ぽっちゃりさん歓迎の求人では雑費にも注目しましょう

ぽっちゃり女性を歓迎してくれるお店は、「デブ専」といったぽっちゃりした女性が好きな男性向けのフェチ風俗があります。
ぽっちゃり女性は通常の風俗では稼ぎにくいので、そうしたフェチ向けの風俗で働くことになりますが、デブ専などの風俗は店舗の数が少なく、働き口が少ないのがネックです。
通常の風俗店でもぽっちゃりさん歓迎といった求人が多くありますが、1つ注意しておきたい点があります。
それが「雑費費用」です。

雑費費用というのは、風俗の仕事で必要な道具などの経費です。
風俗店によって雑費にかかる費用は異なり、業種や店舗によって雑費費用が高額なこともあり、給料面に不満がでる場合にもあります。
今回はぽっちゃりさんを歓迎してくれる風俗店での雑費について紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルなどの無店舗型風俗店で必要な雑費

ぽっちゃりさん歓迎の求人では雑費にも注目しましょう風俗で引かれる雑費には色々と種類があります。
プレイに必要なアイテムや、待機時間に食べたり飲んだりできるお茶代。
お客さんへ提供するドリンクも風俗嬢が雑費として支払われることもあります。
・タオル代
・ローション代
・イソジンなどのうがい薬代
・ウェットトラスト代
・レンタル衣装(コスプレ)代
・衣装のクリーニング代
・オプションで使用する大人のおもちゃグッズ
・ホテルや自宅への送迎費用(ガソリン代・人件費)
・お菓子・ドリンク代

無店舗型の風俗は送迎費用が必要となります。
またドライバーの人件費もかかるため、給料からこれらの雑費も引かれることがあります。

ソープやヘルスなどの店舗型風俗での雑費費用

・タオル代
・ローション代
・コンドーム
・イソジンなどのうがい薬代
・ウェットトラスト代
・レンタル衣装(コスプレ)代
・衣装のクリーニング代
・オプションで使用する大人のおもちゃグッズ
・個室部屋レンタル料金
・お菓子・ドリンク代
無店舗型と大きく違うのは個室部屋のレンタル料金です。
お客さんとのプレイで使うのですが、意外に思うかもしれませんが雑費として費用を徴収されることもあります。
ソープでは本番行為をすることになるのですが、お店からコンドームやローションを支給してしまうと、本番行為を強制させたと見なされるので雑費として引いたり、女性自身に用意してもらっています。

またソープではこれらの雑費以外に、月ボーナスがあります。
自分にボーナスが支払われる訳ではなく、身の回りのお世話をしてくれているスタッフへのボーナスとして給料から引かれる形になっています。

その他の雑費

寮費

風俗には風俗嬢が済むために用意された寮があります。
寮に住むためには当然家賃を支払わなければいけません。
そしてその家賃が雑費として毎月給料から引かれることになります。

パネル写真費用

風俗嬢の宣材写真としてほとんどのお店では写真撮影を行います。
自社スタジオを所有している店舗では、撮影台はかかりませんが、それ以外の場合には撮影費用が雑費として引かれることもあります。

性病検査

検査ソープなどの風俗では定期的に性病検査を行います。

これは風俗嬢を守るためにも必要なことです。
検査費用は完全自腹の場合とお店が負担してくれる場合があります。

ソープでは引かれる雑費が多い?

ソープでの雑費は少し独特なものになっています。

給料から引かれる雑費は“お店の言い値”であることが多く、お店によって高い所や安い所があります。
ぽっちゃりさん歓迎と募集しているソープ店は雑費が高いことがあるので注意しましょう。
また、求人に“雑費なし”と書かれていても、厚生費用や在籍料金など、別の名目で徴収されます。
これも雑費の一つと考えてもいいでしょう。

その他のソープでの雑費の計算は以下のようになっています。
1.バック率50%で雑費なし
2.バック率55%で雑費が一律1,000円から2,000円
3.バック率55%で給料の10%が雑費として引かれる

1人のお客さんにつき、一律1,000円?
2,000円、あるいは、バックの10%が雑費として引かれるのが一般的なソープです。
ソープの料金が20,000円として例えてみましょう。
1.バック率50%で雑費なし=10,000円-(雑費なし)=手取り10,000円
2.バック率55%で雑費が一律1,000円から2,000円=11,000円-1,000円or2,000円=手取り9,000円から10,000円
3.バック率55%で給料の10%が雑費として引かれる=11,000円-1,100円=手取り9,900円
高級ソープ店になると、料金も高くなるのでその分雑費の金額も大きくなります。
小規模なソープ店では、バック率70%以上などと求人を出しておいてお茶代や雑費として1日20,000円引かれるお店が実際に存在します。

知らないで後から雑費の費用にびっくりするので、面接時にしっかりと確認しておきましょう。
風俗未経験のぽっちゃり女性には少し複雑なシステムになっているので分かりづらくなっています。

雑費の金額が一律の風俗店で働くのがいい?

ぽっちゃりさん歓迎の風俗店で働くときには、雑費の金額が一律の所を探すのがいいかもしれません。

なぜかと言うと、今現在自分がどれだけ稼いでいるのか計算しやすいからです。
お店によって雑費としてかかる費用が沢山あるので全て自分で把握しきれなくなります。
給料明細にも雑費として引かれた名目が記載されていますが、多くの金額を引かれているとなんだか損をした気分になります。
お店によって雑費としての名目や費用が違うので、面接の際はしっかりと確認をしてください。

雑費の費用は意外と馬鹿にできないので、必ず注目すべきです。

雑費が一切ない店舗には要注意

注意 マーク「ぽっちゃりさん歓迎、雑費費用なし!」と書かれた求人は鵜呑みにしてはいけません。
たしかに雑費はないかもしれませんが、その他の名目で雑費同様、あるいはそれ以上の金額を引かれてしまうケースがあります。

雑費はお店の収入になる?

風俗嬢たちから雑費として、毎月多くの収入を得る訳ですが、これら全てがお店の収入になる訳ではありません。
お店には経営するために必要な経費が沢山あります。
店舗型の風俗の場合は土地や建物の家賃、プレイに必要なアイテムの補充代、お店のスタッフの人件費や宣伝費用、さらには新人風俗嬢のパネル写真代など、数え切れないほど多くの出費が必要です。

これらをまかなうためには、在籍する風俗嬢の協力なしには経営することが困難です。
さらに、今では昔ほど風俗遊びをする男性が多くないので、風俗業全体の業績は下降気味です。
そのため、雑費として給料から徴収するお店が以前に比べてかなり増加しています。
ぽっちゃり風俗嬢として働くにあたって、雑費はほとんどのお店で必要であると考えておいたほうがいいでしょう。

まとめ

風俗での給料は雑費を引かれた金額が支給されます。
雑費のことを気にしないで働くと、後になって雑費費用に驚くこともあるので、働くお店の雑費には注目しておきましょう。
最近ではほとんどのお店で雑費が引かれるようになっているので、雑費が引かれないお店を探すのは難しいかもしれません。

ぽっちゃり女性の働き口は決して多くはありませんが、採用してくれるお店での面接では、雑費についてしっかりと確認しておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする