ぽっちゃり風俗で働いて後悔した事や不幸な事ってありますか?

ぽっちゃり系タレントや女優の人気のあおりで、ぽっちゃり風俗が人気なのですが、数ある仕事の中から風俗を選び、なおかつ人気のぽっちゃり風俗を選んだ場合でも、働いた結果後悔することや、この仕事を選んでいなければ出会わなかった不幸な出来事に遭遇することもあるか、と思われます。
ここでは、ぽっちゃり風俗で働いた結果遭遇する、公開や不幸な出来事をご紹介していきます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

割とある「後悔」や「不幸」

最も大きなリスクは「性病感染リスク」

病気ネットや口コミによると、普通の仕事と比較した場合、人気の「ぽっちゃり系」とはいえ風俗業なので、「風俗で働くことならではのリスク」は結構ありそうです。
もっとも多く聞こえてくるのは、なんといっても「性病感染リスク」です。
性病というものは、基本的に粘膜接触が多いものなのですが、お客も働き手も(男性も女性も)裸になってする仕事なので、やはり性病リスクは高くなってしまいます(特に「ぽっちゃり風俗」に限ったことではないです、念のため)。

しかしこの点に関しては、定期検診などのお店のケアや、個々人のマメな健康診断などで、防止または治療を早期におこなうことができるため、いわば「ある程度抑止できる、または顕在化しても解決できるリスク」、といえそうです(とはいえエイズなど、治療法が解明されていない性病もあるため、そういったケースは半ば「交通事故」のようなものとしてあきらめるしかありません)。

性病の次に大きな不幸は「バレ」

風俗で働くうえでもっとも多く語られて、かつ最大のリスクが性病感染リスクだとすると、次に聞こえてくる大きなリスク、つまり後悔を生んだり、不幸に巻き込まれるリスクは、言わずと知れた「バレ」です。
バレの種類には、身バレや親バレ、彼氏バレ、知り合いバレなど、バレる対象はさまざまですが、性病が治療を施せば解決することが多いこととは違って、一旦身内にバレてしまうと、取り返しがつかないことになるような場合も多々あります。

なぜならば、バレは病気と違って、人間の記憶や印象、そしてその裏付けとなる「働き手自身の過去」が、完全に消えてしまうことはないためです(時間の経過とともに、記憶や風評が薄れることはあります)。
バレを防止する方法としては、一にも二にも、「風俗で働いていることを自分から漏らさないこと」につきます。
バレを発生させる最大の原因のひとつは、「自分で知人に仕事のことをばらしてしまう」ことなのだそうです。
逆に言えば、これさえ防げば、友人知人や家族がお客となってしまうようなことを除くと、まずバレるようなことはない、と考えられます。

昔はともかく、今はお店でもバレ対策が充実しているようなケースが多いので、自分から広めてしまうようなことがなければ、後悔や不幸を生むことにはなりずらい、といえそうです。

貞操観念が少なくなる

それから、風俗で働くと、セックス自体はおこなわないジャンルの風俗であったとしても、性に関する行為に対するハードルは、原則下がってしまうことが考えられます。
これを不幸というか否かは難しいところですが、セックスに対するハードルも、風俗で働く前よりも後のほうが、低くなる傾向がみられるようで、俗に言う「貞操観念がなくなる」または「少なくなる」という現象が起こります。

この現象を見越して、それでも後悔しないか否かを、働く前によく考えてみる、ということも頭に入れておきましょう。

金銭感覚の変化も「不幸」のひとつ?

基本的には収入が良い職業

また、風俗業は、基本的には普通の職業よりも、収入が良いものとされています。

もちろん、「どれくらいの頻度や時間働いているか」ということや、そもそも文字通り「体を張って稼いでいる」ことに値する対価か否かは、個々の判断基準や価値観によるところが大きいのですが、それでも一般的なアルバイトや会社員と比較すれば、かなりの高収入が見込める仕事ではあります。
高収入が続くと、ほとんどの人は、「金銭感覚が変化」します。
クローゼット収入が10倍になると、金銭感覚も10倍程度に変わってしまいます。
そうすると、はた目には「お金遣いが荒くなった」とも映りますし、金銭感覚が変われば、付き合う友人や、寄ってくる人種も変化していきます。

このあたりの事情も、あとあと後悔しないように、熟慮すべきところになります。

病気や貯金に対する考え方も変わる

風俗業ならではの「病気リスク」として、性病感染リスクを先ほどあげましたが、病気は何も性病ばかりではありません。
金銭感覚の変化は、性病以外の病気や、収入が少ないときには「こつこつ感覚」でおこなうのが一般的な、貯金に対する感覚も、変化していきます。

お金があると、人間は「なんでもお金で解決できる」、という考えが大きくなってしまうことは、世界中のさまざまな史実やドラマや映画などの物語を見ても、周知の事実として捉えることができます。
しかし実際には、ぽっちゃり系を含む風俗業というものは、経営者側にでもならない限りは、「からだの健康あってこそ成り立つお仕事」であり「高収入」なわけです。
健康を損なって病気になってしまうと、当然のことながら収入が途絶えてしまいます(福利厚生や有給休暇のあるお店やチェーンも存在してはいますが、少数派だt路考えておいた方が良さそうです)。
ギャンブルをやった場合に、一発勝負で負けてしまうとすっからかんになるように、病気になったときに働くことができないと、収入がなくなってしまいます。

そのときになって後悔しないように、貯金を習慣化して、一定額をストックしておくのが良いでしょう。
病気になったら、貯金を切り崩してしのいでいくことができるようになります。

ライフスタイルの変化も生む

さらに、金銭感覚の変化は、ライフスタイルや価値観の変化をも生んでいきます。

病気当然といえば当然ですが、持っているお金の額や桁が違えば、食べ物も衣服も当然変化していくわけで、そうすると元の収入の時とは全く違ったライフスタイルになってしまうのも道理であり、本人が風俗で働きだす以前と変わらず暮らしている周囲の家族や彼氏、友人などとの間に「価値観ギャップ」が生まれてしまうのも、無理はないことです。
ひどい場合には、周囲の人間が総入れ替えになってしまい、結果的に不幸を感じてしまったり、後悔したりすることにもなりかねません(繰り返しますが、ぽっちゃり系風俗に限定した話ではないのですが、ぽっちゃり系風俗でも確実に起こり得る出来事です)。
ちなみにぽっちゃり系風俗を選択した時点で、「自分はぽっちゃり系である」という宣言をすることにもなるため、同性からは「ぽっちゃり系の人」というレッテルを張られてしまう、という意味でも、周囲の人間が変わってしまうリスクは存在している、とも考えられます。

まとめ

ぽっちゃり系風俗で働く、しいては風俗産業で働くということでいうと、性病感染リスクはもちろん、親兄弟や親類、友人にバレてしまったり、ネットに関連情報をアップされて「消せない過去」として残ってしまったり、貞操観念に関する感覚や、金銭感覚がすっかり変わってしまったりと、従来の価値観における「不幸」や「後悔」のタネになりそうな大きな変化は、(普通の職業と比較してみれば)ついてまわる確率が高いものです。
さらに「ぽっちゃり系風俗」に限定すると、同性からの評価も、もしかしたら不本意な形で定着してしまうかもしれません。
何事においても不幸や後悔はつきものではありますが、風俗業、なかでもぽっちゃり系風俗で働くことで発生する問題の解決方法は、働く前によく考えるとともに、起こってしまった場合には、後悔しないように迅速に対応するのが良さそうです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする