風俗で働く時の面接から本入店までの流れを教えて!

「よし、風俗で働こう」と思い立ってみたものの、初めてなのでどんな流れになるのか分からないという人も多いと思います。
今すぐに現金が必要だけど、すぐに働けるの?という事情の人もいるでしょう。
今回は面接から本入店までの流れを順を追って紹介します。
業種別で多少の違いはありますが、大まかな流れは変わりません。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

まずは面接予約

携帯働きたい店を決めたら、面接の予約をします。
電話、メールの他にラインなどのSNSを使って応募できる店も多くあります。
また求人サイトやスカウトを通しての面接予約もありますが、基本的なやりとりは同じです。
面接予約の際に店から聞かれることは風俗での経験、年齢、大まかな住所です。
名前は本名を名乗る必要はありませんし、住所も最寄り駅などどの辺りか分かる程度で十分です。

面接場所は働く予定のお店で受けることもありますが、デリヘルなどの派遣型の店の場合はカフェやファミレスの場合が多くなります。
ソープや箱ヘルなどでは店の雰囲気が見えるので店での面接がオススメです。
また、面接予約時点で質問があれば聞いておきましょう。
どうしても譲れない条件があり、求人情報には記載されていない場合は面接前に確認しておきます。
面接時に確認して条件が合わなかった場合、お互いに時間が無駄になってしまうからです。

また、容姿規定や傷があって働くことができるのか不安な場合は写メ面接という制度も利用できます。
気になる部分の写真を撮り、それを担当者に見てもらうことで判断してもらうのです。
お互いの時間をロスしない効率的なやりとりですが「実際に見てみないとなんとも言えない」という回答が多いのも現実です。
また、数時間ずらして2店以上面接を受けることも可能です。
出稼ぎする場合などは効率的に面接を受けられるようにしましょう。

面接に行こう

携帯いくら風俗店とは言え、仕事の面接です。
社会人としてのマナーが必要です。
遅れる場合や行けなくなった場合は必ず連絡をします。
もし別の店に決まったなどの理由でもドタキャンはせず、連絡を入れます。
なぜならいつかこの店に移りたいと考えた時「以前、面接をドタキャンしたことがある」という理由で落とされてしまう可能性があるからです。
面接のドタキャンは信用問題に関わります。
また、急用で日時を変えてもらうことができても、その時には店が必要としている女の子の数が揃ってしまい、不採用となってしまう可能性もあります。

面接時の服装はかなり自由で、ジャージでもOKという店もあるほどです。
しかし、アルバイトの面接同様ある程度きちんとした服装や身だしなみで行くべきでしょう。
なぜならそれが社会人のマナーだからです。
面接では言葉遣いやマナーを見られています。
きちんと接客できそうか見ているのです。
特に高級店では自分の雰囲気にあった服を着ているかという点も見ています。
また、自分の魅力をアピールできる服装であることも重要です。
脚が綺麗なのにパンツスタイルで行ってしまっては勿体無いです。

面接の交通費を支給している店や、面接の前後に店を見学できる店もあります。
求人に記載されていることが多いので確認しておきます。
また、友達と一緒に面接が受けられる店もあります。
これは心強い反面デメリットがあることを知っておく必要があります。
面接でどちらか一方だけが受かる場合もあり、一緒に働けない場合もあるのです。
また、店側が片方だけ合格と言いたくないために結果として二人とも落としてしまうこともよくあるようです。

面接の手順① 説明や確認

店からサービス内容や待遇、給与システムなどが説明されます。
待機所や店の雰囲気、客層や知人バレ対策などを確認しましょう。
また出勤日数や時間などの条件も確認します。
女の子からの質問があればこの時に聞いておきます。

面接の手順② 意思確認とプロフィールシート

説明を受け、条件を確認した上でもう一度働きたいかを確認します。
その上で店によっては用意されたプロフィールシートを記入し、そういったものがない店では細かい確認がなされます。
プロフィールシートとは履歴書のようなものですが、身長体重スリーサイズといった項目があったり、できるプレイとNGプレイの確認をします。
細かく何ができて何ができないかを書くことでオプションの設定などを決めていきます。

面接の手順③ ボディチェック

これは実施していない店もありますが、傷やタトゥがないか、もしくは申告通りかを確認するために下着の状態でチェックを受けます。
たいていのソープやヘルスにはありますが店次第とも言えます。
またプロフィールシートの申告に嘘がないのかも含め体型のチェックもしています。

店の採用が決定

No, Yes面接のその場で採用が決まる場合もあれば、アルバイトの面接のように後日採用の連絡が来る場合もあります。
多くの店では採用が決まってから身分証明証の提示を求めてきます。
風俗店で身分証明証を提示したくないと思う女の子もいるかもしれませんが、これは法律に基づいた確認で、風俗で働ける年齢なのかを確かめるために必要なやりとりです。
大抵は顔写真付きのものを求められます。
身分証明証を提示しないと体験入店さえできません。
逆に身分証明証の提示を求められない店はそれ以外の法律も守っていないことがあり、信用できないと言えます。

すぐ働くのはちょっと不安、そんな時は体験入店

店側が採用を決めたら、今度は女の子が店を選ぶ番です。
体入では待機所や他の嬢の様子、客層やサービス内容が事前の説明通りなのか、店の内装や雰囲気を確認し自分が働けそうか確認します。

面接時に採用が決まった場合、そのまま体入できる店もあります。
体入でも給料は日払いでもらうことが可能です。
また体入後に本入店を辞退することも可能なので、店を見極める有効な手段として利用しましょう。
体入の際はお客様が「体験入店の女の子である」ことを知っていることがほとんどです。
ですので分からないことがあればその都度確認するようにしましょう。
1日体験だけでなく、一人だけ体験も可能です。
また、体験入店をせずに本入店することも可能です。
働く意思が決まっているのであれば体入より本入店の方がきちんとした給料を受け取れます。

講習、研修

5と下記の6は順番が入れ替わる場合があります。
これは店による考え方の差の場合もありますが、スケジュールの問題もあります。
店と女の子以外に関わる人がいるので、自分だけの思い通りにならない場合があると覚えておいてください。

ヘルスやソープでは人を相手に講習をすることが一般的です。
経験者には簡単な店の説明などの研修で終わることもありますが、大抵の場合は女性講師による講習が行われます。
特にマットプレイのある店では講習を受けないとどうしたらいいのかわかりません。
また男性による講習には2種類あり店長やボーイが事務的に指導するいわゆる講習と、オーナーや形だけの店長が楽しんだり、新人の味見をするためだけに講習という名の下プレイをする趣味講習があります。
趣味講習は射精ありの場合が多いのですが、それではプレイと一緒ですので給料が発生してもいいレベルです。
趣味講習が横行している店はあまり良い店とは言えません。

またこういった講習ではなく、DVDを見て説明を受けたり、物品の保管場所の説明や設備の使用方法を説明するだけで研修を終了するという店もあります。
初めての業種の場合、分からないこともあるでしょう。
その都度きちんと確認します。

写真撮影・プロフィール作成

No, YesHPに載せたり、店内指名用の写真を撮影したり、プロフィールを作成します。
HPでの宣伝に力を入れている店ではきちんとプロが写真を撮影してくれ、加工もしてくれます。
顔出しNGの場合もきちんと加工がなされるので安心です。
撮影日は事前に知らせてもらえるので、肌や体調などを整えておきます。
いくら加工してもらえると言っても、アルコールでむくんだ顔でなくきちんとケアの行き届いた肌で撮影日を迎えたいですね。
また店用の名前を用意しプロフィールや紹介コメントなどを考えていきます。
名前は個人の好みの他に店の在籍なども関わるので自分だけでは決められない場合もあります。
コメントも店のスタッフの客観的なイメージの方が的確に表している場合もあるので、意見を聞いてみるのもいいでしょう。

ついに本入店

ついに本入店を迎えることとなりました。
出勤時の服装や待機時間の使い方など分からないことはどんどん聞きましょう。
ですが、ここまでの準備が終わっていながらなかなか初出勤を迎えられない場合があります。
特にHPの宣伝に力を入れている店では少し時間がかかることがあるでしょう。
というのも、上記の写真を使い、HP上で新人嬢として宣伝をして初日を迎えるからです。
新人のデビューというのは店にとっても良い宣伝になり、稼ぎに直結しやすいものなので、数日は必要としている店もあります。

写真撮影のタイミングなどがうまくいかないと、面接から初日まで1週間ほどかかってしまうこともあるので、もし急ぎで入店したい場合は確認が必要です。
また逆に入店までに時間がない場合は衣装などを借りることができます。
もちろんイメクラなどでは常にレンタルですが、ソープやヘルスでも借りられる場合があります。
自分での用意が間に合いそうにない場合は店と相談しましょう。

まとめ

面接から入店まで難しいことはありませんが、風俗独特のものもあります。
分からないからと言ってなんでも受け入れていると実は趣味講習だったという場合もあります。
風俗で働く場合、女の子が自衛することが重要です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする