アトピー肌のデブでも風俗で働ける?お客さんから嫌われない?

お金に困って風俗店で働きたいと思っても、太っていて容姿に自信が無く、アトピー肌だと働くのを躊躇してしまいます。
果たして、風俗店ではアトピー肌でデブでも雇ってくれるのでしょうか?
ここでは、肥満でアトピー持ちの女性が風俗店で働けるのかどうかを徹底調査してみました。

重度のアトピーだとキツイ

アトピー肌のデブでも風俗で働ける?お客さんから嫌われない?風俗店で働くことを希望した場合、かなり重度のアトピー肌では、面接審査に通らない可能性もあります。
やはり、一般的な風俗店では、肌と肌を合わせる仕事をするので、見た目があまりに酷いとお客様に引かれてしまうからです。
大量に薬を使っても常に痒みがある、無意識に搔きむしってしまう、という状態では、接客もままなりません。
しかし、自分で症状のコントロールができていて、肌がガサガサする程度であれば何ら問題なく働ける風俗店が多いようです。

それよりも、入店してから働いていく上でアトピーを悪化させないことの方が大切かも知れません。
風俗嬢は、一日に何人ものお客様の相手をします。
その都度、何回もシャワーやお風呂で身体を洗うため、アトピー悪化の可能性もあるのです。
更に風俗はストレスの多い仕事です。

そのため、中にはアトピーが急激に悪化してしまい、休業をすることになる風俗嬢も居ます。
お店に備え付けられている物では無く、自分に合うボディーソープを持ち込んだり、こまめに薬を塗るなどして、マイペースに仕事をこなしていく事が重要なのです。

お店にアトピーの旨を申告しておく

入店前にお店側にはアトピーである事を伝えましょう。

デブなのは見た目で分かりますが、アトピーは申告しなくては分からない部分も多い為です。
その時に症状が落ち着いていても、悪化をしてしまう可能性もありますし、お客様の中にはアトピー持ちの風俗嬢を避けたいという希望を出す人も居ます。
もし、黙ってそういったお客様について、クレームになってしまうと、全面的に黙っていた自分の責任になってしまうため、非常に困ります。
また、アトピーの症状が悪化した際に、治療に専念する期間を儲けたい場合にも、お店側が最初から事情を知っていた方がスムーズに話が進みます。

また、お店に伝えておいた方が良い点はアトピーだけではありません。
手術の痕やリストカットの痕、タトゥー、酷い妊娠線が有る場合も、トラブル回避のために事前申告しておきましょう。

デブ専でもアトピー風俗嬢はいる

太 女性デブ専でもアトピー持ちの風俗嬢は居ます。

多くの風俗店がアトピーは気にしない傾向にあり、それよりも接客態度やサービス精神を重視しています。
特にデブ専風俗店では、全身美肌という女性は少ないのが現状です。
やはり、肉の間などに汗をかき、ただれたりしてしまうのが原因でしょう。
なので、アトピーをそこまで気にする必要は無いのです。

アトピーを理由に遅刻・欠勤を繰り返すようでは困りますが、真面目に働いていれば、肥満・アトピーなど多少のことは目を瞑ってもらえるのです。
しかし、アトピーが悪化して、常にじゅくじゅく出血をしているような肌の状態では、病気などが蔓延してしまう可能性があります。
そのため、そういう肌症状が出ている期間は休業をと言われる風俗店もあります。
また、アトピーの傷がある場合には、危険行為は絶対にせず、性病検査などもこまめに受けることをおススメします。

また、傷口にキスさせたり舐めさせる行為もNG指定し、初めから断るようにしましょう。

アトピーでポッチャリでもナンバー嬢になれる

アトピーで太っていても人気がある女性も多く居ます。
アトピーの症状をコントロールして、清潔感とサービステクニックを磨く事が重要です。

実はアトピーでも、全く症状が無く、言わなければ気付かれない人も多いものです。
しかし、お客様の前で肌を搔きむしるなど、あまりに酷い症状があると、アトピーに偏見を持たないお客様にも不衛生な印象を与えてしまいます。
そのため、せめてお客様の見える所では肌を搔かないなど、注意が必要になります。
季節の変わり目や暑くなる時期に症状が出やすいのであれば、事前にお店側に相談し、その時期には仕事を詰め込まず、ゆったり余裕を持った勤務体制にすることも大切です。

アトピーでも他の風俗嬢同様、仕事はできます。
また、多くの風俗嬢は、アトピーのお客様の接客を躊躇してしまいます。
しかし、アトピー持ちの風俗嬢は、アトピーのお客様の気持ちも分かるため、考えようによってはお店側からしても重宝される存在かも知れません。

重要なのは愛想とテクニック

アトピー肌やデブでも、風俗で働くことは可能です。
酷いアトピー症状が出ていなければ、自己コントロールで対処しましょう。
それよりも重要なのは、愛想とテクニックです。
アトピーやデブに勝る愛想とテクニックを持つ風俗嬢であれば、問題なく働ける上に人気も得る事ができます。

反対に、アトピーでなく痩せた美人でも、接客態度が悪ければ、当然仕事になりません。
明るく丁寧な気持ちの良い接客を心掛けましょう。
また、他の風俗嬢がなかなか行わないサービスプレイを身に付ける事も大きなポイントになります。
他の女性が行わないサービスと聞くと、安易に「本番」を思い浮かべる人も多いかも知れませんが、それは非常に危険ですので避けましょう。

ソープでも推奨されていないNSやNNをする事は危険です。
それよりも、お客様受けが良い全身リップなどのテクニックを身に付けることがオススメです。

服を脱がないピンサロなら安心

太 女性コントロールをしてもなかなか症状が安定しない、重症タイプのアトピーを持つ女性は、服を脱がない風俗店がオススメです。

服を脱がなければ、胴体にはコルセットなどを身に付けられるため、デブでもある程度の着やせ効果が狙えて一石二鳥です。
服を脱ぐヘルスやソープなどに比べると、やはり給料単価は安くなりますが、ピンサロやオナクラなどでは服を脱がず、手や口のみのサービスを行うことが出来ます。
特にピンサロなどでは、個室がないため照明も全体的に暗い所が多く、顔に症状が出てしまった場合でもはっきり見えないため安心です。
しかし、どうしても高収入を得たいのであれば、ヘルスよりソープをおススメします。

ソープならば、肌に負担をかけないため、入浴プレイやマットプレイの無いお店を選ぶと良いでしょう。

まとめ

アトピー持ちのデブでも風俗店で勤務することが可能です。
アトピーだからと言って、それだけを理由に入店を断られる事はありませんが、かなり重症で傷口も爛れ、見た目が酷い場合には入店を断られる事もあります。

それはやはり、お客様の受けを考えるのと同時に、女性の身体を案じての結果だと認識しましょう。
ヘルスやソープなど、服を脱いで接客をする風俗店では、身体を洗う機会も必然的に多くなり、肌への負担が確実に増えます。
風俗はストレス過多な仕事ですし、肌への負担も大きいとなると、多少なりともアトピー症状の悪化が考えられるでしょう。
自己コントロールができている状態で入店してきても、症状が悪化してすぐに退店というのは良くある話です。

そのため、入店できた場合にも、自己コントロールを続けることが大切です。
それでも、あまりに症状が安定しないようであれば、着衣のまま接客が可能なピンサロやオナクラなどの風俗店を選ぶ事も大切なのです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする