身分証はデブ専風俗店でも必要!面接時に提出が基本

デブ専風俗店で働きたい場合、お店に身分証明書の提出が必要となります。
しかし、提出するのは何故?

何を準備すれば良いの?
と分からないことも多いでしょう。
ここでは、風俗店に勤務する場合に必要となる身分証明書と、提出する理由をご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デブ専風俗店勤務には身分証が必要

身分証はデブ専風俗店でも必要!面接時に提出が基本デブ専風俗に限らず、風俗店で勤務したい場合は必ず身分証明書の提示が必要になります。
お店側からは、「面接時に顔写真付きの身分証を持参して欲しい」と言われますので、その通りにしましょう。
どんな身分証が良いかは、電話連絡時に確認しておくと安心です。
中には身分証を出すのが恥ずかしい、不安だと感じる女性も居るかも知れませんが、身分証明書を確認しないお店は非常に怪しいのです。

風俗店によっては、「身分証の提示は入店後でも良いよ」「身分証が無くても即日体験入店可能」というところもありますが、普通の風俗営業許可を取っている優良店であれば、必ず入店前に身分証の確認をします。
逆に無許可店は、身分証の確認をしっかりしないところも多い様です。
そのため、身分証明書の提出依頼がないお店は摘発の恐れもあるので危険です。
では、なぜ身分証を確認しないと摘発の恐れがあるのでしょうか?

次項で詳しく説明します。

身分証明書はなぜ必要なの?

デブ専など風俗店勤務を始める前に身分証明書を確認されるのは何故でしょうか?
身分証明書を確認する理由は、法律上、風俗店で働いても良いとされる年齢である18歳を超えているかどうかを確認するためです。

もし、18歳未満の女性を確認なしで知らずに雇っていた場合、いくら風俗営業許可を持ち真面目に営業している優良店であっても、摘発対象となってしまうのです。
また、外国籍の女性の場合は、「日本国内で仕事をしても良い」という許可を得ているかどうかを確認してから働かせなくてはなりません。
違法入国をしてきた女性や外国籍で滞在ビザの切れている女性、日本の国内労働許可を持たない女性などを働かせると、これまた摘発対象となります。
こういった摘発対象の女性が働くお店にうっかり在籍してしまうと、自分にも被害が及んでしまいます。

更に摘発されたことが原因で家族や彼氏などに風俗嬢である事がバレたり、収入が突然途絶えたりと困る事態になるため、身分証確認をしっかり行うお店に所属するのが一番安全なのです。

身分証は免許証やパスポートが良い

パスポートでは、風俗店面接時に提出する身分証明書は何が良いのでしょうか?
顔つきの身分証で用意しやすいのは、免許証・パスポート・住民基本台帳カード(住基カード)・マイナンバーカードなどです。

中でも免許証やパスポートは、既に持っていればわざわざ面接のために書類を取得しなくても良いですし、手軽で信用度も高いためおススメです。
しかし、女性の場合は免許証を持っていない人も多いので、その場合は顔写真付きの住基カードやマイナンバーカードを用意しましょう。
住基カードやマイナンバーカードは、日本国籍を持つ日本人が申請すれば必ず発行して貰えます。
顔写真付きのものとそうでないものがあるため、顔写真無しのものを間違えて発行しないように注意しましょう。

学生証や社員証などに顔写真が付いているものもありますが、それらでは国籍や生年月日の確認ができませんし、偽造も比較的手軽にできるため、風俗店へ入店するための身分証としては利用出来ない場合が多いです。
更に保険証には顔写真が無く、家族や友人のものを借りて面接に行く女性も出てくるので風俗店では通用しません。
写真付きマイナンバーカードの場合は、面接時に見せるのはマイナンバー記載の無い表面のみです。
しかし、これを持っていれば、入店時からマイナンバーの税金対策をしてくれるお店もあるようです。

但し、マイナンバーカードには本籍記載などがなく確認要件が全て載っていないため、併せて住民票の取得と提出が必要になる場合があります。
住民票などは取得日が記載されるため、出来るだけ直近(できれば3ヶ月以内)に取得したものを利用しましょう。

身分証は面接時に提出

身分証明書を提出するタイミングはやはり面接時です。

万が一、面接時に身分証の準備が間に合わず、手元に用意できない場合は、面接に受かっても入店を保留されることが多いです。
風俗業界は、ガサ入れが入った際に、在籍女性全員の従業員名簿が揃っていないとそれだけで営業停止になる厳しい世界です。
誰か一人の身分証が揃っていないだけで、他の女性にも迷惑が掛かります。
そのため、身分証提出に厳しいお店が多いのです。

働く時間や日数に限らず、どんな場合でも勤務開始前に提出、確認が必要になります。
いざという時に慌てないように、できるだけ早めに身分証を用意しておくと安心です。
パスポートや住基カードなどは申請から発行までに1~2週間程度かかります。
もし、どうしても急ぎで身分証が欲しいという場合は、比較的安易に取得できる原付免許を取ると良いでしょう。

一日程度の講習と試験で免許証の即日発行が可能なため急いでいる人にオススメです。
気になる取得費用も1万円台程度です。
取得しておけば、一生身分証明書として使用可能なので、取っておいて損はありません。
原付免許の講習をどこで、いつしているかは、事前に調べておくと安心です。

身分証を出しても身バレしないので安心

身分証明書を提出するというと、身バレや悪用の不安が出てきます。
パスポートしかし、風俗店に提出するそれらの身分証は、本人確認以外には利用されません。
万が一面接に受かった後に「やっぱり入店はしない」と決めた場合にも、即座に破棄されますし、在籍したお店を辞めた場合にも、法律で定められた期間経過後に速やかに破棄されます。

身分証の情報で何かされるわけではありません。
それでも身分証の情報について気になる様であれば、お店に確認してみましょう。
優良店であれば、取扱いに関してきちんと説明をして貰えます。
そしてやはり、身分証を確認しない店は何かしら違法性があるものです。

身分証の提出が無ければ未成年などでも働くのは簡単ですが、お客様に何かされても通報できないため泣き寝入りせざるを得なくなります。
また、お店自体も警察のガサ入れに怯えながら営業するしか無いため、ホームページなどの集客も大々的にできませんし、稼ぎは安定しません。
風俗で働く上で摘発にびくびくしなくてはならないのはナンセンスです。

まとめ

デブ専に限らず、風俗店で勤務する場合は、必ず顔写真付きで、年齢と国籍の分かる身分証の提示が必要になります。
お店によっては、現住所記載のある住民票の提示を依頼されることもあります。
1日だけの体験入店や、出稼ぎのような短期勤務、もちろん長期勤務に至るまで、どの場合でも勤務を開始する前に、身分証で本人の確認をすることが法律で定められています。
優良店であればあるほど身分証確認をしっかり行います。

何かしらの事情があり、どうしても身分証が用意できないという女性も居るかも知れませんし、身分証の確認が無くても働ける風俗店も有るかも知れません。
しかし、そういった風俗店は悪徳店であることが多く、摘発される恐れやお客様に危険行為をされる恐れもあり、非常に危険です。
日本国籍を持つ女性であれば、住基カードやマイナンバーカードなど必ず取得が可能な身分証がありますので、作成しておくと安心です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする