デブ専で働くデブだからこそ気をつけたい病気のリスク

風俗嬢の方でしたらどなたでも病気のリスクに関しては熟知しておく必要がございますが、デブ専風俗嬢の場合はより一層知っておく必要がございます。
それもそのはず、太っている女性が好みだという男性はマニアックな男性が多いです。
好みの時点で通常の男性とは系統が違うように感じられると思いますので、その感性の赴くままにハードなプレイや傲慢な本番行為などを求められることもしばしばございます。

デブ専風俗店で働く女性だからこそ、病気のリスクに関しては人一倍注意が必要です。
改めまして、こちらの記事にて風俗で働く際に起こり得る病気に関してご紹介いたしますので、あまり詳しくないという方は必ず一度お目通し頂いてから働くようにして下さい。

性病の感染経路

デブ専で働くデブだからこそ気をつけたい病気のリスクまず病気のリスクとして考えられるのは性病だと思います。

正式名称は性感染症と呼ばれ、空気感染の可能性は基本的にございません。
基本的に皮膚と皮膚、粘膜同士が触れ合うことによって感染することになります。
多くの方に知られている性病ですとエイズやクラミジアが原因のものが多くなると思いますが、必ずしもセックスからしか感染しないと言い切れるものではございません。
オーラルセックスなどフェラチオ、キスでも感染が確認されています。

エイズのお客さんと遭遇することはかなり稀だと思いますが、可能性として全くないという訳でもございません。
特に外見的な特徴としてエイズと分かる様な点が無いのが怖いところだと思います。
しかし、圧倒的に性病に感染している男性はクラミジアや淋病の方が多くなりますので、最低限ポピュラーなその二つに関しては理解しておくようにしましょう。
性病の感染者の中で最も多いのはクラミジア感染者だと言われています。

このクラミジア事態は尿道炎などの症状を引き起こすことになりますが、それ以上に怖いのがエイズの感染率を上げてしまう点です。
最大でエイズ感染率が5倍まで引きあがる可能性があるとのことでしたので、症状が見られた場合には即仕事を休むようにして病院に行き、診察を受けて抗生物質を貰ってくるようにしましょう。
仕事を休むとお金が貰えなくなってしまう事から、あまり前向きに考えられなくなってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、お客さんにうつしてしまう可能性よりも自身のエイズ感染率が上昇してしまうという点に重きを置くようにしてください。
クラミジアに感染した状態で性的サービスを変わらず行い続けてしまうと、お客さんにうつしながらも自身も多大なリスクを背負いながら仕事をすることになります。

命の危険に繋がることになりますので、絶対に性病に感染してしまったら仕事は休むようにして下さい。
クラミジア自体は抗生物質を投与すれば一週間ほどで完治が見込める軽い病原菌ですので、焦らない事が大切です。
次に淋病ですが、淋菌感染症の略称で淋病と呼ばれています。
クラミジアでもそうですが、基本的にはオーラルセックスの際にもコンドームを着用してもらうことで感染は防げます。

ただし、風俗店を利用される男性が素直にコンドームを着用してくれるかどうかはかなり微妙なラインだと思いますので、根気強く説得する必要があるのはあらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。
コンドーム感染してしまった場合もクラミジアと同様に、抗生物質の投与を一週間から二週間ほど続ければ問題なく完治することになりますが、クラミジアと違い症状が分かりにくく発症したことに気付くのが遅くなってしまう可能性がございます。
そうなると子宮や卵巣に悪い影響を与えることになってしまい、大きな病気の引き金になる可能性がございますので、少しでも異常を感じたり若干不潔に感じられるお客さんにゴム無しでサービスを行った際には検査に行く癖を付けるようにしましょう。

利用される客層から考えてリスク回避は必要不可欠

さて、代表的な性感染症に関してご紹介いたしましたが、デブ専風俗嬢ではなかったとしても上記の内容は注意が必要な点ではございます。
しかし、デブ専風俗店で勤める場合には必ず人一倍注意するようにしましょう。
冒頭でもお伝えいたしましたが、基本的にデブ専風俗店を利用されるお客さんはマニアックな趣味趣向に走る方が多くいらっしゃいます。
ハードなプレイを求められれば求められる分だけ性病感染のリスクは高くなりますし、一日に何人ものお客さんを相手にすればまた危険性は高くなります。

また、中には利用料金が安く済むことからデブ専風俗店を選ぶ男性もいらっしゃると思います。
そういったお客さんは特に太っている女性が好みという訳ではございませんので、傲慢な態度で自分の欲求を満たすための道具程度にしか風俗嬢のことを扱いかねません。
当然生挿入や中出しをされてしまう可能性も出てきますので、性病感染に対してはデブ専風俗嬢だからこそ敏感になっておく必要がございます。
そしてもう一点、風俗嬢として働いていると危険性が伴う病気は何も性病に限った話ではございません。

精神病疾患となってしまう可能性もございます。
特に通常の風俗店で勤務するよりもキャラクターが重視される面もございますので、プライベートで過ごしている時の素の自分を完全に押し殺し、無理に明るいキャラクターや三枚目の女性を演じてしまうとストレスが蓄積されていくことになります。
我慢を続けていたタイミングで相性の悪いお客さんに当たってしまったり、ぞんざいな扱いを受けてしまったりすると精神病患者として通院や薬の服用が必要になってしまうかもしれません。
風俗で働いている女性が全員エッチなことが大好きで、どんな男性とでも身体の関係を喜んで持てる様な女性ではないことくらい世の男性は分かっています。

分かった上で風俗嬢を下に見る男性は確実にいますし、太っている風俗嬢ならなおさらです。
必要以上に思い詰めてしまったり自分を隠してしまうと、統合失調症やうつ病になってしまう可能性がございますので、自分らしく働ける環境づくりから始めることも必要なのかもしれません。

まとめ

デブ専風俗嬢として働くと、通常の風俗嬢よりも気にしなければいけないリスクが高くなってしまうのはお分かりいただけましたでしょうか。

少なくとも太っているからと言ってデメリットばかりではないと思いますし、通常の風俗店で働いてる女性にはその女性特有の悩みやリスクは存在すると思います。
しかし、人が辛い思いをしながら頑張ってお金を稼いでいるからと言って、自分も同じように辛いのを押し殺して無理に働かなくてはいけないというわけでもございません。
ベッド 女性性病に感染してしまった場合には自分の身体を第一に考えて休むことが大切ですし、精神病になってしまっても同様です。
プライベートな知人に相談できるケースが風俗嬢の方にはそうそうないことから、自分の中でフラストレーションを溜めこみやすくなってしまいますが、精神的な面でのリスク回避方法や対策法も確立しておく必要がございます。

肉体的にも精神的にも、必ず無理のない範囲で働くように心がけて下さい。
病気のトラブルに襲われなければ日々に余裕が生まれると思いますし、余裕が生まれれば自然と仕事も上手くいくようになると思います。
上手に病気のリスクと付き合いながら、風俗嬢としての地位を確立できるようにしてみてはいかがでしょうか。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする