リスカ傷ありのメンヘラ風俗嬢だけどデブ専風俗なら面接受かる?

風俗で働きたいけれどもリスカ痕があって働けるかどうか心配だと考えている方が多いようです。
実は風俗業界で働いている女性の中にはリスカ痕があるという方は結構いるので、リスカ痕があるからといって絶対に風俗で働けないというわけではありません。
とはいえやはりリスカ痕はない方がお客さんからのウケが良いものなので、風俗で働きたいのであればリスカ痕を隠すなどの工夫をする必要があります。
また、リスカ痕があるとお店から採用される確率も普通の女の子よりも少し低くなってしまいますが、風俗店の中でも比較的採用基準が甘めなデブ専風俗であれば対応される可能性が高くなります。

この記事ではリスカの傷跡がある女性がデブ専風俗店の面接に受かるための心構えと働く時に注意すべき点をご紹介します。

リスカの傷跡があっても風俗で働くことは出来る?

リスカ傷ありのメンヘラ風俗嬢だけどデブ専風俗なら面接受かる?結論から言うとリスカの傷跡があっても風俗で働くことができます。
風俗の世界は非常にストレスが多く、傷つくことも多い業界ですのでリスカ痕がある状態で風俗で働いていると言う女性もたくさんいます。

また過去に辛いことがあって普通のバイトやお仕事は難しいけれども風俗ならば働けるという女性も多いのです。
ただしリスカ痕は、あってプラスになるものではないので普通の女の子よりは面接に行っても採用される可能性が低くなってしまうということは理解しておきましょう。
もちろんお店に対してもリスカ痕があることを完全に秘密にして面接に行けば普通の女の子と同じような審査を受けることもできますが、その場合にはお店で働いている間は絶対にお客さんにも店の人にもバレないようにする工夫をしなくてはいけません。
リスカ痕を隠す方法としてはファンデーションを塗るというのはポピュラーですが、肌の色に近いファンデーションを塗って完全にリスカ痕が見えなくなるくらいの浅い傷であれば、お店にも客にも隠し通すことができると思います。

しかしファンデーション程度では隠しきれないような大きい傷跡がある場合には、少なくともお店に対しては正直にリスカ痕があることを伝えなくてはいけません。
仮にお店に秘密にした状態でお仕事を始めても、すぐにお客さんにバレてしまい、お客さんを通してお店にクレームが入ってしまう可能性があります。
そうなるとお店としてもあなたを守る理由は全くないためすぐに解雇となってしまう可能性もあることは理解しておきましょう。
お店にリスカ痕があると伝えた場合、多くの場合では傷跡を見せた上でお客さんに対して傷跡を隠す方法があるかどうかをお店と相談することになります。

お店にリスカ痕のことを伝えていたとしてもお客さんに対しては絶対にリスカ痕を隠す必要があります。
お店もリスカ痕のある風俗嬢にはある程度慣れている場合もあるので、ファンデーションを塗ったり絆創膏を貼るなど様々な手段を講じてくれますが、やはりお店にとってはお客さんからのクレームの原因になる可能性があるため採用される可能性は少し低くなってしまいます。

リスカ痕があってもデブ専風俗は面接に受かりやすい?

カッター風俗店の中でも視覚的採用基準が低いと言われているのがデブ専門店です。

デブ専門店は普通の風俗ではなかなか採用されないようなぽっちゃりとした体型の女性が多く働くお店ですが、体系的な問題だけではなく年齢や容姿など普通の風俗で働くのはちょっと厳しいと言う女性であっても採用されやすくなっています。
リスカ痕についても同じような扱いで、デブ専風俗店であればリスカ痕があっても採用される可能性が高いと言うのは事実です。
ただしデブ専風俗店は普通の風俗店よりもお給料のバック率が低くハードなプレーを求められる傾向が強いと言うことは理解しておきましょう。
また、お店がリスカ痕について気にするのは見た目の問題だけではないと言う事も知っておきましょう。

リスカ痕がある女性の多くは精神的な問題で苦しんでメンヘラになったことがあるという方がほとんどです。
もし精神的に不安定になって突然出勤しなくなったり、お客さんやお店に対して迷惑をかける様な行為をされたら困ってしまうとお店は考えています。
風俗で働こうと考えているという事はある程度精神的には最悪の状態を抜けていて、働くことができるという状態の女性がほとんどだと思います。
だから、面接の時には「昔精神的に病んでしまったことはあるけれども、今は大丈夫」であるということをしっかりアピールできるようにしましょう。

それをアピールするための方法は単純で、しっかりと面接官の目を見て、明るい表情で大きな声で受け答えをすることです。
今はもう病んでいないし前向きに仕事を頑張る気になっている、ということを伝えられればデブ専風俗ではリスカ痕があってもそれほど問題なく採用されるでしょう。

メンヘラ風俗嬢が働くときに気をつけること

デブ専風俗で採用されて無事に風俗で働き始めた後もリスカ痕がある風俗嬢の方は以下のような注意をしましょう。

傷跡は基本的に隠す

リスカ痕は基本的にお客さんにバレないように隠さなくてはいけません。
最も有名な方法は肌の色似合うファンデーションやコンシーラを塗ることです。
それほど深くない傷跡であればこれだけでも十分隠せますが、汗やシャワーなどで流れてしまう可能性もあるので水に強いタイプの化粧品を選びましょう。

もし化粧品だけでは隠せない様な大きな傷であれば、タトゥー隠しテープの様な肌に貼るタイプのものを常備しておきましょう。
これらの方法を試してみてもやはり風俗のお仕事はお客さんと体を接する機会が多いため、お客さんにリスカ痕のことがバレてしまう可能性も十分にあります。
お客さんはリスカ痕に気付いたとしてもすぐに怒る様なことはほとんどありません。
むしろしっかりとサービスを頑張っていれば「大変だったんだね」など気を使ってくれることの方が多いようです。

逆にそれがもとでクレームになってしまう可能性は低いですが、サービスをしっかりとやらずに地雷接客をしている場合にはリスカ痕をきっかけにお店へのクレームになる可能性もあるので、まずはお客さんに対して精一杯サービスすることを忘れないようにしましょう。
その上でもしばれてしまった場合には、「今はもう大丈夫なんですけれども昔ちょっと色々ありまして。不愉快な思いをさせてしまったら申し訳ございません」と一言添えるだけで特に問題なく過ごせます。

メンヘラになってしまう理由を知っておく

悩み 女性一度精神的に病んでしまった人は風俗にお仕事に限らずまた同じような状態になれば病んでしまう可能性が高いと言われています。
リスカ痕ができた理由は人それぞれですが、仕事のストレスや彼氏とのトラブルなどが主な原因であることが多く、たとえ今は大丈夫だとしてもかつて病んでしまった時と同じような状態になってしまうとまたリスカをしてしまうという可能性もあります。
例えば風俗のお仕事を頑張りすぎて辛くなってしまった経験があるのであれば、自分が限界にならないよう出勤スケジュールを調整するようにしましょう。
もしい恋愛関係のトラブルで病んでしまったことがあるのであれば、風俗で働いている間は彼氏を作らないなど自分に対して制限をつけることで、辛い事態を回避できる可能性が上がります。

今や風俗業界に限らずどの世界でも心を病んでしまっている人は多いのですが、限界になってしまうまで自分を追い詰めないようにすることが重要です。
もしまたやんでしまいリスカをするようになってしまうとお仕事を続けることも難しくなってもっと辛い状況に追い込まれてしまうこともあるので、そういうことがないように自分のペースを守ってお仕事をすることを心がけてください。

まとめ

リスカの傷跡がある女性がデブ専風俗店の面接に受かるための心構えと働く時に注意すべき点をご紹介しました。

デブ専風俗店は普通の風俗店よりも採用基準が甘くなっているため、リスカ痕がある女性でも採用されやすくなっています。
面接官はリスカ痕がしっかり隠せるかどうかということだけではなく、心を病んでお仕事を急にやめたり客やお店に対して迷惑をかける様なことがないかどうかを気にしていますので、面接では前向きにお仕事を頑張る気持ちがあることをアピールしましょう。
そして無事にお店に採用された後は、できる限りお客さんにリスカ痕がばれない工夫をすると共に、また病んでしまってリスカをするようなことがないように自分の精神状態をしっかりと把握しておきましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする