風俗で働くなら集団より個室待機がメリットがあるよね?

初めて風俗嬢として体験入店する際は、そのお店が個室待機であるか否か、求人情報をしっかりチェックしておいた方が良いでしょう。
集団待機と比べて個室待機はメリットが多く、疲れた身体を癒し、リフレッシュした状態で仕事に専念できるといった特徴があります。

風俗嬢の待機の仕方

風俗の世界には無店舗型と呼ばれる形態のお店が存在します。
無店舗型のデリヘルの場合、仕事をする際にはホテルやお客さんの自宅に派遣されることになるため、特定の決まった場所で仕事をするということはありません
しかし、全てのデリヘル嬢が常にお客さんに呼ばれているわけではありません

どれほど人気のデリヘル嬢であっても、仕事がない時間は存在します。
お客さんに呼ばれるまでの仕事がない時間帯において、デリヘル嬢は待機して時間を過ごすことになるのですが、その時の待機方法は個室待機か集団待機のどちらかになることがほとんどです。
ホテル 部屋個室待機とはその名前の通りの待機方法で、風俗嬢は個室で待機をすることになります。
一方で、集団待機とは一箇所に待機中の風俗嬢が集まりますので、待機中は他の風俗嬢とお喋りしたり、仕事について様々な意見を聞くことができます。

ただ、個室待機だろうと集団待機だろうと待機時間中は仕事をしていないため、給料は発生しません。
その一方で、どのような行動を取ろうと自由になりますので、待機中の風俗嬢は好き勝手に振る舞えます
個室待機と集団待機にはそれぞれ一長一短があります
しかし、いざ体験入店をし、風俗の現場を知ってしまうと、集団待機よりも個室待機の方が良いと考える風俗嬢は多くいます。

そのため、風俗の求人を探す際には、待遇の条件に個室待機と書かれている求人を探した方が良いかもしれません。

個室待機のメリットとデメリット

個室待機のメリットといえば、まずプライバシーが尊重されることです。
ただ、ソープなどの業種によっては、個室待機の場所はプレイルームになることがほとんどですので、待機中は次のお客さんが来るまでの準備として掃除をするなど、割と忙しくしているものです。

個室待機はこのように、プライバシーが守られる一方で、身の回りのことは全て自分でやらないといけないなど、面倒な作業が増える傾向があります。
ただし、デリヘルなどの業種の場合、プレイルームを割り振られることはありませんので、専用の個室を用意して貰えます。
特に高級店のデリヘル嬢の場合、個室待機中の待遇が良く、マッサージチェアやテレビ、パソコンなどネットカフェのような設備が完備されていることもあります
このような専用の個室を用意されているデリヘル嬢の場合、個室待機中は他の風俗嬢の目を気にせずに自由に振る舞えます。

仕事熱心な風俗嬢ならば写メ日記を更新し、本指名してくれそうなお客さんにメールを送信し、呼んで貰えるように営業努力をするものです。
他にも映画鑑賞をしたり、マンガを読んだり、さらには寝るなど好き勝手に行動できますので、ストレスの多い風俗嬢にとって個室待機中は非常にリラックスできる時間帯となるでしょう。
ホテル 部屋風俗嬢にとって仕事とは、非常にストレスの多いものです。
一回接客する度に疲労が蓄積し、ぐったりすることでしょう。

そんな疲れを誰にも邪魔されずに癒し、気分をリフレッシュさせることができる、それが個室待機の最大のメリットでしょう。
そんなメリットの多い個室待機ですが、デメリットとして他の風俗嬢と仲良くなれないなど、仕事中は独りで過ごす時間が多くなるといった特徴があります
確かに体験入店した当初となると、まだ風俗業界について何も知らないので、出来るだけ沢山の風俗嬢と仲良くなり、意見交換したいと思うことでしょう。
特に風俗嬢として働くにあたり、色々と悩みや不安のある女性ほど、一人でいることは心細く感じられ、風俗嬢の友人を作りたいと考えるかもしれません。

集団待機のメリットとデメリット

個室待機と違って、他の風俗嬢と同じ場所で待機することができる集団待機には、他の女性とお喋りをすることで情報交換が出来るなどのメリットがあります
普通の仕事と違い、風俗の仕事は世間体が悪く、悩みがあっても家族や友人にはまず打ち明けられません。
しかし、同じ風俗嬢であれば悩みや相談事を打ち明けることが出来るだけに、集団待機中に風俗嬢の友達を作ることが出来れば、心強く感じられるでしょう

特に体験入店中の風俗嬢の場合、ベテランの風俗嬢から話を聞くことで、プレイのやり方や接客の方法など、仕事について様々なことを学べるチャンスとなります。
このように、他の風俗嬢と意見交換が出来る集団待機は、一見するとメリットが多そうに見えます。
しかし、現実はそれほど甘くはありません
なにしろ集団待機中の風俗嬢というのは、基本的にみんな不安や不満を抱えており、絶えずイライラしているものです。

話しかけても無視されるか、嫌みや悪口を言われる可能性の方が大きいです。
特に長く風俗店に勤めているにも関わらず、あまり指名が貰えていないような、稼げない風俗嬢が抱えるネガティブな感情は強烈です。
ネガティブな思考の風俗嬢の近くにいると、こちらまで嫌な気分になってしまい、仕事に対するモチベーションが落ちてしまいます
他の風俗嬢たちと一緒に待機する集団待機はこのように、他の風俗嬢たちの悪意に晒される危険があります。

性格の悪い風俗嬢となると、入店したばかりの新人に嫌がらせをするなど、悪質な行為に及ぶことがあるので注意が必要です。
例えば、貴重品や財布を盗まれたり、勝手にスマホの中身を読まれるなど、プライバシーはまず尊重されません。
このようなデメリットから風俗嬢の多くは集団待機よりも個室待機の方が良いと考える傾向があります。

ソープの個室待機の場合

ストレス個室待機というと風俗嬢一人ひとりのために専用の部屋を与えられるようなイメージかもしれませんが、ソープなどの業種の場合、仕事をするプレイルームで個室待機をすることになりますので、待機中であっても気を抜けないものです。
なにしろプレイルームとはお客さんを接客するための場所です。
いくら待機中は好き勝手に振る舞って良いとはいえ、プレイルームに読みかけのマンガや食べ残し、飲み残しなどのゴミが散乱していたら、お客さんも気分を害してしまいます。
そのため、プレイルームで待機をする際には部屋を清潔に使うだけでなく、プレイ終了後には自分でタオルを交換したり、片付けや部屋掃除をすることになります

高級なお店になるとボーイさんが後片付けや補充をすることもありますが、細々とした作業は基本的にソープ嬢がすることになります
なにより、お店によっては他のソープ嬢が接客した後のプレイルームを割り振られることもあり、そういった場合、部屋は確実に汚れているので、待機中は掃除ばかりすることになります。

高級デリヘル嬢の待機の仕方

他の風俗嬢の目が届かない場所で待機をするのであれば、個室待機の方が良いに決まっているのですが、どうせ待機するならば自宅待機の方が良いでしょう。

高級デリヘルのお店の中には、そういった自宅待機が可能なお店もあります。
できるだけ待機中は自分の部屋で待機したいという女性は、自宅待機可能な求人を探すと良いでしょう。
自宅待機可能な高級デリヘルに勤務することで、自宅は勿論、外出先で待機することも可能になります。
お店が用意する場所に待機をする場合、たとえ個室であっても一箇所に拘束されるわけですから、あまり外出はできません。

しかし、自宅待機の場合、電話やメール連絡さえきちんと取れるのであれば、自宅以外の外にいても文句はありませんので、待機中であっても風俗嬢は自由に行動できます
このようにメリットの多い自宅待機ですが、実際にこの待遇を受けられる女性とは風俗店から信頼されている風俗嬢だけになります。
というのも、いざ自宅待機を始め、風俗嬢と連絡が取れなくなるなどのアクシデントが発生すると、お客さんはサービスが受けられないなどのトラブルが発生します
そうなれば当然クレームにも発展します。

それだけに、自宅待機ができる風俗嬢は、最低でも風俗店としっかり連絡が取れ、責任をもって仕事をするなどの、信頼できる人物に限定されます。
風俗店がどのような待遇を用意しているかは、それぞれの風俗店によって違いがあります
しかし、高級店のような高ランクなお店の求人ほど待遇は良く、個室待機であることが多いです。
できるだけプライバシーは尊重して欲しいというのであれば、個室待機のある求人をチェックしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする