は、ランジェリーを着てお客さんの横に座って会話を少しして、ペニスの汚れをおしぼりでとって生フェラチオして発射させることになります。
風俗店のなかで生フェラチオがあって、シャワーがない環境はピンサロだけで、衛生的に問題があります。
この環境で、アトピー症状があるぽっちゃり女性が仕事をしていいかどうかの判断は考慮に入れていません。

アトピーで風俗嬢に勤めることはどう

スキンネット上のお客さんと風俗嬢の声は以下になります。
【お客さん】
・アトピー症状がでている女は風俗嬢として裸で商売できるのか。
・ガサガサした肌を触って喜ぶと思っているのかな。
・まずはアトピーを治して働くべきではないのか?男性は指名しないはず。
・男性がアトピーだったらどんな気持ちになるのか?風俗嬢もよく考えたほうがいい。
・アトピー風俗嬢とプレイはできない。
・アトピー症状が軽症ならいいが、重症は風俗嬢になるべきではない。
・アトピーだったら裸になる風俗店に勤めるな。

【風俗嬢】
・アトピー症状がひどくなったら欠勤するしかない。
・ソープはアトピー症状が悪化するからやめたほうがいいよ
・裸にならない風俗嬢、エステにしたほうがいい。傷つくよ。
・稼ぎたいなら、からだか見えないピンサロ、将来考えてエステ。
お客さんは厳しい意見ばかりでした。
風俗嬢はアトピーがどれだけ辛いかわかっているのでアドバイス的なものでした。

働き出してアトピーになることもある

アトピーは生まれつきと考える人がほとんどですが、実は後天性もあり、大人になっても突然発症することがあります。
後天性でアトピーになる70%の患者の原因は、「ストレス」になりますぽっちゃり嬢として働き始めた時は、ツルツル肌だったがストレスによって突然アトピーになることもあるのです。
後天性アトピーにならない対策は、ストレスをためないように仕事をすることになります。

まとめ

アトピー女性がぽっちゃり嬢になれるかどうかは、症状によります。
アトピー女性が採用されて稼げるかどうかは未知数になります。
稼ぎたいなら、アトピー症状がわからないピンサロになります。
ご参考にしてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする