ぽっちゃり女子でもスカウト型求人サイトなら沢山オファーが来る!

風俗の求人は、ネットやフリーペーパーなどで、かつてないほどの盛り上がりを見せています。
このさまは、まるで今巷でいわれるづけている「日本や世界の不景気」を感じさせないものであり、求人が多いということは、それだけニーズも多く存在している、ということの証明に他なりません。
風俗求人の中でも、人気のキーワードとして「ぽっちゃり系」は、安定感をもって定着している気配です。

さらに求人の形態として、スカウト型という新形態が主流になってきている、という噂です。
スカウト型求人とはどのようなものなのでしょうか。
そして、人気のキーワードであるぽっちゃり系風俗の求人について、スカウト型求人サイトが有効なのかどうかを見ていきます。

スカウト型求人サイトとはなにか

ぽっちゃり女子でもスカウト型求人サイトなら沢山オファーが来る!近年エージェント型求人が増えてきている

一般企業の求人において、かつて昭和の時代には、まだネットも普及しておらず、有料の求人誌や、大学や高校などの学校への企業の直接オファーなどが主流でした。
風俗の場合ですと、新聞の求人広告や、店舗での直接求人、または口コミでの求人が、最もよく見られる形態でした。
ところがネットの普及とともに、求人の形態は大きく変換していくこととなります。

求人自体がネットでおこなわれるようになり、有料求人誌は無料化し、さらに、求人全体の割合の中で、エージェント型と呼ばれる「直接企業が求人するのとは違った方式」が、大きな割合を占めるようになってきました。
この形態では、媒体としてネットのページを提供するだけではなく、人材が欲しい企業と、仕事が欲しい個人の間を取り持って、両者のニーズのマッチングも業務として行っていく、というものです。
JRA競馬においても、調教師と騎手の間にはエージェントというものが存在し(競馬の場合にはスポーツ新聞記者や競馬専門誌記者などがなっていることが多いようです)、やはり複数の利害関係者を結ぶようなことを生業にしているようです。

風俗でもスカウト型求人が主流となりつつある

風俗業界でも、一般企業や競馬の世界と同じように、両者の間を取り持つような業態が浸透してきています。
いわゆるスカウト型求人がこれに該当し、風俗嬢でもお店のスタッフでもないような、スカウトマンやマッチングサイト運営といった新業種が生まれてきています。
もっともスカウト自体は、昭和のアナログ時代にも普通に存在していたのですが、ネットやITが介在することで、よりデジタルに、より定量的にわかりやすい情報に姿を変えている、ということです。
いってみれば昭和の時代に「お見合いをあっせんする、世話焼きなおばさんやおじさん」のデジタル版、といえるようなものと考えれば、わかりやすいかもしれません(もっともネットの場合はもっとスマートでデジタルなものではあります)。

マッチング型やスカウト型求人サイトの存在感

テレビこの結果、ネットで検索すれば、あらゆる業種の求人情報が手軽に入手できるようになり、さらにそれらを取りまとめたマッチングサイトも豊富に存在して、場合によっては、アドバイザーやスカウトマンと直接やり取りして、より希望に近い条件や業種の求人を特定することが容易にできるようになりました。
風俗業界でいえば、都心部でのトラックによる移動広告や、巨大なビル広告などでおなじみのバニラや、高収入ドットコム、Qプリ、365マネーなどが該当しています。
これらのサイトでは、日本全国の風俗バイトの条件や体験入店などの情報を、リアルタイムに入手することができます(365マネーなどのように、関東圏に特化して情報を掲載しているようなケースもあります)。

また、こういったサイトでは、現在ヘルスの主流となっているデリヘルの情報以外にも、店舗型に特化したような求人抽出も可能になっており、仕事を探している側へのさまざまな使い勝手の工夫がなされています。

ぽっちゃり系女子の効率的な求人探し

ぽっちゃり人気は続いている

近年風俗のジャンルには、「○○専」という名称がついているのを非常に多く見かけます。

「デブ専」や「ババ専」、「フケ専」、ほかにも「ぽちゃマニア」や「SMマニア」など、特化型風俗が増加傾向にあります。
そのなかでも、ぽっちゃり女子の人気はかなり高く、風俗求人もたくさん存在しています。
さきほどお話したようなサイトでも、「ぽっちゃり」で求人を絞り込んでも、非常に多くの選択肢を抽出できるのです。
実際、「ぽっちゃり大歓迎」といった文言を求人に掲載している例は数多くあっても「がりがり大歓迎」というものは少ないことからわかるように、そもそも風俗へ行く男性客の多くが、「スレンダーといえば聞こえはいいけれどもその実がりがり」といった女性よりも、若干ふくよかな「ぽっちゃり系や巨乳」な女性を支持していることがわかります。

男性と女性で「ぽっちゃり」の意味が異なる?

もっとも、「ぽっちゃり」という言葉は実は非常にあいまいで、そもそも女性と男性では、「ぽっちゃり」の意味がかなり異なることが、テレビのバラエティやネットの記事、雑誌の記事など、いろいろな媒体に書かれた内容からわかってきています。
女性の考える「ぽっちゃり」は、かなり大きい、ややもすると(男性から見れば)太っている場合も包含することが多いのですが、男性の考える「ぽっちゃり」は、女性からすると細い部類の女性のスタイルも含んでいる(その場合は胸やお尻が大きかったり、筋肉質ではなくて、二の腕がぷにぷにして見えるだけのスレンダー体形だったりします)ことも多いようで、このあたりの事情が、ぽっちゃりの需要と供給の幅をさらに大きくしている、といえそうです。
いずれにせよ、ぽっちゃり体系に含まれる(いいかえれば許容される、包含される)体形に幅がある、ということは、それだけぽっちゃり系女子にはニーズがあり、スカウト型求人サイトに登録した場合には、多くのオファーが期待できる、というわけです。

人気のぽっちゃり芸能人

パソコン参考に、現在人気のあるぽっちゃり系芸能人やアナウンサーをあげてみますと、お笑いコンビの馬場園梓や、ピン芸人の渡辺直美、柳原可奈子といった正統派の「ぽっちゃり」から、グラビアアイドルの篠崎愛や、女優の広瀬アリス、小嶋陽菜などもぽっちゃり系にカテゴライズされることが多いようです。
こうして並べてみても、ぽっちゃり系は非常にバラエティーに富んでいて、振れ幅が大きいことがわかります。
ぽっちゃり系芸能人が人気を集めると、連動して風俗でもぽっちゃり系が人気を集める、というのも、うなずけるところです。

まとめ

風俗の求人は、一般企業の求人と同じように、ネットを媒体としたスカウト型求人サイトが主流となっており、かつては人材が欲しい企業やお店が求人をかけるか、またはスカウトマンが直接声をかけるプッシュ型スカウトが主流だったのですが、仕事をしたい側と人材が欲しい側とが双方向に希望を登録して、これらをマッチングさせたり、結びつけたりするためのスカウトやオファーをする業態が台頭してきています。
こういった動きの中で、昔から一定のニーズはあったものの、ここへきて多くの芸能人や芸人、アナウンサー、女優のなかでもいわゆる「ぽっちゃり系女子」が人気を獲得してきた影響で、風俗界でもかつてないほど「ぽっちゃり系」のニーズは高まって来ている、といえます。
スカウト型求人サイトや、マッチングを担うエージェントを最大限活用して多くのオファーを獲得し、最善の仕事を選択することができることは、風俗客にとっても、働き手である風俗嬢にとってもハッピーな状況である、といえそうです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする